会社も個人も、個性が大切。「自分らしさ」を信じて夢をつかみ取ろう

INSIGHT LAB株式会社

遠山 功Isao Tooyama

代表取締役会長CEO

 目次

技術だけでなく、個性や人間力を引き出したい

当社は社員の7割以上がエンジニアという技術者集団です。エンジニアは職人気質の人が多く、自分の技術力を生かせるものづくりが好き。黙々と仕事に取り組んで成果を出すのが得意である一方、集団の中で自分の色を出すのが苦手な傾向にあります。

日本人はどうしても他者と違うことをすることに抵抗があり、標準化に走りがちですが、自分自身の強みを生かしていくためには「個」の力が欠かせません。エンジニアといえば技術力、という昔ながらの伝統とも言える部分を変わらず大切にしながらも、一人ひとりの個性や人間力を伸ばせる環境づくりをしていくことが、現在の当社には必要であると考えています。 こうした考えの源には、プログラマ出身という私自身の経歴があります。高校で情報学科に進み、プログラミング漬けの毎日を過ごしました。高校を卒業する頃には10種類ほどのコンピュータ言語を使えるようになり、パソコンゲームを作るのに熱中。大学は数理学科に進んで、得意だった数学とプログラミングの理解を深めていきました。

このころは、「自分の会社を作りたい」という目標が明確になった時期でもあります。小さいときはみんな、「パイロットになりたい」とか「サッカー選手になりたい」という夢を持っていますよね。私は幼いころに見たドラマの影響で、漠然と「社長になりたい」と思い続けていました。

一方で、教師であり税理士でもあった父のあとを継ぐべきではないかと心のどこかで思ってもいたんです。特に兄が教師の道に進んでからは、自分には税理士が残されたと感じて、簿記の勉強もしていました。

しかし、やはり私の個性や適性とは違っていたのでしょう。畑違いという感覚が抜けず、原点である「社長」という夢に立ち戻ることになりました。経営者としては異色である「プログラマ出身」という経歴も、私の個性のひとつ。「自分らしさ」を信じて夢をつかみ取った自分の経験に照らして、社員たちには自分の弱みを潰すことより強みにフォーカスすることに力を入れてほしいと思っています。「個」を伸ばすための具体的な施策として、社内にはフリーアドレス制を取り入れています。エンジニアはつながりを求める習性があり、ひとつの環境に慣れ親しんでしまうと、変化があったときに柔軟な対応ができなくなってしまいます。席を定めず、あえて「個」を意識させることで、どのチームでも同じパフォーマンスを発揮してもらえるようにしました。

さらに、「ETP=エンジニアタレントプログラム」という制度を導入。エンジニアは一人ひとりがタレントであるとして、上下関係をなくすという取り組みです。役割によって与えられる名称は「リーダー」と「メンバー」「トレーナー」のみで、階層は存在しません。一見すると自由で楽なようですが、エンジニアのアイデンティティの確立、人間力の伸長を目的とした自由なので、自立性や自発性のある「個として成長したい人」でなければ残っていけないという厳しさもあります。

アイウェイズコンサルティング株式会社 代表取締役社長 遠山 功

Profile

1977年生まれ、東京都出身。高校時代から多数のプログラミング言語を修得。さまざまなプログラム開発も手掛ける。2000年に東京電機大学を卒業後、システム開発会社に入社。その後、CRM・データベースマーケティングを支援する会社でマネジメントを経験。2005年にアイウェイズ株式会社(現INSIGHT LAB株式会社)を設立し、代表取締役社長に就任。2018年3月代表取締役会長CEOに就任。ITコーディネータ(経済産業省推進資格)、PMP(米国プロジェクトマネジメント協会認定)、ITIL(英国政府機関認定)などの資格を持つ。2013年度より東京電機大学非常勤講師を務める。

Contact

INSIGHT LAB株式会社

東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル23F
https://www.insight-lab.co.jp/