医療を軸に、
笑顔で出産や育児ができる
社会の実現を目指す

有明こどもクリニック

小暮裕之Hiroyuki Kogure

理事長 有明院院長

「子育て環境の改善」により
少子化問題の根源の解決に挑む

クリニック無料譲渡システム、
フランチャイズ開業支援など
医師の開業を成功に導く

来院者数・年間10万名。3年で300%アップを実現

「大病院で豊富な実績を積んだ医師でも、独立開業すると失敗してしまうことが多い。それはなぜなのか」――その答えと医師の開業成功のためのノウハウが一冊の本になった。
『失敗を経て来院者数300%アップさせた院長が教える クリニック経営の成功法則』。
Amazonの「経営理論」カテゴリーで一時1位にランクインしたこの本の著者は、小児科医であり、『有明こどもクリニック』の理事長兼有明院院長を務める小暮裕之だ。

小暮は総合病院国保旭中央病院、国立成育医療研究センターなどでの勤務を経て、医師になって8年目に独立開業。2010年に有明院を開業後は、保育園の園医や小学校の校医も務めながらクリニック運営を行い、2016年に豊洲院を、2018年に中央区で勝どき院を開業した。
現在、グループ全体の来院者数は3年前に比べて300%アップとなる年間10万名。常勤5名、総勢30名以上の小児科専門医が在籍するほか、看護師、医療事務、管理部門スタッフを含めると総勢70名となり、「子どもの健康を願う、働くパパとママ」にとって欠かせない存在となっている。さらには「病児保育」の拠点整備にも力を注ぐ。

「ここまで拡大するプロセスでは、組織作りでつまずいたこともありました。私がそこから何を学び、どんなことを実践して成功につながったのかを伝えたいと思い、本を出版したのです。そしてこの本をきっかけとして、私たちの理念に共感してくれる仲間と出会えることも期待しています」

小暮は、三兄弟の長男として埼玉県春日部市に生まれた。両親は獣医。自宅1階の病院では、両親のほか5人ほどの獣医師が働いていた。幼い頃から面倒見が良く、両親が仕事をしている間、進んで妹たちの遊び相手をしていたという。小さな子どもをかわいがり、その世話をいとわないという小児科医の気質は、この頃に芽生えたのかもしれない。

「階下の診療室からは『うちの大切な子。治してくれてありがとう』『お世話になりました』といった飼い主さんの感謝の声が聞こえてきました。幼心に、仕事をすると人に喜んでもらえるんだなと感じ、自分も『感謝を生む仕事がしたい』と思ったのを覚えています」

もう一つ、仕事観に大きな影響を与えたのが、小学校5年生のときに経験した祖父の死だ。体調不良を感じて受診した最初の検査では異常が見つからず、2回目に検査をしたときにはすでに胃がんが進行していた。これが初めて経験した「大好きな人の死」だった。最初の検査で発見できていたら、祖父は助かったのではないか――。その想いは、医療の世界を志す大きなきっかけとなった。
医学部に進み、実地の学習をするために研修医として籍を置いたのが旭中央病院(現・地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院)だ。当時の研修医制度は現在とは異なり、研修医自身が学びたい診療科を選ぶスタイル。小暮は内科、小児科、耳鼻科、精神科、麻酔科、整形外科、脳神経外科、集中治療室と、あらゆる診療科を選び、幅広く学んだ。

「動物のさまざまな疾患を診ていた両親のイメージが頭にあったのでしょう。診療科によらず『人を診る』のが医師であり、何でも診ることができる医師であるべきだという思いから、できる限り多くの診療科で学ぼうと考えたのです」

小暮 裕之さんの著書

  • 失敗を経て来院者数300%アップさせた院長が教える クリニック経営の成功法則

Profile

2003年、獨協医科大学卒業後、総合病院国保旭中央病院に臨床研修医として勤務。2005年より国立成育医療研究センター総合診療部レジデント。2008年、総合病院国保旭中央病院に戻り、小児科医を務める。2009年、同院の主任医員、国立成育医療研究センター 放射線診療部放射線診断科の臨床研究員を併任。2010年、有明こどもクリニック有明院を開業し、2016年に豊洲院、2018年には勝どき院を開業。「笑顔で安心して出産や子育てができる社会を創る」を理念として、多院展開を図っている。

Contact

有明こどもクリニック

https://child-clinic.or.jp/
<有明院>東京都江東区1-4-11 ブリリアマーレ有明クリニックステーション1F

無料Webセミナー「開業して破産する人の5つの間違い」
https://kaigyo-guideline.com/lp/