「誰かを想って創る」
組織であるために――
メンバーの可能性を信じ、
能力を最大限に伸ばす

株式会社デパート

田中 健太Kenta Tanaka

取締役副社長

人材育成を通して、
「イイ会社、イイ社会」を創造する

「境界線」を引かせないことで
幅広く活躍できる人材に成長させる

 目次

適切なタイミングで、成長に必要な課題にチャレンジさせる

Web制作を手がける株式会社デパートで取締役副社長を務める田中健太。同社がビジョンとして掲げる「誰かを想って創る」を組織全体で体現できるようにすることをミッションとし、制作チームのプロデュース、仕組みづくり、人事、広報などを担っている。

中でも田中が注力するのは、人材の育成だ。将来的にマネジメントを担える人材に育てることを目標としている。

「僕が大事にしているのは、ポジションに関係なく視野を広げ、本人の現在の能力にプラスアルファを意識させることと、困難なテーマにチャレンジしてもらう、ということ。メンバーの可能性は無限大だと思っているので、できるかどうかよりも、まずは自分で考えて動いてみてほしい。挑戦によって面白い化学反応が起きるし、そういった想いをもって取り組むと、同じ業務でも視点が変わることで人は成長できると思います」

一度任せたら、自分は極力現場に出ないという姿勢も一貫している。案件の進捗状況はきちんと把握しつつ、あえて知らないふりをすることもあるという。必要な部分はフォローするが、メンバーの挑戦と成長を見守ることが自身の役目だと田中は語る。

チームメンバー一人ひとりの考えを知るため、定期的な面談の機会も大切にしている。月に1度、マネージャーがメンバーと面談して田中に報告するほか、田中自身も3ヵ月に1度、メンバー全員と面談する機会を設けている。

「面談で『もっと違うことがやりたいです』という話が出てくると、なぜやりたいのかをかなり掘り下げて聞きます。今の仕事に不満を持っているからなのか、本当に実現したいことがあるからなのか。深く聴いてみると、今担当している仕事でも実現できることだったりするんです。ただ隣の芝生が青く見えているだけで、自身の業務の本質と可能性を理解していない、ということもある。僕は希望をただ受け入れるだけじゃなくて、メンバーの適性を見極めつつ、その人の能力や強みを最大限に活かせる戦略を考えてあげたいんです」

一人ひとりと本気で向き合うからこそ、ときには激しく衝突することもある。ある若手デザイナーの女性とはお互いが納得いくまで何度も議論を交わした。そうして成長した彼女は、今では管理職とアートディレクターの両方をこなす、田中の右腕とも呼べる存在になった。「今なら、あのとき田中さんが言っていたことが理解できます」という言葉を聞いたときは、親心を覚えたという。

田中がもう一つ、人材を育成するうえで大切にしている方針がある。それぞれが担当する仕事の「境界線」を崩すことだ。

「会社組織では、ここまではデザイナーの仕事だけど、ここから先はディレクターの領域、といったように仕事の線引きをする人が多いと感じます。でも、自分の担当以外の領域を意識してみると仕事の見方が変わったり、『自分はこんなこともできるんだ』と新たな発見があったりする。マルチプレイヤーになる必要はないけれど、別の視点を持つことで仕事のクオリティが上がるし、いろんなことに対応できる人材に育つと思うんです」

境界を越えた仕事をすることで、社内の他の担当者だけでなく、お客様、サイトユーザー、すべての視点が持てるようになる。それがひいては、デパートが掲げるビジョン「誰かを想って創る」ことにつながるのだ。

全工程を俯瞰して見られる視座を持ち、お客様にとって最適な解決策を提案する。一人ひとりのメンバーがこうした意識を持って業務に携わってきたからこそ、デパートは多くのクライアントから厚い信頼を寄せられる企業へと成長した。

株式会社デパート 取締役副社長 田中 健太 Kenta Tanaka

Profile

1983年8月 大阪府生まれ。大学卒業後、新卒でベンチャー企業へ入社し、大阪支社立ち上げを経験。支社内でTOP営業として、様々な経営者と接する。その後、前身企業の東京支社を立ち上げるべく単身で上京し、年間MVPを3度受賞。殿堂入りを経験後、アカウントプランニング局長としてWEBや広告の最前線で数百を超えるクリエイティブに携わる。2015年6月、デパート社設立から取締役副社長に就任。

Contact

株式会社デパート

東京都品川区西五反田7-9-2 KDX五反田ビル5F

https://depart-inc.com/