EN

「非常識」を「常識」に
イノベートする。
斬新な快眠アイテムを開発

ムーンムーン株式会社

竹田 浩一Koichi Takeda

代表取締役

光目覚まし時計、
横向き寝まくらがヒット

「自分たちがやる意義のあること」
を取捨選択し
睡眠にとどまらず事業領域を拡大へ

 目次

睡眠のスペシャリストとして、睡眠に悩む人を助けたい

「光で起きる気持ちよさを、身をもって知ることができました」

「睡眠が改善されて、日中の眠気もなくなり、もう手放せません」

「この商品は、僕にとって革命です!」

これらは、熊本に本社を置くムーンムーン株式会社が開発・製造・販売を手がける「光目覚まし時計」の購入者のコメントだ。

2012年8月から販売している歴代の光目覚ましは、楽天の目覚まし時計部門で連続1位を獲得。テレビ・雑誌をはじめ、800以上の媒体で紹介されてきた。現在はさらに機能を進化させた4代目となる「inti4」を販売している。この商品に込めた想いを、代表取締役社長の竹田浩一はこう語る。

「初代の『OKIRO(オキロー)』は認知度が上がっていましたが、日本でしか通用しないネーミング。ギリシャ神話にも出てくる太陽神の名前『inti(インティ)』なら、海外の人々にも親しまれるだろうと、思いきって商品名を変えました。狙うは世界です」

「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目を覚ます」など、現代の日本では3人に1人が何らかの睡眠トラブルを抱えている。良質な睡眠に欠かせないセロトニンという覚醒ホルモンを正常に分泌させるには、起床時に明るい光を浴びて、スッキリと目覚めることが重要だ。爽快な目覚めは、体内時計を調整し、体や脳を健康な状態へと導く効果もある。

この理論を目覚まし時計として商品化したinti4は、目に優しい高照度LEDを使い、朝日と同量の光を発する仕組み。日の出のように徐々に明るくすることで、快適な目覚めを実現させた。睡眠データをBluetoothで連携できるアプリも配信し、利便性にもこだわる。

目覚まし時計のほか、いびき改善に効果的と言われる「横向き寝」の専用枕、また次期新製品としてマットレスも開発中だ。「睡眠改善」をテーマに、今までにはない製品を作り続けてきた。そしてサービスの幅は、グッズ開発・販売だけにとどまらない。

「睡眠改善インストラクターという資格を持ったスタッフがサポートできる体制づくりをしています。お客様からの不眠のご相談にメールや電話でお答えすることもありますし、学校や企業へ出向いて睡眠講習も行っています。私たちが持つ睡眠に関する知識を広く提供していくことも、商品の一部だと考えています」

ムーンムーン株式会社 代表取締役  竹田 浩一

Profile

1982年、熊本県生まれ。2005年、九州ルーテル学院大学人文学部在学中より、インターネットを使ったコンテンツ企画、販売ビジネスを手がける。2006年、大学卒業と同時に法人化。以降6年以上にわたって、少数精鋭、高収益体質のビジネスモデルを構築する。

2011年、自身が長きにわたって抱えていた睡眠障害を劇的に改善してくれる商品と出会ったことで、睡眠専門会社の創業を決意。ムーンムーン株式会社設立と同時に、代表取締役社長に就任。保有資格:睡眠改善インストラクター

Contact

ムーンムーン株式会社

熊本県熊本市中央区上水前寺1-3-9

https://moonmoon.biz/