ICT×最新テクノロジーで
インフラ業界を改革
もっと便利で快適な
世の中を創造する

ベイシス株式会社

吉村 公孝Kimitaka Yoshimura

代表取締役社長

サッカースタジアム・球場
コンサート会場など大型施設の
インフラ整備に高い実績

IoT、AI、RPAのテクノロジーで
インフラ業界の効率化・生産性向上を目指し
社会に貢献する

ICT事業×最新テクノロジーでインフラ業界をけん引する

何万人もの観衆で埋め尽くされたサッカースタジアム。試合時間残り1分で逆転ゴールが決まり、会場を揺るがすような歓声が沸き上がる。一緒に来られなかった仲間に、すぐにでもこの感動を伝えたい。「すごいゴールだった!」。スマホを手に取り、さっそくSNSのアイコンをタップする。「あれ?つながらない」――。試合の熱狂は一瞬で冷め、高揚した気分はイライラに変わるだろう。

そんな事態に陥らないよう、通信環境を守っているのがベイシス株式会社だ。

サッカースタジアム、球場、コンサート会場など多ければ7万人もが集まる大規模施設で、試合のハーフタイムやイベント終了直後などに一斉通信が行われてもつながるよう、膨大な通信容量に耐えうるインフラネットワークの構築を支援している。Wi-Fi、LTE(4G)などの通信回線をはじめとした社会的インフラを裏方で支え、スマートフォンやタブレットを快適に使える環境を維持している。

「日常的に欠かせないインフラを整備することは、人々の生活を支える社会貢献性が高い事業と自負しています」。こう語るのは代表取締役社長の吉村公孝。

同社は、大型スタジアムのほか、全国各地の飲食店や駅前、待ち合わせスポットなど、多くの人が集まる場所のインフラを整備し、東京電力やKDDI、ソフトバンクなどの大手通信会社から厚い信頼を寄せられている。

また、台風など自然災害の発生時や1日限りの野外フェスなど、一時的に通信量の上昇が見込まれる際は、通信キャリア会社からの依頼で、仮設の基地局を開設することもある。2011年、東日本大震災が発生したときは、通信キャリアの社員とともに現地入りし、仮設アンテナを立てるなど、災害復旧に協力した。

その一方で、IoT、AI、RPA(ソフトウェアロボットによる業務自動化)などの最新テクノロジーをインフラ業界で応用し、点検やメンテナンス作業の効率化をサポートしている。

一般的に、通信業界は大手企業が管轄するピラミッド構造の世界。中でも現場仕事を担当する下請け企業は、紙で情報をやりとりするなど、未だ非効率な作業を続けている。

こうしたアナログな環境を最新テクノロジーで効率化できれば、インフラ業界全体の労働環境の改善を図ることができ、運用や保守のコストダウンが可能になると吉村は考えている。

「日本における少子高齢化、労働人口減少の問題を考えたとき、効率化できる作業はテクノロジーに任せ、人は想像力やコミュニケーションが必要な仕事をやるべき。インフラ業界では、アナログな労働環境のために、長時間労働や残業を強いられるケースも多い。『働き方改革』を制度として取り入れる前に、効率化を進めれば、自然と働きやすい環境になるのではないでしょうか」

こうした観点から、ベイシスではテクノロジーを使ったインフラ業界の自動化を推進。2018年より開始したRPA事業は、携帯電話ネットワーク設備のソフトウェアバージョンアップや、携帯電話基地局工事に必要な部材の発注書作成の自動化など多岐に渡る。

また、現在、開発を進めているのが、電力インフラで導入が進められている『スマートメーター』に特化したAI画像認識システムだ。

これまでの電力メーターと異なり、スマートメーターは電力使用量をデジタルで計測し、メーター内部の通信機能によってデータを送信できる。そのため、検針業務を自動化することができる。工事作業者は旧メーターからスマートメーターへ交換する際に、その場で交換前の電力使用量データを専用の機器に手入力、レシートを印刷し電力会社へ報告する。人が目視確認した上で入力するため、作業ミスが多発し、報告内容のチェック作業も膨大な時間が発生していた。

そこで、AI画像認識を用い、手入力で出力した数字とメーターに表示される数字を自動でチェックするシステムを開発。入力時に出てくるレシートとメーターを撮影し、スマホでサーバーにあげると、AIが画像を認識。ミスがあれば自動で抽出され、データはRPAでメール送信される。これにより、交換作業はより速やかになり、品質向上・作業時間削減に貢献できる。

他には、ドローンによる検査システムも開発中。携帯電話基地局や電力供給の要である鉄塔を空からドローンで撮影し、映像をAIで解析することで不具合を発見するシステムだ。わずかなネジの緩みなどから骨組みや鉄筋の欠陥を検証し、事故の防止を目指す。鉄塔は全国に何万本とあるため、自動で安全点検が可能になれば、作業員の効率も上がる。その他にもビルの壁面、高速道路のトンネル、コンクリートの点検などにも応用できる可能性がある。

「社会的なニーズを鑑み、AIやRPAのテクノロジーを用いたインフラ構築・運用で、通信、電力、ガスなど生活インフラの自動化が進めば、いずれ利用料金の引き下げにもつながるかもしれません。より暮らしやすい社会の創造に貢献できると思います」

Profile

1972年、広島県生まれ。2000年7月にサイバーコネクション(現ベイシス)を設立。携帯電話インフラの構築、電波エリア最適化などのインフラエンジニアリング事業を立ち上げる。2018年現在、国内拠点6拠点で全国の携帯電話・Wi-Fiなど無線通信インフラ作りを通じて、便利で快適なICT社会の実現に向けて事業を拡大している。
人生の目的と目標に気づき、その実現を目指す

Contact

ベイシス株式会社

東京都品川区北品川1-9-2  TOKYO YBビル5F

https://www.basis-corp.jp/