世の中のあらゆる
〝なりたい〟に向き合い、
本気で実現する会社になる

株式会社ビーボ

武川 克己Katsuki Takegawa

代表取締役社長

ECベンチャーから
次のステージへ

「お客様の目的達成」にこだわり
アプリやAI開発なども展開

 目次

『〝なりたい〟に本気』というビジョン実現に向けて

世の中には多くの〝なりたい〟が溢れている。「モデルのような体型に〝なりたい〟」や「信頼されるリーダーに〝なりたい〟」、「経営者に〝なりたい〟」という人もいる。

『〝なりたい〟に本気』――そんなビジョンを掲げているのが株式会社ビーボだ。

代表取締役社長の武川克己は語る。

「〝なりたい〟が叶えば、また次の〝なりたい〟が見えてくる。一つひとつ実現していくことで、人も世の中も、より幸せな状態に導かれていきます。だから、ビーボは 〝なりたい〟に妥協しない。お客様の、そして自分たちの〝なりたい〟を実現していきます」

「一人ひとりに存在する幸せの道をつくる。幸せを運ぶブルービー(青いミツバチ)のように」をミッションとし、「Blue Bee One」から「Bbo」を社名とした。

「〝なりたい〟に本気」というビジョンは、このミッションを実現するために自分たちのあるべき姿を社員が考えたもの。

このビジョンの実現に向け、D2C事業・メディア事業・コンサルティング事業などの多角展開だけではなく、台湾やフィリピンに支社を構えるなど、グローバル展開も加速している。さらに、第9期中には、新たなテクノロジー領域の事業も複数立ち上がる予定だ。

しかし、あくまでも「事業は手段である」と武川は言う。

目指しているのは『〝なりたい〟に本気』というビジョンの実現。現在、これらのビジョン達成に向けての組織づくりや新規事業の立ち上げに注力している。

「人が”モノ”を購入するという行為には、必ずその先に目的が存在します。私たちが提供すべき体験価値は、商品の先にあるお客様の目的達成であり、お客様の〝なりたい〟を実現していくこと。商品として提供する”モノ”は、目的達成に至るための一手段でしかないのです。〝なりたい〟に本気というビジョンの実現だけにこだわっています」

株式会社ビーボ 代表取締役社長 武川 克己

Profile

1984年、京都府生まれ。大阪経済大学在学中、立ち上げ間もないベンチャー企業に参画。卒業後も約1年間経営に携わった後、同社をクローズして上京。デジタルマーケティング会社でネットを使った事業企画・集客などに従事後、2010年に株式会社ビーボを設立。DtoC事業を開始して3年で月商1億円の商品を4アイテム作り上げるなど、結果を出し続ける。
現在はDtoC事業やメディア事業の拡大に加え、カスタマテック企業として、テクノロジーを活用したWEBアプリ事業の開発にも力を注ぐ。

Contact

株式会社ビーボ

東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル5F

http://bbo.co.jp/