アイウエアを通じて
人々の人生を豊かにする
「Magnify Life」を実現

株式会社ジンズ

田中 仁Hitoshi Tanaka

代表取締役CEO

『JINS SCREEN』や『JINS 花粉CUT』など
業界の常識を覆す発想で
「機能性メガネ」の分野を確立

「挑戦」と「革新」を続け
まだ見ぬ世界を創造する

ビジネスはクリエイティビティ。まだ見ぬ世界の創造こそがおもしろい

競合ひしめくメガネ業界において国内トップのシェアを誇り、2018年の年間販売本数は604万本を超え、増収増益を続けている「メガネ業界の雄」。それが、代表取締役CEOの田中仁(ひとし)率いる株式会社ジンズ(JINS)。数々の競合を抑え、ジンズが支持されている理由を田中はこう語る。

「メガネの既存概念を大切にしながら、メガネの新たな価値を創造する。メガネを通じて新たなライフスタイルを生み出し、製品やサービスを通じて提供する。私たちがそんなチャレンジ精神をずっと持ち続けていることに、多くのお客様が共感してくださっているのではないかと思います」

現在、ジンズの主力製品となっているのは、メガネの新しいスタンダードを築いたプロダクトばかりだ。例えば、軽量メガネの『Airframe』。医療用素材を用いることで、従来の「重い・窮屈」といったメガネのマイナスポイントを解消。軽いかけ心地とオシャレなデザインで、「軽量メガネ」という新しい分野を確立した。また、PCやスマートフォンを使用する人に向け、ブルーライトから眼を守る『JINS SCREEN』(旧・JINS PC)を開発。ブルーライトによる眼の負担を感じていた多くのユーザーから支持され、ジンズの代名詞的製品として広く知られるようになった。他にも、眼から入る花粉を最大98%カットする『JINS 花粉CUT』、眼の周りを保湿する『JINS MOISTURE』など、視力に問題がない人でも、メガネをかけることで、外的環境から眼を保護できるラインナップだ。

ジンズの挑戦はこれだけにとどまらない。現在も学術機関やパートナー企業、専門医と連携し、さまざまな研究を行いながら、メガネの可能性を追求している。

近年、田中が「社会的意義が大きい」と考え、新たに発売したのがバイオレットライト透過レンズ『JINS VIOLET+(プラス)』だ。

太陽光に含まれるバイオレットライトは子どもの目にとって必要な光であると言われており、「JINS VIOLET+」はバイオレットライトを選択的に透過することができる。

一方で、AIやウエアラブルデバイスといった最新のIT技術を用いたサービスにも積極的に取り組む。AIを用いた『JINS BRAIN』は、メガネの似合い度を判定する世界初のメガネのレコメンドサービス。お客様の「似合うメガネがわからない」といった悩みを解決するため、店頭やオンラインショップで活用されている。ウエアラブルデバイスの『JINS MEME(ジンズ・ミーム)』は、フレームに独自開発のセンサーを搭載し、黒目の動き、瞬きの回数や強弱などを検知。それらを総合的に判断することで、作業中の集中度合や運転中の眠気、歩行バランスなど、ココロとカラダの状態を「可視化」できる。ランニングやドライブ用のアプリケーション、医療分野への展開も見込まれ、世界からも注目を集めている。

田中は、この『JINS MEME』の開発からヒントを得て、2017年、科学的根拠に基づき集中に必要な要素を取り入れた会員制ワークスペース「Think Lab」を開設。利用者からは「自然に集中状態に入ることができる」などと好評。この取り組みは大手企業からも注目され、社内に「Think Lab」を設置する企業も登場している。

「人がやらないことをやるのが、ジンズ。私たちは、新しい体験の創出に価値を見出しているのです。ビジネスは“イマジネーション”と“クリエーション”、この2つの力を駆使しないと、絶対に成功しない。ビジネスを『商い』ではなく、クリエイティブと考えるとすごくおもしろい」

Profile

1963年群馬県生まれ。1988年株式会社ジェイアイエヌ(現:株式会社ジンズ)を設立し、2001年アイウエア事業「JINS」を開始。2013年東京証券取引所第一部に上場。

慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科 修士課程修了。

Contact

株式会社ジンズ

1963年群馬県生まれ。1988年株式会社ジェイアイエヌ(現:株式会社ジンズ)を設立し、2001年アイウエア事業「JINS」を開始。2013年東京証券取引所第一部に上場。

慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科 修士課程修了。