北京を拠点に世界から
大型オファーを受けて
活躍する日本人建築家

SAKO建築設計工社

迫 慶一郎Keiichiro Sako

ターニングポイントは2つの大震災

「建築」の枠を飛び越えて
より良い社会を創造するという
使命を果たしていきたい

ランドマーク建築の設計から企業のブランドプロデュースまで

白黒のサイコロを積み上げたような斬新なデザインが目を引く『北京バンプス』。組み立てた玩具ブロックにも見えるユニークな高層ビル群『北京ピクセル』。いずれも一度見たら忘れられない、インパクトの強いデザインだ。北京ピクセルは、20万平方メートルの敷地に1万戸のメゾネットが集積し、2万人超が住まう。こうした北京のランドマークとなる建物の設計を手がけたのは日本人建築家。SAKO建築設計工社の代表・迫慶一郎だ。

迫は2004年、日本人建築家として初めて中国(北京)に事務所を開設。以来、100を超えるプロジェクトを手がけてきた。その活躍の場は、中国全土や日本をはじめ、韓国、モンゴル、スペインなど広がりを見せている。これまで飛行機で移動した距離は200万キロメートル以上。地球をざっと50回は周った計算だ。現在、北京のほか東京、福岡の3拠点に事務所を構え、世界各地からのオファーを受けている。グッドデザイン賞や13年連続のJCDデザインアワードなど受賞歴も多数。その活躍ぶりは『情熱大陸』『ガイアの夜明け』『NHKスペシャル』など多数のテレビ番組やメディアでも注目されてきた。

北京バンプス        北京ピクセル

そんな迫は、建築デザインの枠にとどまらず、インテリアデザインや都市計画、企業のブランディングと、さらに幅を広げている。その一例が第4の携帯キャリアである『freebit mobile(現トーンモバイル)』の総合プロデュースだ。最初に依頼を受けたのは店舗デザインのみだったが、空間やスタッフのユニフォームのデザイン、CMやデザイン制作のガイドラインの監修まで携わった。
そのデザインの基本コンセプトは虹のようにたくさんの色を使うこと。迫がデザインしたユニフォームは、既存の「携帯ショップ店員」の概念を崩し、ジーンズ素材にカラフルなペンキで色を散らしたようなデザインになった。呼び名も「携帯ショップ」ではなく、「アトリエ」とし、店員も「クルー」と呼ぶ。そこに訪れる人はもちろん、働く人たちも楽しくなるような空間に仕立てたのだ。

「デザインに関わることであれば何でもやってみたいという好奇心が根本にあります。未知の分野でも、まずはできるかどうか挑戦してみたい。本来の専門は建築デザインですが、建物とは多様な要素で構成されているものなので、デザインする際は常に総合的な視点で捉えます。都市も建築も日用生活品も、基本はすべて“人間が使う”もの。人間を中心とした基準があって、そこからデザインに発展させていくから、僕の中ではすべて連続性があるのです。門外漢だから手が出せない、とは考えていません」

            freebit mobile(現トーンモバイル)

Profile

1970年、福岡県生まれ。1994年、東京工業大学卒業。1996年、東京工業大学大学院修了。山本理顕設計工場を経て、2004年、SAKO建築設計工社設立。2004~2005年、米国コロンビア大学客員研究員、文化庁派遣芸術家在外研修員。
北京と東京と福岡を拠点に現在までに100を超えるプロジェクトを、中国、日本、韓国、モンゴル、スペインで手がけ、数々の受賞実績を誇る。建築設計とインテリアデザインを中心としながらも、グラフィックや家具、都市計画マスタープランまで、その仕事範囲も多岐に渡る。
2017年、海外の日本人起業家ネットワークである一般社団法人WAOJE設立、初代代表理事に就任。2018年、WAOJE東京支部長を務めている。
著書に「希望はつくる あきらめない、魂の仕事」(WAVE出版)

Contact

SAKO建築設計工社

北京事務所
北京市朝陽区東三環中路39号建外SOHO4号楼1103
東京事務所
東京都中央区日本橋本町3-2-12日本橋小楼301
福岡事務所
福岡県福岡市中央区大濠公園2−35−612

http://www.sako.co.jp/