コール=対話の力と
多角的なソリューションで
顧客の喜びを創造する

コールフォース株式会社

星野 純一Junichi Hoshino

代表取締役

メンバーの成長が
会社を動かし、日本を動かす

独自のインターン採用で
学生に唯一無二の価値を提供し
神奈川一の人材輩出企業へ

顧客の利益のため複合的にソリューションを提案

業務効率化を目的としたコンサルティングサービスを展開する会社は、数多く存在する。横浜に本社を置くコールフォース株式会社もそのひとつだ。しかし、代表取締役の星野純一は、「『唯一無二への挑戦』にこだわって事業展開をしていく」と力を込める。

コールフォースの中心となる事業は、幅広いジャンルのソリューションを用いて企業の成長に貢献する「ビジネスソリューション事業」。中でも最も得意とするのが、ネットワーク構築とITを重ねたソリューションの提案だ。その強みは、ネットワーク構築とITのどちらか一方だけではなく、両翼から課題にアプローチできること。インフラやネットワークをしっかり構築し、その上で的確なITソリューションを実施していくことにより、システムの定着運用と、顧客の業務生産効率の最大化が見込める。

コールフォースのもうひとつのメイン事業が、インターネットサービスの販売だ。電話でのアプローチで顧客を開拓し、インターネットサービスの提案にとどまらず、電気、ガス、携帯電話といった一般家庭のインフラサービスを複合的に提案する。

販売サービス最大の特徴は、家庭へ赴いて説明と提案を行う訪問サービスを徹底していること。インフラの使用状況を詳しくヒアリングし、顧客一人ひとりに合ったサービスの組み合わせを提案して、コストダウンを図る。各サービスを見直した結果、一般家庭で月1万円の料金を削減できることも珍しくない。

交通費や人件費をかけてでも、家庭へ訪問して説明を行うことには理由がある。電力の自由化が進み携帯電話にもさまざまな企業が参入する中で、インフラの料金を抑えるためには、一人ひとりの使用状況に合ったサービスを組み合わせで選ぶことが重要だからだ。

「お客様に直接お会いして、2時間くらい時間をかけて説明します。インターネットサービス販売はほんの一部のソリューションであって、僕たちの目的は複合的な提案でお客様のコスト削減に寄与すること。『携帯電話ショップでは、料金は下がらないって言われたよ』という方が多いんですが、そういうお客様ほど、全体を見直せば下がるんですよね。細かいヒアリングとベストな組み合わせのご提案は、電話だけではできません」

企業、一般家庭、そのどちらにおいても、顧客の業務効率化やコスト削減をミッションにサービスの幅を広げてきたコールフォース。そのほか、営業コンサルティングや集客コンサルティング、マーケティングソリューション、メンバーの能力開発に至るまで、多角的なソリューションで顧客に寄り添っている。

Profile

1989年、神奈川県横浜市生まれ。高校在学中に、バイクやパーツの塗装ビジネスをスタート。大学在学中、セールス会社にインターンとして入社し、支店1号店の所長を務める。大学在学中の2011年9月13日、コールフォース株式会社を設立。2014年に代表取締役に就任する。その後システム開発会社、選挙支援事業、インターネットサービス事業会社、インターン生専門会社を次々と設立。20億円企業まで成長させる。

Contact

コールフォース株式会社

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル9F

https://c-force.co.jp/