日本とアジアの懸け橋に。
「おもてなしの精神」を
通信販売で世界に届ける

アジアンブリッジ株式会社

阪根 嘉苗Kanae Sakane

代表取締役

アジアマーケットへの通販支援サービスで
ナンバーワンの実績

台湾で生まれ、6歳で日本へ。
アイデンティティの悩みが気付かせてくれた使命

日本企業ならではの良質な通販サービスを海外へ

日本の通販サービスはすごい。宅配便はほぼ時間通りに届き、段ボールは開封しやすく、個人情報が書かれた宛名ラベルはなめらかに剥がれる。商品は緩衝材で丁寧に梱包され、感謝の手紙が同封されていることも。そんなサービスを見た海外の人々は皆驚くという。

アジアマーケットへの通販支援サービスでナンバーワンの実績を持つアジアンブリッジ株式会社代表の阪根嘉苗は、日本のサービスの質の高さを絶賛する。

「ずっと日本で暮らしている人は、日本のサービスやおもてなし精神がいかに素晴らしいか気付いていないかもしれません。私は台湾人として生まれました。だからこそ、外国人に響くポイントや商品の魅力を引き出し、伝えることができると思うのです」

日本企業は、海外に向けて自社商品を拡販するため「越境EC」(国際間のインターネット販売)に取り組んでいる。その多くは、海外から注文が入ってから、都度日本から発送するスタイル。日本でいう「楽天」や「Amazon」のような、現地のネットショッピングモールに出店したくても、日本企業にとってかなりハードルが高いのが現実だ。まずは言語の壁、それから法律関係や文化の違いが、海外進出の障壁として立ちはだかる。

現地モールに出店するには現地法人を作る必要がある。決済と物流のハードルも越えなければならない。代金引換が主流の国があったり、フィリピンの島々には住所が定まらないエリアもあったり。バイク便ドライバーが商品をネコババすることも珍しくない。

そこで活躍するのがアジアンブリッジの通販支援サービスだ。同社ではクライアントの受注から決済、配送までの一連の業務をサポートする。日本企業が自社で海外向け通販を行う場合、例えばお客様からの問い合わせ一つとっても、外国語で対応するとなるとスピードが落ちてしまう。政府への申請や輸出入の許諾申請も、単独で行おうとすれば途中で心が折れてしまうことだろう。アジアンブリッジはそんな面倒を一括で担っているのだ。

また、「初期費用の安さ」も同社の強み。多くの越境EC支援サービスでは、数百万円の初期費用がかかるケースが多い。売れないリスクがあるからだ。しかしアジアンブリッジはクライアントに初期費用を課さず、その代わり「成功報酬」という形で仕事を受け、毎日の受発注から顧客問い合わせまで現地の販売にまつわる全てを行っている。

「お客様の商品が売れなければ、当社も一緒に沈没するんです(笑)。だからこそ、命がけでサポートします。お客様と二人三脚で、商品の命名、キャッチコピーの制作、価格設定など、初期段階から伴走します。その商品の特徴や魅力をどのような形で打ち出せば海外の消費者に響くのか。そのポイントを引き出すことにこそ、私たちが介在する価値があります。作り手の想いを海外の人々にしっかりと伝えたいんです」

Profile

1979年台湾高雄市生まれ。小学生のときに日本に留学。台湾で会社経営する両親の影響により、幼い頃から自らも経営者を志す。早稲田大学大学院卒業後、多くの経営者に出会え、かつ営業の経験を積みたいという思いから、株式会社リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)に入社。新規開拓営業を得意とし、年間100社以上の新規企業を開拓。その後、幼い頃からの夢であった台湾と日本の懸け橋となるべく、2010年にアジアンブリッジ株式会社を設立。現在は化粧品や健康食品、Web事業のローカライズを中心に、これまでのべ200社以上の進出支援を行う。

Contact

アジアンブリッジ株式会社

東京都千代田区三崎町1-4-17 東洋ビル11F

http://www.asian-bridge.com/