新しい価値基準を創造し、
すべての人の適材適所を
実現させる

ディグ株式会社

守岡 一平 Ippei Morioka

代表取締役

エリート街道から一転、
何度も挫折を味わって得た
逆境に立ち向かう力

メッセージ発信基地として
会社を成長させたい

 目次

人とエンターテインメントを軸に事業に取り組む

人材×エンタメという切り口で、人材業界に新しい価値基準を創造することをコーポレートミッションとしているのが、ディグ(DiG)株式会社だ。代表取締役の守岡一平のもと、キャリアアドバイザーや営業、​マーケタ―として18名が働いており​、​その過半数が​20代である。女性学生向けの就活メディア『Kichonavi(キチョナビ)』とアルバイト求人サービス『Crumi(クルミ)』の​運営において​、​ユーザーと年代の近い若手社員が自らの経験と重ね合わせて発信することにより、深い​共感​の獲得につなげている。

守岡によると、​就活生の中でも女性の悩みは細部に渡るという​。​例えば​、「どんなメイクをして就活をすればいいのかわからない」など、メイクや服装に関する悩みも多いようだ。そこで『Kichonavi』では、就活用メイクの方法など、​女性​ならではの視点から疑問解消や不安払拭につながる記事を掲載している。その結果、ユーザーからは「迷いなく就活を始められた」という声が寄せられ、自信を持って就活に臨む後押しになっている。また、Kichonaviの企画として、内定を獲得すれば卒業という女性就活生5人組の就活アイドルグループ『キチョハナカンシャ』を​プロデュース。​現役就活生として、選考途中で落とされたときの​モチベーション維持方法など実践的な内容を発信し、就活生の​支えとなるべく活動しているのだ。

また、アルバイト採用でも店舗側、求職者側ともに悩みが多い。「​お店のコンセプトにマッチした人が雇えない、ミスマッチの面接が多い」と悩む店舗と、「働きたいお店が少ない、面接時の連絡が面倒」と悩む求職者。その両方を解消するのが『Crumi』だ。​求職者​が応募するまでの流れをチャットボットで簡略化し​、スマホ​世代​にマッチしたスムーズな​コミュニケーション​を可能にした​。さらに、店舗写真の撮影をインスタグラマーがおこない、Instagramを意識したいわゆる「映える」画面作りもCrumiの特徴だ。「おしゃれなお店で働きたい」という求職者​の理想を実現するため、働くイメージやスタイルを重視し、追求したサービスである。サービス利用者からのリアルな声を聴き、守岡は手応えを掴んでいる。

「求職者側からは『​お店の雰囲気から検索できる​』『​チャットで気軽に連絡が取れる』、店舗側からは『欲しい人材と出会えた』『インスタグラマーの写真のおかげで集客力も上がった』というお声をいただくようになりました。求職者側からも店舗側からもよろこびの声を聞けたのは、嬉しかったです。両者の利害が一致し、利益につながるようなマッチングをすることができているのではないか、と思っています」

Profile

明治大学商学部商学科 卒業 新卒にて株式会社ホリプロ入社。タレントマネジメントに従事。株式会社マイナビに中途入社し、新卒採用のコンサルティングに従事。500社以上の新規開拓を行い、当時最年少営業部長に抜擢される。7期連続で個人だけでなく部署でも表彰される成績を残す。2016年ディグ株式会社設立。代表取締役就任。

Contact

ディグ株式会社

東京都渋谷区宇田川町10番2 いちご渋谷宇田川町ビル 9階
https://diginc.jp/