働く場所の選択肢を増やし、
生き方の幅を拡げる。
地方に仕事を増やすことで
地方創生に貢献する

株式会社LASSIC

若山幸司Koji Wakayama

代表取締役社長

働きたい場所で自分らしく
働ける社会をつくりたい

地方の課題に取り組み
テクノロジーで解決することで
地方に魅力的な仕事を増やす

 目次

地方に仕事を増やし、テクノロジーで地方を活性化へ導く

魅力的な仕事が少ない、給与水準が低い。そもそも仕事がない――地方ではこうしたことが原因で人口流出が加速し、衰退が進んでいく。そんな地方課題に対して、「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念に掲げ、テクノロジーを駆使して解決を図るのが株式会社LASSIC(ラシック)だ。代表取締役社長の若山幸司は語る。

「LASSICが定義する地方創生は、『地方に仕事を増やすこと』です。地方には人口減少をはじめ多くの課題があり、『課題解決』を商材としてとらえるなら、チャンスが豊富なマーケットともいえます。そういった課題に対して地方で新規事業を興し、その事業を通して解決していく。その結果、地方に魅力ある仕事が増えるようにしていきたい」

地方創生を実現するために、同社では2つの軸をもとに事業を展開する。一つは、大都市圏に集中するITの仕事を地方に移転する「仕事の移管」。UXデザイン&インテグレーション事業により、今までは東京でしかできなかった仕事の地方移転をサポートする。東京だけでなく地方でもサービス開発ができる「ニアショア」モデルを展開して、ロケーションにとらわれず、自分が働きたい場所で働ける環境づくりを進める。

もう一つは、地方に雇用を生むサービスや事業を創り出す「仕事の創出」。地域イノベーション支援事業では、自治体と連携して地域活性化を促進する自社サービスを展開する。その代表例が、鳥取県智頭町との協業事業である「森林セラピー®」。森林セラピーを法人向けのサービスとして企画・開発。森林資源が豊富な智頭町に企業を誘致し、研修施設や民泊を利用してもらうものだ。町の収益につながり、地域の活性化に貢献している。

このほかのユニークな取り組みが「感情解析研究開発」。鳥取環境大学、鳥取医療センターと共に、心の健康増進を目的として「感情医工学研究所」を設立。「感情×IT」というアプローチで新しいサービスを構築する。認知症治療病棟において、IT・IoT・AI技術を活用して患者ケアの省力化や効率化を図る「ロボット病棟®プロジェクト」が進行中だ。
2025年、被介護者の人数はピークを迎える。患者が増えると医療スタッフが不足し、患者に対するサービスが低下し、医療スタッフの負荷も高くなると懸念されている。その課題に対して、同社ではテクノロジーでアプローチし、少子高齢化や医療従事者不足に悩む地域医療の支援を目指している。

「『50の地域に、1,000人の仲間を』というビジョンを掲げて、拠点を全国に拡げています。人が働きたい場所で働ける環境を整えると同時に、地方のマーケティングにも力を入れます。地方のニーズを拾い上げて、それを解決するためのサービスを提供する。そうやって地方を支援していくような構造にしたいと考えています」

Profile

1972年、埼玉県生まれ。幼少期から野球に励み、社会人野球も経験。大学卒業後、金融系システム開発のSEを経て、1998年、株式会社インテリジェンス入社。IT派遣事業の立ち上げに参画。2002年、執行役員に就任し、IT派遣事業、人材紹介事業の事業責任者を歴任。その後、同社の同僚でありLASSICの創業者である西尾の掲げる理念に共感、2009年、LASSICに入社し、代表取締役社長に就任。

Contact

株式会社LASSIC

鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
https://www.lassic.co.jp/