今までにナイモノを生み出し、挑戦する人、挑戦する企業の一番の応援者であり続ける

株式会社ナイモノ

霜田 孝太 Kota Shimoda

代表取締役

挑戦者側から、社会をおもしろくする。

地方の学生と成長企業との
出会いをサポートする『ジョーカツ』、
フリーの人材関連事業者を支援する
『STONE CIRCLE』などを展開

 目次

挑戦する企業や人がいてこそ、社会はおもしろくなる

「挑戦者側から、社会をおもしろくする。」
そんな理念を掲げ、「挑戦する企業や人」の一番の「応援者」であり続けようとする企業がある。霜田孝太が率いる株式会社ナイモノだ。

「新しい発想で勝負をかける企業や、自分たちらしさを大切にしてオンリーワンのポジションを築く企業があるからこそ、世の中はどんどんおもしろくなっていくと思うんです」

ナイモノは、企業の新卒・中途採用支援会社としてスタート。採用に向けたブランドイメージの構築、採用業務の代行、求人広告などのメディアプランニング、クリエイティブツールの企画・制作などを通し、成長企業と一緒に解決策をプロデュースしてきた。
より多角的に挑戦者を応援する方法を模索し、新しいサービスを立ち上げ続ける同社。今注力しているのが、地方学生と成長企業のマッチングサービス『ジョーカツ』だ。
首都圏の企業への就職を目指す地方の学生が上京して就職活動するにあたっては、交通費や滞在費などの資金不足・情報不足などのハンディがある。「東京で自分の力を試したい」という想いがありながら、一歩を踏み出せない就活生が大勢いるのが現状だ。
この問題を解決すべく、ジョーカツではお金、情報、成長企業との出会いなど、あらゆる面から就活を支援している。「シェアハウスの宿泊費が最長3週間無料」「東京への交通費を一律1万5000円支給」といった手厚い支援は、まさに今までに「ナイ(無い)モノ」。地方学生の間に口コミで広まり、リリースから2ヵ月で登録者数2000名を突破した。

「大企業のみを志望している学生の利用はお断りしているんです。それは、その人にとっては挑戦なのかもしれないけれど、『安定』を求めているケースも多いと感じます。僕らはそうじゃない挑戦を応援していきたい。挑戦心を持つ学生が挑戦している企業に出会い、その成長を後押しする。企業の成長とともに彼ら自身も成長して人生を変えていける。それを応援するようなサービスが提供できればいいなと思っています」

ジョーカツを利用して就活を成功させた一人に、岐阜県出身で沖縄の大学に通うNさんがいる。約2週間ジョーカツハウスに滞在して東京の企業4~5社を受け、志望企業の内定を勝ち取った。その企業の選考は途中まで順調に進んだものの、社長との最終面接でまさかの不採用に。このピンチの局面で、「もうワンチャンスください」とナイモノが間に立った。社長の懸念点を聴き出し、Nさんに伝えたのだ。それをもとにNさんが再度別の切り口からアピールした結果、逆転内定となった。このように、ジョーカツでは宿泊・交通費の支援だけでなく、挑戦する学生たちに伴走することで目標達成をサポートしている。

一方、企業側もナイモノから紹介を受ける学生に期待を寄せている。理念に賛同し、登録した企業はすでに100社以上。創業間もない企業から上場企業まで、いずれも成長中の企業だ。いわゆる「ブラック企業」の申し込みは受け付けない。2歳の娘を持つ親でもある霜田が、「自分の娘や親戚が入社しても心から祝福し、応援できる会社」と思えた企業のみを会員として迎えているという。

また、ナイモノは「上京を志す10代・20代」の就活サポートとして、第二新卒、フリーター、既卒層に向けた『ジョーカツチェンジ』にも取り組んでいる。その立ち上げの背景には、霜田が生まれ育った地元への想いがある。

「僕が育ったのは横浜の外れで、進学や就職に対する感度がそれほど高くない人も一定層いました。おのずと限られた選択肢の中で就職している人もいました。彼らを見ていると、それが本当に人生でべストな選択だったのかな、もっと他の可能性があったのでは……と思います。首都圏である横浜エリアですらそんな状況なのだから、さらに地方に行けば、閉塞感を抱いている若者がもっと大勢いるかもしれない。そうした人たちが新たな可能性を探れるように支援したいんです」

Profile

1983年神奈川県生まれ。大学時代から複数の会社で営業職として勤務し、卒業後、営業コンサルティング会社として当時唯一の上場企業だったセレブリックス・ホールディングス株式会社に入社。営業として4年間勤務の後、2年間個人事業主として活動し、2013年、株式会社ナイモノを設立。

Contact

株式会社ナイモノ

東京都千代田区神田東松下町23-1 神田グラスゲートB1F・1F
https://naimono.co.jp/