MA(マーケティング
オートメーション)を軸に
「新しいマーケティング」
を創造する

株式会社シャノン

中村 健一郎Kenichiro Nakamura

代表取締役社長

約700のマーケティング機能を
備えたプラットフォームで
多くの企業に選ばれ続ける

変わり続け、挑戦し続ける人が
仕事を楽しめる会社でありたい

企業と消費者の「幸せな関係づくり」がミッション

マーケティング支援のマーケットにおいて7年連続トップシェアを誇る株式会社シャノン(※ITR Market View:マーケティング管理市場2013~2017における売上金額ベースでの2010年度から2016年度の予測値シェア)。

同社が手がけているのは、「マーケティングオートメーション(MA)」。企業のマーケティングや営業活動をITで自動化し、効率的に行うための「シャノンマーケティングプラットフォーム」をリリースし、国内での導入実績は900件以上に達する。

クライアントには、NTTグループ、電通グループ、ヤフー、ソフトバンク コマース&サービス、野村総研、日立製作所、日本生命など、業界トップクラスの大手企業が名を連ねる。業種も、金融、不動産、通信、自動車、メディア、製造、教育、コンサルティングなど非常に幅広い。

「アメリカでは、MAを導入している企業は60%をすでに超えているといわれています。それに対し日本はまだ10%台。しかしながら、企業が営業活動をしていく上でMAは必需品であるという認識がどんどん広がっているのは、国内MA市場が急速に伸びていることからも断言できるでしょう」と、代表取締役社長の中村健一郎は語る。

MAとはどのような仕組みなのか、「マンション販売」を例にとってみよう。マンション購入を検討している人々はインターネット上で物件を検索し、資料請求をするケースが多数。不動産会社としては、実際にモデルルームに足を運んでもらい商談に持ち込みたいところだが、資料請求からモデルルーム見学まで進む確率は非常に低い。そこで資料請求をした人に電話でアプローチするが、ここでMAを導入している企業としていない企業に差が表れる。導入していない企業では、資料請求者リストに片っ端から電話をかけることになるが、導入企業では買ってくれる確率が高い人だけに、ピンポイントでアプローチができるのだ。なぜなら、MAによって、資料請求者がWebサイト閲覧時にどういう動きをしているかをつかめるから。より多くのページを閲覧したり、ローンのシミュレーションサービスを使っていたりする人などは興味レベルも購入意欲も高いと判断できるため、そうした見込み客のみに効率的に営業をかけられるというわけだ。

「求めてもいないのに電話営業をかけられた側は不快な気分になる。電話をかけて冷たくあしらわれた側もつらい。誰も幸せじゃない。だから私たちは、本当に関心が高い人と企業を適切につなぐ仕組みを提供しているのです。売り手の立場では、商品やサービスを購入してくれる人を効率的に見つけられ、買い手側にとっては無駄なコミュニケーションを減らすことができます」

上記はほんの一例。同社のシステムにはマーケティングに必要な700以上もの機能が搭載されている。それが1つのプラットフォームに集約されていて効率的に活用できる点が支持され、トップシェアにつながっている。

そして、シャノンのマーケティング支援サービスの強みは、そのシステムの性能だけにとどまらない。マーケティングをどのように進めていけば効果が出るのかを、クライアントと一緒に考え、創り上げていくところにある。

大企業ではジョブローテーションがあり、マーケティング担当者に関しては技術職のように専門職として育てられるケースは少ない。その点、マーケティング経験が浅い担当者でも短期間で成果が出せるため、シャノンの伴走的なサービスが高い評価を得ている。

「当社は、MAのベンダーという見方をされがちですが、『メーカー』であるつもりはありません。私たちのミッションはお客様のマーケティング上の課題解決です。課題解決が見込めないのに、MAは流行だからといって導入だけを勧めるようなことはするなと、社員にも話しています。MAはツールに過ぎません。そのツールを最大限活用して、あらゆる課題を解決することにこだわっています」

株式会社シャノン 代表取締役社長 中村健一郎

Profile

1977年、奈良県生まれ。2001年、慶應義塾大学理工学部化学科卒業。2000年、大学4年時に有限会社シャノンを設立。イベント・展示会運営会社向けの管理システムを受託開発・販売事業を展開。2001 年、ASP型の製品をリリースし、2006 年にクラウドサー ビスの『スマートセミナー』、2010 年に 『シャノンマーケティングプラットフォーム』をリリース。2013 年2 月、中国・上海に、同 8 月に宮崎に開発拠点を設立。2016年、本社を東京都港区に移し、関西オフィスを設立。2017年、東証マザーズに上場。

Contact

株式会社シャノン

東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F

http://www.shanon.co.jp/