逆張り起業家、そしてバイアウトモデル。GAFAをベンチマークしたBtoBプラットフォームの構築を目指す

CXOバンク株式会社

中村 一之kazuyuki nakamura

代表取締役社長CEO

上場を目指さない
BtoBマーケティングのプロ

型破りな逆張り起業家
兼エンジェル投資家

BtoBインフルエンサーとして稀有な存在を確立

上場を目指さない。社員を雇わない。バイアウトモデル。起業家であれば目指すであろう目標の逆をゆく起業家。「逆張り起業家」と呼ばれるのは、CXOバンク株式会社代表取締役社長CEOの中村一之だ。

中村は、2018年8月にCXOバンク株式会社を設立。「CXO」とは、CEO・CFO・CTO・COO・CMO・CHROなど、Cが付くの役職者を指す。現在は、それら役員以上のプラットフォーム『CXOバンク』の開発運営を中心とし、その運転資金を稼ぐべく30社限定でBtoBマーケティングアドバイザリー業務も行っている。

「これまで企業は営業をして顧客を得るのが当たり前でした。しかしながら、10年以上の法人営業から学んだのは、マーケティングの重要性。顧客にとって必要なサービスを戦略的に情報発信すれば、顧客から問い合わせをしてくれる。むしろ営業して売り込まないほうが売れる時代。更に、顧客から指名してきてくれているので解約率も低くなるというメリットもあるのです」

マーケティングアドバイザリー業務として提供しているのは、Facebookを使ったSNSマーケティングだ。企業やサービスの強みを洗い出したうえで戦略を立て、中村自身がそれを発信する。その最大の強みは、中村のFacebookのつながり方にある。友達が5000名近くとなっており、そのほとんどが経営者役員。しかも上限に達しないように友達でいるべきかも毎月選定基準も設けて厳しく判断しているという。

中村の投稿は、内容が的確なのはもちろんのこと、投稿も緻密にスケジューリングされおり、なおかつ戦略的。1回の投稿で、1万人以上の経営層にリーチすることも多々ある。中にはオーガニックで5000ビューをあっさり超える動画もある。つまり、中村が発信することで企業やサービスの情報が多くの経営層の目に留まり、顧客開拓やビジネスの創出などにつながるのである。更にはCXOバンクの発起人株主には中村含め25名もが参画しており、しかも上場経営者中心に構成されているため、この発起人株主による口コミ力や拡散力も計り知れないという。

また、クライアントが主催するイベントの集客のためにも情報を発信。「中村が発信したイベントには人が集まる」と評判が評判を呼び、月に約10本、規模は30人~300人までさまざまだ。そして、とにかく時間が貴重だと考えている。多くの経営者や起業家から「会いたい」という連絡は後を絶たないが、Facebook友達からの紹介でないと会わないようにしているという。1日1アポと決め、ビジネスはFacebookメッセンジャー、プライベートはLINEに集約するなど、中村自身が決めた人との関わり方を徹底している。

Profile

CXOバンク株式会社 代表取締役社長CEO。経営者のためのプラットフォーム『CXOバンク』を開発運営。これまでにThe CFO Consulting株式会社 取締役COOなどベンチャー企業4社で役員を務め、社員50名で売上15億円、経常利益7億円のベンチャーを役員として作り上げた実績を持つ。