学生の好奇心・探求心を
呼び起こし、
社会へと送り出す

株式会社ココスペース

牧口 和弘Kazuhiro Makiguchi

代表取締役

1万人のインターン生教育の
経験を活かしたサービスを提供

「働き方の練習」を通じて
成長する喜び、人生の楽しみ方を
知ってほしい

「ビジネスの練習場」で、新卒学生を入社までに即戦力に育成

「指示されたことはこなせるが、自ら判断して動こうとしない」「頭の回転はそこそこ速いが、発想力は乏しい」「意欲がないわけではないが、がむしゃらに頑張ることはしない」

――昨今の若者に対し、そんな物足りなさを感じている経営者や教育担当者は多いだろう。

この課題に対し、「ビジネスの練習場を創る」という取り組みによって変革を図っているのが、株式会社ココスペース代表取締役・牧口和弘だ。

ココスペースのもともとの事業は、Webシステム開発、Webサイト制作、Webサーバーホスティング、広告・デザイン制作など。特徴的なのは、年間3000人以上ものインターンを受け入れている点だ。同社では10年ほど前からインターンシップ制度をスタートし、インターン生を教育した実績は累計1万人以上。その経験によって蓄積したノウハウを他社に提供するべく人材育成事業に乗り出し、2018年、『ビジれん』をリリースした。

『ビジれん』はITを活用した中長期インターンシッププログラム。幅広い職種を対象に、単なる「就業体験」ではなく、学生を入社時期までに即戦力に育てるのを狙いとする。

プログラムの中での学生の行動・発言をチェックして内定候補を決めることができるほか、学生と企業の間に生じやすいギャップを事前に埋めておくことで、内定辞退や入社後の離職を軽減するメリットもある。なお、学生に限らず、小学生から新卒社員、役員クラスまで、広い年代を対象とした研修で活用されている。

牧口が目指すのは、企業の人材獲得・育成支援だけではない。人が自ら「学びたい」「成長したい」という好奇心や意思を持ち、働くこと、ひいては生きることそのものに喜びを感じられるようにしたい、と言う。

「日本はモノやサービスが溢れている豊かな社会です。それにも関わらず『幸福度』は先進国の中でも最低レベル、さらに途上国にも劣っている。日本人が幸福度の高い人生を歩めていないのは、教育に問題があると思っています。その構造を変えたいんです」

牧口は幼い頃から物事に対し「なぜこうなのか」と探る癖があったという。ハマった漫画は『名探偵コナン』や『金田一少年の事件簿』。読みながら犯人やトリックを推理したが、なかなか当たらない。思いもよらなかった真実に触れて世界が広がるのが楽しかった。

中学時代には、数学に興味を抱いた。「証明」を学んで謎解きの根本理論を知ると、「方程式を使って問題を解く」より「なぜこの方程式になるのかを解く」ことに夢中になった。試験では定番の方程式を使わず、根本理論を使って問題を解いたため、教師が理解できず採点してもらえなかったこともある。

高校卒業後は、幼い頃から親しんできた音楽の道に進みたいと考え、音楽専門学校へ。ドラムを専攻し、卒業後はドラム講師を務めた。しかし、音楽業界は斜陽。成長分野で新たなスキルを身に付けようと、IT業界に目を付けた。

Webシステム開発会社にアルバイトとして入社し、プログラミングから営業まであらゆる仕事をこなした。自ら顧客開拓に動き、入社半年後には数百万規模の案件を獲得するように。しかし周りを見渡すと、自分のように主体的に動く社員がいないことに気付く。

「自分にとっては好奇心を持ってやりたいことに挑戦するのは当たり前のこと。でも、皆はそうじゃなかった。大学で時間もお金もかけて高等教育を受けてきた人たちが、なぜ意欲を持てないのか不思議でしたね。頭がいいわけでもなく、むしろ劣等感を抱えて社会に出た僕のほうが行動できているのはなぜなんだ、と」

インターン生を受け入れるようになると、一流大学に通っているのに就職活動で苦戦する学生たちに出会った。さらに社会に目を向けると、ニート生活を続ける人、就活や仕事の失敗が原因で自殺する人も多い。日本社会の「幸福度」の低さをまざまざと感じた。

自分はこれまで好き放題やってきて、今もやりたい仕事をして稼げている。それができていない人と何が違っているのか。自身の生い立ちを振り返ると、答えが見えてきた。

Profile

1982年、大阪府生まれ。両親が音楽好きだったことから、幼少期から音楽に親しみ、音楽専門学校へ。卒業後はドラムの講師を務める。2006年、株式会社ココスペースにアルバイトとして入社。プログラミングから営業まで幅広くこなす。2012年、代表取締役に就任

Contact

株式会社ココスペース

大阪市北区中之島4-3-25 フジヒサ中之島ビル 11F

http://cocospace.com/