結婚式から、この国を元気にする
株式会社ニューバリューフロンティア 代表取締役 髙宮 孝一郎

株式会社ニューバリューフロンティア

髙宮 孝一郎Koichiro Takamiya

代表取締役

2015.10.06

子ども時代から育んだビジネス感覚

私は両親が商売をしていたためか、自然にビジネス感覚のようなものが育まれ、幼稚園の時には紙粘土で作ったコップを母親に見せて、「あげる」ではなく「いくらで買う?」と言ったそうです。

その後は野球にはまり、中学時代にピッチャーをしていた時に、相手バッターの特徴を分析するクセが身につきました。相手をつぶさに観察して、一番効果的な投球をするように心がけたのです。結果的にかなりの実力がつき、中学時代は日本代表にも選ばれました。

残念ながら高校で肩を壊してしまったので野球は諦め、大学時代はひたすらアルバイトに明け暮れました。主にレストランで働いていたのですが、月収は20万円ほど。学生にしてみれば、かなりの金額です。私はそのお金でグルメ雑誌に載っているレストランを片っ端から周り、その味やサービスを楽しみました。この体験は、今も非常に役立っています。

このような過去があったためか、レストラン・ブライダル運営のベンチャー企業を就職先に選んだのは自然な流れでした。4年次に46単位も残っていてヒヤヒヤの卒業だったのですが、なんとか就職。1年目から配属先でトップの成績となり、ブライダル事業部に転属した後、25歳の時に事業部の最高責任者になりました。その後、「そろそろ潮時かな」と考えていた時に、ある会社の取締役に招かれ、28歳で退職しました。

その会社では1年間、京都でイタリアンレストランの立ち上げに携わったのですが、結果は大失敗。苦い経験でしたが、京都という街の特性や、ターゲットの定め方といったビジネスの基本が学べました。やはり、人間は失敗からの方が多くを学べるものです。実際、その後に京都で開店した自分のレストランは大成功を収めました。しかし、贅沢な話ですが、成功すれば飽きてしまうのが人間です。それに、自分の作った店にお客様をたくさん集めたいと思うだけでは、エゴイストのようで、何のエネルギーも湧いてきませんでした。

どれほど忙しくても、お客様のために、仲間のために、業界のために頑張る。皆さんの喜ぶ顔が見たいから仕事をする。そういう感覚なしに、自分が仕事をしていくことは無理だと、レストラン経営を通じて悟ったのです。

 


Profile

1980年、香川県生まれ。2003年株式会社プラン・ドゥ・シーに新卒入社。新プロジェクトの立ち上げに参画後、新規担当として年間120組の婚礼施行、平均決定率68%という男性では異例の数字を獲得。年間MVPを最年少で獲得。また、2005年、ブライダルマネージャーに最年少で着任し、2008年に本社経営管理部配属となる。2009年退社後、株式会社ニューバリューフロンティアを立ち上げ、現職に就く。趣味はゴルフ・レストラン・ホテルでの顧客体験・読書。

Contact

株式会社ニューバリューフロンティア

愛知県名古屋市東区葵2丁目9-30
http://www.newvaluefrontier.co.jp/

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング