「SEMCOスタイル」や
「アカデミー」の構築で
組織に成長活力を与える

ENERGIZE-GROUP

生嶋 健太 Kenta Ikushima

代表取締役/CEO

自社で実践して効果を得た
組織改革メソッドを提供

マネジメントコーチング『すごい会議』、
コスト改善プロジェクトなど
「最後までやり切る」コンサルタント集団

「実行支援」を軸にクライアントの成長をサポート

ENERGIZE-GROUP(エナジャイズグループ)は、“Anything is possible”という立場を大切にし、クライアントのミッション実現を総合的にサポートするコンサルティング会社だ。ENERGIZEには、「僕たちならできるのでは!?」「ひょっとしたらそれは可能かもしれない!」「そんな人達であふれる世の中もきっと素晴らしいのではないか!?」というメンバーがあつまり、日々クライアントとパートナー企業と共に“Anything is possible”を体現し続けている。

代表取締役/CEOの生嶋健太は、中堅中小企業向けにフランチャイズビジネスを提案するコンサルティング会社にてトップセールスの実績を挙げ、グループの新会社の役員も経験。前職でトップを争った秦卓民と共に、2009年、ENERGIZEを立ち上げた。

これまでの事業の柱は「マネジメント層向けコーチング」と「コスト改善プロジェクト」。コーチング事業では米国発祥のマネジメントコーチング手法『すごい会議』の認定コーチとして、会議を通じた経営手法を提供。コスト改善プロジェクトは、主に店舗を展開する企業を対象に、購買コスト削減を支援する。

この2つに加え新サービスの開発、企業ブランディング、優秀な人材の採用・育成、課題解決に役立つシステムの開発まで、複数のサポートサービスをワンストップで提供できるのが同社の強みだ。

多くのコンサルティング会社は「戦略立案」までを提供するケースが多いが、ENERGIZEはその先の「実行支援」を大切にしている。戦略をどんな手順で、いつまでに行うかという行動プランにまで落とし込み、成果が出るまで実行をサポートする。生嶋は自社のこだわりをこう説明する。

「クライアント自身では気付けない課題を見つけるのが私たちの仕事です。同じことを続けているつもりでも、いつの間にか軌道がズレてしまうのはよくあることです。野球でいえば、バッターの打率が下がったとき、『いつもより左ひじが下がっているから、もう5センチ上に』と具体的なアドバイスで軌道修正を促し、復調に導くコーチのような役割を果たしています」

450社に上るクライアントは成長過程にあるベンチャー企業が中心だ。ENERGIZEのサポートを受けたことで売上昨年対比120~140%で推移してきた会社が、200%以上、月によっては500%近い昨年対比売上を叩き出す成果を挙げたケースもある。

社名のENERGIZEに込めた想い「人を元気にする」「活力を与える」をまさに体現しているのだ。

Profile

2002年、東証一部上場コンサルティング企業に入社。25歳でマネージャーに昇格し、その後も年間MVPを数多く受賞。クライアント企業の役員を歴任し、29歳で独立。ENERGIZE-GROUPを創業し、「人、組織、プロダクト、サービスの可能性最大化」に注力。

Contact

ENERGIZE-GROUP

東京都渋谷区神宮前2-13-18 木村ビル2F

http://energize-group.co.jp/