海外PL保険
株式会社アテンドライフ 代表取締役 熊倉 健太

株式会社アテンドライフ

熊倉 健太Kenta Kumakura

代表取締役

2015.04.26

グローバル化することによる訴訟リスク

国内で製造業を営んでいるA社に、突然、外国の弁護士事務所から英文で書類が届きました。仕事も忙しいし、自分の会社は製造業とはいえ海外に商品を輸出しているわけではないから、あまり関係はないだろうとそのままにしていたら、多額の損害賠償請求金を支払う羽目になってしまいました。

これは実際にあった事例です。かねてから欧米の社会は弁護士が多く、訴訟社会と言われておりますが、その訴訟額として高額な賠償金額と訴訟対応費用が発生する恐れがあります。また近年はアジアでのビジネスを検討される会社も多いですが、既に中国、台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、タイ等では、PL(生産物賠償責任)に関する法律が立法化されており、消費者のPLに対する関心は高まっています。

このような訴訟リスクを回避するために加入を検討するのが「海外PL保険」です。

海外PL(生産物賠償責任)保険とは

PL保険とは「生産物賠償責任保険」の略称で、会社が製造または販売した製品によって「日本国内」において生じた他人の身体の障害、または財物の損壊について、会社が負担する法律上の損害賠償金および争訟の解決のために要した費用等のリスクをカバーする、という保険です。

これに対し、海外PL保険とはこの国内PL保険の海外版で「日本国外」を補償します。

会社が海外の被害者から損害賠償請求を受けた場合は、保険会社が現地の法令等により禁止・制限されている国・地域を除き、被保険者の訴訟に応じる手続きや示談交渉を行ってくれます。

インタビュアーの目線

スカイツリーを望む隅田川のほとりにある事務所はいつも活気に溢れています。在籍している男性スタッフは全員、熊倉社長と同じ高校の出身で、しかもみな野球部に所属していたと言います。野球を通じて培われたチームワークが、会社の急成長やお客様の信頼を得ている源泉となっています。

書籍「小さな会社のための「お金の参考書」 」から掲載】


Profile

東京都足立区出身。
現在の保険の仕事をする前は理容業の道を目指していたという変わった経歴を持つ。いつでもお客様のご要望に応えられるよう、どんなときでも携帯電話を手放さない。趣味は高校時代から打ち込んできた野球で、週末は子どもの野球指導に力を入れている。

Contact

株式会社アテンドライフ

〒111-0023
東京都台東区橋場 1-2-10
Tel. 03-3873-9779 fax. 03-3873-9711
e-mail k.kumakura@attend-life.co.jp
URL http://www.attend-life.co.jp/

関連書籍

書籍
「小さな会社のための「お金の参考書」」

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント。専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング