多様で柔軟な
働き方を自ら実践し
次代の組織デザインを
世の中に広めていく

株式会社パソナ

湯田 健一郎Kenichiro Yuda

営業統括本部/リンクワークスタイル推進統括

テレワークの推進をメインに
8つの組織で活躍

どんな立場の人も才能を活かし
それぞれの形で活躍できるように
社会の在り方を変えていく

ワーク・ライフ・インテグレーションという生き方

8つの顔を持つ男。そう称されるのは、株式会社パソナで営業統括本部シニアマネージャーを務める湯田健一郎だ。

あるときは厚生労働省の働き方に関する検討会委員。あるときは経済産業省の政策委員。そしてあるときはクラウドソーシング協会の事務局長。湯田は8社の法人に所属し、パラレルワークを実践している。

中でも現在メインに取り組んでいるのが、パソナで実施している働き方改革の一環である「テレワークの推進」だ。場所や時間にとらわれず自由かつ多様に働くことができるテレワークの拡大は、フリーランスや在宅勤務を望む個人の支援になると同時に、新規事業などを検討するベンチャー企業にとってもメリットは大きい。フルタイムの社員を雇える余裕がない企業であっても、ビジネス立ち上げの人手が足りない時期に、他の企業や業務に従事しているスキル人材の手を借りることを可能にするのだ。

経営者である父親からの誘いを機に月に一度九州へ帰省し、経営企画の立場から実家の事業にも携わっている湯田。「これができるのも、テレワークがあるからこそ」という言葉通り、九州にいながら東京の仕事をキャッチアップすることもあればその逆もある。いくつもの肩書きを兼務する湯田自身が、誰よりもテレワークの効果を実感している。

湯田が正社員として籍を置くパソナは、「誰もがそれぞれのライフスタイルにあわせた働き方で、豊かな人生設計を描ける社会を創ること」を目指し、人材ビジネスを展開してきた会社。社員に対しても一人ひとりが「ソーシャルアクティビスト」として、高い志と使命感、ベンチャー精神をもって果敢に挑戦してほしいと考えている。実際に、音楽家やアスリートを目指す方向けに、公演や試合、練習などを優先しながらパソナで働ける「ミュージックメイト社員」「スポーツメイト社員」といった制度も存在する。今後AIなどの技術開発が進むにつれて、スキルシェアの傾向が高まり、さらに柔軟な働き方を推し進めていくだろう。湯田のようなパラレルワークを応援するカルチャーが根付いている環境だ。

「8つも掛け持ちをしていると周りの人から言われるのが、『疲れないの?』とか『大変だね』とか『分身してる?』とか(笑)。よくワークライフバランスという言葉が使われますが、僕の場合はワーク・ライフ・インテグレーションだと思っています。仕事イコール趣味。趣味に没頭していれば疲れないのと同じで、興味ある仕事に没頭しているので疲れは感じません。大変ではありますが、『大きく変わる』ことは体感しています。多くの刺激、変化、チャンスをもらっていますから」

Profile

鹿児島県霧島市生まれ。宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校を卒業後、立命館大学経営学部へ進学。2001年、株式会社パソナ入社。パソナでICTを活用し、場所を問わず多様な人材の能力を活かす「LINK WORK STYLE」の推進を統括。株式会社パソナグループの投資政策委員会事務局シニアマネージャー、株式会社パソナテックの事業戦略本部マネージャー、一般社団法人クラウドソーシング協会事務局長、家業の支援など、テレワーク&パラレルワーク&二地域居住を実践中。国家戦略特区としてテレワーク推進を展開している東京テレワーク推進センターの責任者や政府の働き方改革推進に関連する検討会委員等も務め、執筆・講演活動など「テレワーク×フリーランス×副業・兼業の推進」に広く従事している。

Contact

株式会社パソナ

東京都千代田区大手町2-6-2
https://www.pasona.co.jp/