研修講師として、
プロのエンジニアを育成。
「社会貢献できる誇り」を
伝承していく

ネットビジョンシステムズ株式会社

飯塚寛也Hiroya Iizuka

人材開発室兼NWソリューション部 課長

「営業」には自信がなかった。この仕事には向いていた

ネットビジョンシステムズの研修を一手に担う『人材開発室』。

同部署では未経験からネットワークエンジニアを育て、資格取得や就職をサポートしている。研修修了後の生徒の技術力は高く評価され、IT企業からの研修依頼も多い。専任講師を務めるのは、現役ネットワークエンジニアとしても活躍する飯塚寛也だ。

飯塚が最初に「通信」に興味を抱いたのは、前職で携帯電話の販売をしていたとき。扱っていた携帯のキャリアが、他社と違い、災害時でもつながりやすかった。東日本大震災の発生から間もない時期だったこともあり、通信の重要性を認識し、興味を持った。

その後、知人に誘われ、ネットビジョンシステムズに入社。「手に職をつけたい」という気持ちもあり、未経験からネットワークエンジニアを目指すことに決めた。

実際に働き始めると、企業の裏側にあるネットワーク機器などに触れることが増え、「すごく面白い」と惹きつけられた。通信自体がなくてはならないインフラであり、社会を支えていることを実感した。そして「この仕事は自分に向いている」と感じたという。

実は飯塚は、携帯電話の販売をする前、大手生命保険会社に勤務していた。「大手だから」という理由だけで選んだ仕事だった。しかし、営業として働く中で、なかなか自信を持てずにいた。周囲で高業績を挙げているのは、お客様一人ひとりの価値観や好みをつかみ、相手の気持ちをいち早く察するのに長けた人たち。「営業は天性のセンスがものをいう。自分にはそのセンスがない」と感じていたのだ。

その点、エンジニアの仕事は、知識や技術を学んだ分だけ、仕事に直結するスキルが身に付く。もともと勉強が好きな自分が、力を発揮できる分野だと確信した。

基礎的な資格『CCNA』を取得後、当時、社内では20代で上級資格の『CCNP』を取得した者はいないと聞くと、「自分が一番に取る」と決め、一念発起。勤務時間以外のほとんどを勉強に充て、短期間で合格を果たした。現在も学び続け、ネットワーク系資格で最上級の『CCIE』の筆記試験まで合格している。

スピーディに資格試験を突破した実績が認められ、飯塚は人材開発室の専任講師に抜擢された。しかし、評価されたのはそれだけではない。営業に苦手意識を持ってはいたが、常駐先のお客様と信頼関係を構築できていた。常に相手を尊重しながら先回りして行動する姿勢が、お客様から高く評価されていたのだ。

講師に就任してからは、「実践」と「アウトプット」を重視。実際のネットワーク機器に触れる実習や、その日に学んだ内容を自分で説明させるアウトプットの時間を設け、受講生の知識の定着を目指している。受講生を飽きさせないよう、小ネタを挟むなどの工夫も欠かさない。研修を終えると、受講生たちは、1ヵ月前には想像がつかないほど見違えるという。生徒たちが専門用語を使いこなしながら説明する姿を見たときが、最もやりがいを感じる瞬間だ。

そして、自分自身もエンジニアとしての向上を忘れない。教科書どおりに教えるだけではなく「リアルな仕事現場」も伝えられるよう、時間が許す限り現場にも携わっている。

「当社は『出る杭を引っこ抜く』風土。やる気次第でさまざまなチャンスがあり、意見が通りやすい。今後はより上級の『CCNP』『LPIC』の各講座や基本情報技術者試験、ネットワークスペシャリストといった国家資格系の講座を増やし、講師としても難易度の高い資格取得に挑戦したいです。ネットワークエンジニアは、一般的なイメージよりもずっとクリエイティブで人間力も問われる。自分が創ったネットワークが実社会で運用されているのを見ると、誇らしく、使命感を抱きます。社会貢献できる仕事、それをリアルに感じられる仕事であることをより多くの人に伝えていきたいですね」


Profile

東京都中野区新井1丁目26−6 いちご中野ノースビル 5F

https://www.netvisionsystems.biz/

Contact

ネットビジョンシステムズ株式会社

インタビュー・編集/青木典子、高橋奈巳 撮影/平山諭