ARを駆使したアプリで
世間の話題になるような
新しい顧客体験を創る

スターティアラボ株式会社

北村 健一 Kenichi Kitamura

代表取締役社長

「人と違うことをする!」の意識から
新たなマーケティング手法を創出

元ミュージシャンから20代で経営者に。
失敗しても立ち上がり続けることが
成長の近道だった

ARアプリ開発の先駆けとして業界シェアトップクラス

スターティアラボ株式会社が手がけているのは、デジタルマーケティングのアプリケーション開発事業。数あるサービスの中で、現在最も注目を集めているのは、AR(拡張現実)を使ったサービスの『COCOAR(ココアル)』だ。ARとは現実世界には存在しないデジタルデータを重ね合わせる技術で、ポケモンGOのAR機能と言えばピンとくる人も多いだろう。COCOARは、このARを企業のマーケティングやプロモーションに活用するために、低価格でAR機能を使って楽しめるコンテンツが制作できるサービスだ。

COCOARを使った事例で最近話題になったのは、菓子メーカーと飲料メーカーのコラボレーション企画。チョコレート菓子のパッケージに描かれた絵柄とペットボトルの絵柄を一緒にアプリケーションで読み取ると、スペシャル動画が見られるという仕組みだ。絵柄の組み合わせで出現する動画が異なることや動画の声を有名声優が担当したことが話題となり、「これは面白い!」とSNS上で拡散され、商品売切れという大成功を収めた。

他にも、大人気アニメーションのファンランイベントがある。ジョギングルートのポイントごとにキャラクターが描かれた立て札があり、アプリケーションで読み取るとそのキャラクターと記念写真が撮れるという仕掛けで、イベントの盛り上げに一役買った。

アプリケーションダウンロード数は、現在170万件。顧客の業種・ジャンルは問わず、導入実績も1500社に迫る勢いで、国内でもトップシェアを誇る。代表取締役社長の北村健一は、その理由をこう語る。

「まず、スターティアラボがARを用いたアプリケーション開発での先駆者だったことが理由の一つ。また、純粋に広告を打っても響かなくなってきている今、商品やサービスをたくさんの人に知ってもらうために、インパクトのある新しい『顧客体験』をどのように演出したらよいかと頭を悩ませている企業が非常に多い。COCOARならそれができると、評価されているのだと思います。また、大きな設備投資をしなくても参加者に喜ばれる演出ができる点もメリットの一つと言えるでしょう」

スターティアラボのクライアントは、企業の広告やプロモーションを担っている印刷会社、広告代理店が主だが、アプリケーションを販売促進などに戦略的に活用しているのはメーカー企業で、アプリケーションを使って楽しんでいるのは一般消費者である。

「世の中をあっと言わせて話題になるような企画も提案できる。それがこの仕事の面白さの一つだと思います。アプリケーションの機能や使い方をご説明するのはもちろんのこと、COCOARをどのように使うと消費者に楽しんでもらえるかといったことまで提案できると、導入いただける確率がグンと上がります」

スターティアラボ株式会社 北村 健一

Profile

福岡県・北九州市出身。高校卒業後、プロのミュージシャンを目指して上京するが、1年後にバンドは解散。スターティア株式会社に営業職として入社する。入社後わずか数ヶ月でトップの営業成績を収め、指導した部下とともに売上の上位を独占。その業績と「新しいことに挑戦したい」という熱意が認められ、新規事業の推進役を歴任。2005年にマーケティングの新規事業部を立ち上げ、2009年に分社化し、株式会社スターティアラボを設立。同年代表取締役に就任。

Contact

スターティアラボ株式会社

東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モリノス19F

www.startialab.co.jp