すべての仕事は「人」で決まる。会社以前に〝あなたと取引したい〞と言われる人材になろう

国際産業技術株式会社

立花 和昭Kazuaki Tachibana

代表取締役社長

複数メーカーを組み合わせるマルチベンダーに強み

当社KSG(国際産業技術)は最先端のIT製品やシステムを駆使したソリューションをもって、企業の課題を解決し、“国内企業を活性化するIT専門商社”です。特にサーバに関しては日本で唯一、実店舗でのサーバ専門店を運営しています。日本ではパソコンを導入する時にはSIer(エスアイアー)と呼ばれるコーディネーターが提案するのが一般的で、サーバを買いに行くという習慣があまりありません。SIerはメーカーの関連会社に所属するケースが多く、基本的には自社グループ製品でコーディネートするので、A社のサーバにB社のメモリーを入れるなど、複数のメーカーの機器を組み合わせて使用するマルチベンダーは、ほとんど普及していません。

世界に比べて10年遅れていると言われる、日本のIT市場。その理由のひとつはこうした業界の閉鎖性にあります。マルチベンダーには安価で優れた製品をセレクトできるという、コスト的なメリットも大きいのですが、複数メーカーの機器を組み合わせて不具合が起きた時に、誰が責任を取るのか、という部分がネックとなり、日本では広がりませんでした。

当社の強みはその慣習にとらわれず、国内外問わず世界中の優れた製品を選び抜き、オーダーメイドでクライアントに最適なIT環境の実現を追求していることです。しかも、SIerは提案だけで30万〜40万円くらいの費用がかかりますが、当社の実店舗では無料でご相談を受け付けています。

当社はソフトウェアからハードウェア、ネットワーク・サーバにいたるまで、多岐にわたる商品を取り扱い、国内の大手法人、ベンチャー企業、教育・公的機関など、幅広いクライアントに貢献し、急成長を遂げています。面接などで学生から「今はクラウドが主流でハードウェアを使わない時代になっていますが、御社のビジネスモデルはどうなのですか?」と質問を受けることがありますが、当社の年間サーバ販売数は8500台です。純正なメーカー品に他メーカーのパーツを組み入れるマルチベンダーで、リーズナブルな価格を実現。保守も当社で受けるので、メーカーの保守がなくても安心という、新しいビジネスモデルでニッチなマーケットを開拓しています。日本全体の販売数は50万台なので、その2%弱をこの規模のベンチャー企業が担っているのはすごいことだと、お客様からも言っていただいています。

国際産業技術株式会社 代表取締役社長 立花 和昭

Profile

専門学校卒業後、防災機器メーカーに就職。同社に3年間勤務の後、経営者を志して、創業期の当社へ入社。プログラマーや営業などを歴任した末、2013年に創業者からバトンを受け継ぎ、代表取締役に就任。パソコンやサーバ機器を販売するコンピュータショップ「otto」のブランドを築き、サーバ販売台数8000台の国内有数ブランドへと成長させる。また、新卒採用制度を導入するなど、会社の成長に向けた改革を次々と断行。現在は年商50億円の目標達成に向け、日々奮闘している。

Contact

国際産業技術株式会社

東京都千代田区神田錦町1-1 神田橋安田ビル
http://www.ksgnet.com