「ワクワク感」を大切に
楽しいことを仕掛けたい。
新規事業展開も進め、
新たなステージへ

株式会社アルサ/株式会社ホウエイ

中田 大史Hiroshi Nakata

代表取締役社長

議員秘書としての修業を経て
二代目社長に就任

教育にも注力。
社員が自ら考えて行動を起こし、
キャリアプランを描ける体制をつくる

アルサグループが築いてきた事業を進化させていく

アルサグループ創業者・中田春昭の長男である中田大史。2011年、株式会社アルサほかグループ会社の社長に就任した。

父が築き、拡大してきた事業の数々を進化させる。さらに新たな市場ニーズに応える新規事業を生み出し、次世代へつないでいく――それを自身の使命だと感じている。

大史は大学を中退し、アルサに入社した。しかし、入社2年目より3年半の間、外部に修業に出ていた期間がある。その間に務めたのは政治家の秘書業務だ。

「正直に言うと、20歳そこそこで当社に入社した時点では、高い志を持っていたとは言えませんでした。でも、外の世界での経験を通じ、仕事において大切なことを学べた。そして、経営者として目指すべきことが見えてきたんです。父が築いてきたアルサグループを、守るべきところは守り、時代に応じて変えるべきところについては新たなチャレンジをしていきます」

子どもの頃の大史の目に映っていた父・春昭は、優しく、いつも冗談ばかり言っていた。会社経営のストレスやプレッシャーも感じていたに違いないが、家庭で仕事の話をすることはなかった。仕事で家を空けることが多かったものの、家にいるときは大史と遊んだり、海に連れていってくれたりした。「いずれ会社を継げ」と言われたことはない。しかし、大史は何となく、自分が継ぐのかもしれないとぼんやり思っていた。

中学・高校時代は、それほど努力せずとも成績は上々。ところが大学に進学した途端、挫折感を抱くようになる。それまでは全寮制の環境で、指導されるがまま勉強し、良い成績をとって大学に行きさえすればいいと思っていた。しかし、大学では能動的に考え、学ぶ姿勢が求められる。敷かれていたレールがぷっつりと途切れ、どうしていいかわからなくなってしまった。目標を持てず、やりたいこともない。勉強する気が起こらず、遊んでばかりの日々を過ごした。

「これといった目標がないなら会社に入れ」という父の言葉に押され、アルサに入社。

最初に手がけたのは、天然水宅配事業の立ち上げだ。中国や韓国に出張して取引先を開拓するなど、事業開発に取り組んだ。「社長の息子」としてのプレッシャーを感じることもなく、仕事を楽しんでいたという。

Profile

1980年、福岡県福岡市に生まれる。家業である株式会社アルサに入社し、天然水宅配事業の立ち上げを担当。入社2年目、上京して国会議員の秘書として3年半働いた後、2008年、アルサに再入社。2011年、代表取締役社長に就任。

Contact

株式会社アルサ/株式会社ホウエイ

福岡市博多区中洲5-5-13

http://www.ursa-group.jp/