情報を消費するだけでなく、目をつぶって想像する。消費者目線でシンプルに考えれば、未来が見えてくる

株式会社ベクトル

西江 肇司Keiji Nishie

代表取締役社長

 目次

コミュニケーションファームという最先端戦略PR集団

当社の事業は、企業が世の中に広めたい商品やサービスを、広告ではない手法で伝える“戦略PR”です。メディアが多様化する中で、今までのように普通に広告を打っても、効果を期待しにくい時代になっています。これまでのコマーシャルに代わり、「番組内で紹介されたい」「ニュースに取り上げてもらいたい」「スマホを見る人に動画で直接届けたい」といった、広告ではないコミュニケーションへの需要が高まっています。

戦略的なPRという概念は、実は従来の日本には存在せず、広告は宣伝部、PRは広報部が、それぞれの予算で別々に行うのが一般的でした。しかし、商品がテレビの番組で取り上げられたら、飛躍的に売り上げが上がるのは明らかです。では、そのテレビに取り上げてもらうためにはどうしたらよいかというと、従来の広報手法では、ニュースリリースを作ってメディアに送るくらいが関の山でした。

広告一辺倒ではないコミュニケーションが増えている時代の中で、企業は広告以外でいかに広く認知や共感を得られるかが問われており、そこがうまくできている会社が成功しています。つまりこれまでの広告予算をPRに振り向ける企業が増えるトレンドの中、私たちはまさにそこを狙いにいっているのです。

“戦略PR”という言葉は、日本では2008年くらいに書籍で紹介されて広まりましたが、海外ではかねてから一般的だった概念で、“コミュニケーションファーム”と呼ばれる会社が担う領域です。例えば、アメリカの大統領選挙の際に関わるのは広告代理店ではなく、コミュニケーションファームです。オバマ大統領であれば、専門のコミュニケーションチームが、ウェブサイトやSNSを活用したキャンペーン、テレビCMや動画を通じた広告・PRなどの全コミュニケーション活動を担います。

私たちが狙っているのも、そういった領域です。モノを広めたい時に、今までは広告戦略一辺倒だったところ、ソーシャルネットワークで発信するコンテンツを作ったり、動画でニュースを提供するなど、コミュニケーションを図っていく。PR会社といっても、昔ながらの狭義なPR業が占める割合は半分くらいの“戦略的コミュニケーションファーム”というのが当社の立ち位置なのです。

株式会社ベクトル 代表取締役社長 西江 肇司

Profile

1968年生まれ、岡山県出身。1993年に会社設立。2000年よりPR事業を中心とした体制に本格移行。独立系PR会社として業界トップに上りつめ、2012年に東証マザーズ上場、2014年11月28日に東証一部へ市場変更。日本No.1のリリース配信サービスPR TIMES、WEBマーケティングを扱うシグナル、動画マーケティング支援のビデオワイヤーをはじめとした子会社をグループに持ち、コミュニケーションサービスを実行できる体制を確立。現在、中国、香港、シンガポールなどアジア各地に現地法人を設立。PRとアドテクノロジーを組み合わせた最新のマーケティング手法を武器に、アジア全域におけるPRグループの形成を目指している。著書『戦略PR代理店』(幻冬舎)、『モノの広め方』(アメーバブックス新社)など。

Contact

株式会社ベクトル

東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
http://vectorinc.co.jp/