EN

世界的ネットワークで
アジア言語翻訳を
ワンストップで担う

株式会社インジェスター

権 京鎬Kei(Kyongho) Kwon

取締役副社長

国内の通訳・翻訳事業では
シェアトップクラスの実績

アジアで英語の多言語翻訳を
一手に引き受ける世界的にも
唯一無二の会社を目指す

 目次

アジア言語をワンストップで対応できるステージへ

株式会社インジェスターは、2002年の設立以来、通訳・翻訳事業を核として着実に成長してきた。取り扱う言語は、英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語などの15か国語以上で制作実績を誇る。

事業領域も幅広く、翻訳部門では映画やドキュメンタリー、ドラマなどの映像作品、企業のPR・IR、教育ビデオなどの字幕翻訳や吹替(音声)制作、映像編集を手がける。また、会社案内、マニュアル、契約書、企画書、Webサイトなどのテキスト翻訳にも対応し、登録している翻訳者は500名以上に上る。

ここ数年特に注力しているのは、日本発の映像コンテンツを広く海外に紹介する事業だ。これは国が推進している事業の一環であり、インジェスターでは日本の旅番組やアニメーション、ドラマ、映画等を海外で放送できるよう翻訳字幕制作、吹替制作などを担う。

翻訳言語は、英語、スペイン語、ロシア語などで、吹替作業は日本国内ではなく海外の提携スタジオで行う。そうすることでより質の高い吹替制作が可能になるからだ。

また、提携先がない言語を依頼された場合でも、例えばクメール語の吹替制作ではカンボジアに一からローカルスタジオを立ち上げるといったように、クライアントのニーズに応える努力を惜しまない。

通訳部門では、スポーツイベント、国際会議・展示会、商談といった場での一般通訳を軸に、近年では国内の主要空港への外国人スタッフ派遣業務など広がりを見せている。スタッフ派遣サービスでは、免税店などでの通訳プロモーションを行うスタッフを派遣。単なる通訳にとどまらず、売上アップにまで貢献する人材派遣サービスとしてクライアントから高い評価を得ている。

そして、インジェスターが次なる事業拡大の分野として捉えているのが、英語の映像コンテンツのローカライズ化。英語コンテンツの多言語化のニーズに応える事業分野だ。

呉希昌(オ・ヒチャン)社長と共にインジェスターを立ち上げ、育ててきた取締役副社長・権京鎬(クォン・キョンホ)は、ここ数年の流れをふまえ、大きなビジネスチャンスがあると考えている。

2016年、ヨーロッパでハリウッドの英語コンテンツの翻訳を担っている同業企業からの訪問を2度受けた。売上規模がインジェスターの数十倍もある大企業だ。権はなぜそうした大企業が自分たちに興味を抱くのか不思議に思い、リサーチを開始。すると、英語のコンテンツを一手に引き受けて各ヨーロッパ言語に翻訳する会社はヨーロッパには数多くあるが、ワンストップでアジア各国の言語に対応できる会社は数えるほどしかないことがわかった。

「例えばアメリカの大手映像ストリーミング会社・Netflixの四半期ごとの業績レポートを見ると、2017年6月に米国国外の会員が米国国内会員数を上回っています。さらに1年後には米国国内が5700万人、国外は7200万人と差が拡大している。このように明らかに国外マーケットの重要性が増しており、その地域の言語へ翻訳をするローカライズの需要も今後ますます拡大することが予測されます。クライアントとしては、各現地で翻訳依頼をするより一手に引き受けられるところと手を結んだほうが、利便性が高いはずです。しかしながら、アジアにはそうした企業はほとんどない。その点、インジェスターにはこれまでの実績の積み重ねがあり、こうしたニーズに応え得る基盤があるのです」

インジェスターには多言語での対応実績があり、各国におけるクオリティの高い声優やスタッフとのネットワークを既に築き上げている。「アジア言語にワンストップで対応できる」存在として市場価値を高めるべく、制作体制の強化を図っている。

Profile

東京都出身。日本で教育を受けたあと、アメリカの大学へ留学。ニューヨーク州立大学で修士号取得。シカゴにてPricewaterhouseCoopers会計事務所勤務。東京事務所への転勤後、トランザクション(M&A)部門でパートナー就任。2002年、幼馴染みである呉社長とともにインジェスターを立ち上げ、現在に至る。

Contact

株式会社インジェスター

東京都千代田区五番町5-5 ヒューリック五番町ビル4F
https://www.injestar.co.jp