常に最先端を追求し、
果敢に挑戦を続ける
構造設計事務所

株式会社ベクトル・ジャパン

安藤 浩二Koji Ando

代表取締役

ひとも、技術も、
日々進化させていく

目指すは、構造設計No.1の
リーディングカンパニー

最先端の設計技術を導入することで、高品質な構造設計を実現

上下水道施設のような社会インフラ、オフィスビルやマンション、空港ターミナルビルなど、多様な建築物の構造設計を手がける設計事務所。それが株式会社ベクトル・ジャパンだ。東京汐留の高層ビル群を臨む場所に本社を構える同社では、年間500棟超の設計に、東京・君津・大連(中国)の3拠点で約40名の設計者が取り組んでいる。

誰もが知るような著名かつ巨大な建築物のプロジェクトに参画することもあるというベクトル・ジャパン。そうした仕事を手がけられる秘訣は「新しいことへの果敢な挑戦」にあるのだと、代表取締役の安藤浩二は語る。

「例えば、ここ数年で一般にも知られるようになった3Dプリンタ。当社は業界に先駆けて15年ほど前から取り入れています。また、今では当たり前になったCGも20年以上前から導入しており、いち早く構造物を3Dで表現することに挑戦してきました」

2D、つまり紙の図面での設計を前提にすると、実際の工事段階で初めて不具合が見つかることも少なくない。そのため、事前にどれだけ立体で検討できているかは品質に大きく影響する。だからこそ同社ではCGや3Dプリンタと同様に、3次元設計への移行も業界に先駆けて進めてきたのだという。

「私たちが最新技術の導入にこだわるのは、高い技術力によって品質でお客様から選ばれ、業界をリードしていきたいのが第一の理由です。それだけでなく、この先間違いなくスタンダードになる設計技術を、社員にいち早く身に付けてほしいのも、私が願っていることのひとつ。BIMなどを用いてはじめから立体で設計すると、平面で設計することによるミスは起きようがありません。これは、従来10年経験してようやく到達していた水準の設計品質を、学校を卒業した直後の新入社員でも実現できるということ。設計士にとって革命的なことだからこそ、私はこうした最新技術への投資を惜しみません」

技術によって設計士としての下積み期間が短くなるなら、その分より難易度の高い案件へ早期に挑戦できるはずだと安藤は語る。実際に今、同社では、入社したばかりの社員6名がチームを組んで、巨大なインフラ設備の設計を手がけている最中。最新技術を身に付けるとともに、実践経験を増やすことで、一人ひとりが世の中から必要とされ続ける設計士へと成長していくことを期待している。

また、ベクトル・ジャパンが追求する品質とは、設計事務所としての「設計品質」にとどまらない。構造設計とは建築家が描いたアイデアを実現させる仕事であると同時に、耐震構造をはじめとして災害から人命を守る役割を担っている。将来を見すえた長い時間軸で追求していくことこそ本質的な品質。それが安藤の考えだ。

「住宅やインフラなど、建築物は最低でも数十年にわたって人々が使い続けるもの。だからこそ設計士が本質的に求められているのは、図面の品質が良いことは当然ながら、30年40年と使い続けていく中で起きることを想定した仕事だと私は思います。言い換えるなら、設計士に要求されているレベルはどんどん高くなっているということ。そんな時代だから、学校の知識だけでなく最先端の技術と案件からどんどん学べる環境を社員に提供したいんです」

Profile

1962年、大分県生まれ。 1980年、大手ゼネコンに入社。海外にて構造設計に従事した経験を持つ。土木構造設計の経験を積み、1990年2月、日本ベクトルエンジニアリング有限会社を設立。1996年、株式会社ベクトル・ジャパンへ組織変更。

Contact

株式会社ベクトル・ジャパン

東京都中央区銀座8丁目12-8 PMO銀座八丁目7F

http://www.vector-japan.com/