顧客のビジネスの
成功を第一に、
クラウドソリューションで
地元企業をフルサポート

株式会社システムフォレスト

富山 孝治Koji Tomiyama

代表取締役

悔しい経験をバネに
主力事業の転換を決断

3部門のエンジニアが
「普通のIT企業」とは違った
価値を提供する

顧客の成功を実現できる組織体制が強み

株式会社システムフォレストは熊本県人吉市に本社を構えるIT系企業だ。しかし「普通のIT企業ではない」と、代表取締役社長の富山孝治は断言する。

「IT企業の多くは、メーカーから委託を受けるアウトソース型。こうした場合は、出向先に派遣をしたり常駐したりする必要があり、地元を離れることを余儀なくされます。だから、当社は下請けとして様々な会社から仕事を受託するスタイルではなく、主軸事業を絞ってサービス提供をすることで、ずっと熊本や九州にいられる働き方を実現できるIT企業を目指してきました」

システムフォレストが主軸として展開しているのが、クラウドソリューション事業だ。一次代理店としてのクラウドサービスの販売、導入・運用支援、カスタマイズ、さらにはクラウドを活用した業務改善のコンサルティングを手がけている。世界トップのビジネスプラットフォームであるSalesforceを筆頭に、Evernote、LINE WORKS、Dropboxなど、実績の高いアプリケーションを幅広く取り扱っており、600社ほど抱えている顧客のビジネス成功に貢献してきた。

クラウドは、一度導入すれば半永久的に保有できるパッケージ型のソフトウェアではなく、月または年単位の契約が可能なサブスクリプション型のソフトウェアだ。継続的にアプリケーションのアップデートが行われるので、常に最新バージョンを利用できる。そんなクラウドの特長を活かし、システムフォレストでは顧客の状況やニーズの変化を見逃さないように努めている。売上目標や事業展開の方向性などは年度ごとに変わっていく企業がほとんど。その都度提供しているサービス内容を見直し、最適なプランを提案しているのだ。

「『カスタマーサクセスファースト』、つまり顧客のビジネス成功を第一に考えることが私たちの使命だと思っています。そのための協力体制は整えているつもりです」

そう富山が話すとおり、システムフォレストの組織体制は他のIT企業とは少し異なる。9割以上がエンジニア社員というIT企業が多い中、システムフォレストでは営業部門やマーケティング部門に所属する社員が半数を占めている。これは勉強会やイベントの開催といった啓蒙活動に力を入れて、顧客のクラウドリテラシーを高めるためだ。

エンジニアが所属しているコンサルティング部門は、3つに細分化され、役割分担がはっきりと定められているのが特徴。顧客から要望をヒアリングしながら設計内容を決めていくメンバー、その内容をシステムに落とし込み実装するメンバー、そしてカスタマーサクセスマネージメント(CSM)と呼ばれるメンバーがいる。CSMは、問い合わせ対応や顧客企業の新入社員へのクラウド教育など、サービスを長期間に渡って利用してもらうために欠かせない、いわば顧客の秘書役だ。

「扱っているツールはデジタルなものですが、風土は泥臭いところがあるかもしれません。社内体制が整っていなかったり、顧客とコミュニケーションが図れていなかったりするだけで、失敗してしまうこともあります。だから手間暇かけることを怠らず、非効率の中から生まれる感動を大切にしたい。水鳥のように優雅に泳いでいるように見えても、実は水面下で必死に足を動かしている―。システムフォレストはそんな会社だと思います」

Profile

1970年、熊本県生まれ。1993年、福岡大学卒業。熊本地場のSierにてシステムエンジニアとして主に自治体向けシステム開発に従事。その後、某大手の関連会社へ出向し、官公庁向けのサービス開発を担当。3年ほど東京ライフを満喫する。2004年有限会社システムフォレストを設立、代表取締役に就任。クラウドサービス専業会社として急成長し地方創生モデルの一例となる。クラウドを活用した企業の業務改善、生産性向上、営業の仕組みづくりなどのコンサルティングサービスを得意とする。

Contact

株式会社システムフォレスト

熊本県人吉市西間下町132-1

https://www.systemforest.com/