映像とモノ作りを
主軸に、コンテンツ
プロモーションの
No.1企業を目指す

株式会社イクリエ

濵島 広平Kohei Hamajima

代表取締役

人気ゲームやアニメ作品の
プロモーションムービーを制作

映像と立体物の双方を熟知し
フィギュア・グッズ・企画等
の多方面で事業を展開

映像とモノ作りのコンテンツプロモーションを中心に成長中

通勤・通学の移動中や空き時間、自宅でのリラックスタイムに、スマホでゲームを楽しんでいる人も多いだろう。独特の世界観があるゲームは、多くのプレイヤーを魅了し、熱狂的なファンを集めている。

こうした人気ゲームのコンテンツプロモーションを担っているのが株式会社イクリエ。

CMで流れるゲームのプロモーションムービーをはじめとした映像制作、キャラクターのフィギュア原型制作、グッズ等の企画、イラスト制作の4つを主軸に事業を展開している。

取引先は大手ゲームメーカーをはじめ、20社以上。既存のゲームだけではなく、新しいゲームタイトルに携わることも多く、年間約100件以上の制作を請け負っている。

代表取締役の濵島広平は、「ゲームのコンセプトや内容、世界観を表現した映像とモノ作りにこだわっています」と熱意を込める。

同社が最も得意とするのは、Live2DとAfter Effects(動画編集ソフト)を駆使した映像制作だ。Live2Dとは、2次元のイラスト原画を立体的に動かすためのツール。原画を目・鼻・口・手・足などにパーツ分けし、個々に動きをつけることで、イラストそのものを繊細に動かすことができる。原画の魅力をそのまま表現した映像作品が完成するため、ゲームメーカーや熱烈なファンから好評を博している。さらに、イクリエの技術力は、Live2Dのソフトメーカーからも注目を浴びている。もともとゲームの開発ツールだったLive2Dを映像制作に応用している企業の代表として、イベントに招かれ、講演することもある。

「プロモーションムービーは、視聴者に違和感なく見せることが大前提。例えば、明るい恋愛ゲームなのに、キャラクターの表情が暗くてシリアスな演出だったらおかしいですよね?私たちは高いLive2Dの制作体制と映像演出を掛け合わせて、クライアント様のこだわりや考え方、想いをしっかり汲み取って、具現化することを大切にしています。キャラクターの髪の毛1本1本、わずかな手の動きなど細部にも時間をかけて制作し、テーマ曲に合った素材の動きや演出を追求、ゲームのコンセプトを映像に盛り込んでいくのです」

一方で、イクリエはフィギュアの原型制作においても高い実績を持つ。 フィギュアの原型とは、工場で量産される際の金型の元になるもの。パーツ毎にデータを作成し、それをもとに3Dプリンターで出力して作られる。人体の理解やデッサン力に加え、緻密な作業が求められる職人的な仕事だ。濵島はもともと3Dデザイナーだったこともあり、創業時から小規模のフィギュア制作に取り組んできた。地道に実績を積んでいき、2015年より業界経験のあるメンバーで原型制作部を立ち上げ、現在はゲームやアニメ、漫画等で有名なキャラクターのフィギュア原型を多く手がけている。

2018年、濵島は、さらなる成長を目指し、グッズの商品企画とイラスト制作事業を立ち上げた。グッズの商品企画は、キャラクターコンテンツのライセンス許諾を得て、自社で商品の企画・販売をするメーカー事業。すでに有名ゲームタイトルと提携し、メーカー公式のブランドとしてオリジナルジュエリーの企画販売を開始している。イラスト制作では、有名アニメや漫画の公式デフォルメイラストの制作を担当。版元がメディアやコラボ企画で展開するグッズ用のイラストを手がける。特にコンビニとのコラボ商品は、全国の店頭に並ぶものが多く、メンバーのやりがいにつながっている。

「繁忙期は帰宅が終電になることもありますが、徹夜は絶対に禁止。繁忙期以外は、就業時間内に集中する働き方を推奨しています。効率よく生産性を上げることを目指し、チームとしてできる仕事をクライアント様にも提案していきます」

Profile

1980年愛知県生まれ。名城大学理工学部卒業。大学と専門学校で学んだのち、3Dデザイナーとしてゲームのオープニング、プロモーションムービーの制作会社に勤務。2008年、イクリエの前身企業を設立。2010年、株式会社イクリエに商号を変更し、プロモーションムービーや遊戯機の液晶映像制作に携わる。2017年よりコンテンツプロモーションの制作体制を強化。有名なコンテンツのプロモーションムービーやフィギュア原型制作、グッズ企画・販売、イラスト事業の4事業を主軸に展開中。

Contact

株式会社イクリエ

東京都台東区台東2-26-8若林ハイム2F

https://www.icrea.co.jp/