デジタルのプロ集団が
ひとの気持ちに寄り添い
「やさしい」未来を創る

トライベック・ストラテジー株式会社

後藤 洋Hiroshi Goto

代表取締役社長

企業とユーザーの「心」をつなぐ。
デジタルコミュニケーション戦略

デジタルでお客様や社会を
より豊かにしていく

 目次

デジタルマーケティングで最適なコミュニケーションを創造

2000年代初頭、企業のデジタルマーケティングといえば、自社HPをつくる程度だった。それが10数年で、オウンドメディア、EC、SNS、スマホ最適化、アプリ…と爆発的な広がりを見せている。変化が早く、「何が最善なのか判断がつかない」とデジタル疲れを感じている企業も少なくない。そんな企業の課題解決を得意としているのが、トライベック・ストラテジー株式会社だ。代表取締役社長の後藤洋は、自社の特徴をこう語る。

「私たちは、クライアントのデジタル課題の解決につながるコンサルティングを提供する『デジタルマーケティング支援事業』と、ビッグデータを解析し、次の一手を導き出すための『マーケティングプラットフォーム事業』の2事業をバランス良く成長させ、どちらも強みとしているのが特徴です。インターネット黎明期である2001年に創業して以来、デジタルの進化の変遷とともに成長してきましたので、さまざまな分野に知見があり、トータルに企業を支援することが可能。今やデジタル化は、経営課題に直結するほどに大きな影響を与えるものなので、私たちは広い視野でお客様のビジネスを明るい未来へ導くイノベーションパートナーになるべく活動しています」

後藤は、デジタルで起こりやすい問題として“個々の戦略が分断されがち”なことを挙げる。例えば、セールスとブランディングで個々にデジタル戦略を実行しようとするが故に、ユーザーとのコミュニケーションに一貫性がなくなる。オウンドメディアを充実させたはいいが、ブランド戦略に乏しく、好感度が上がらない。そうしたことが起きるのは、俯瞰した目でデジタルによるトータルマネジメントの視点が欠けているからなのだと言う。企業内でデジタルに対する意識が低いと部分最適に陥りやすい。また、支援する側であるデジタルマーケティングのプレイヤーも特定の分野に特化した専門家が多いため、全体最適を考慮した提案にはなりにくい。だからこそ、トライベック・ストラテジーのように企業と一緒になって経営戦略から俯瞰して課題をとらえ、デジタルの力でコミュニケーションをより良くしていくスタイルが支持されているのだ。

「私たちが掲げる理念は、『ひとにやさしく、つなぐデジタルを』。顧客企業のメッセージが生活者(ユーザー)に対して『やさしく』『伝わる』ことはもちろん、直接の顧客である企業に対してもわかりやすく、デジタルへの意識を高めていただけるような価値を大切にしています。デジタル分野は瞬く間に新しいものが登場するので、キャッチアップが難しく、取り組みが敬遠されがち。しかし、協働しながらプロジェクトを進めることで、徐々にお客様の内部にデジタルの知見が蓄積され、会社全体のデジタルリテラシー向上につなげることも、私たちが意識していることです。私たちは一過性のトレンドやテクノロジーに振り回されることなく、長期間に渡ってお客様に寄り添い、結果が出せるパートナーを目指しています」

こうした姿勢が評価され、同社はこれまでにKDDI、アメリカン・エキスプレス、楽天、三菱商事など、各業界を代表する大手企業を支援してきた。また、官公庁、自治体のプロジェクトにも数多く参画しており、デジタルマーケティングを牽引する企業として、後藤自身の講演などでも最新プロジェクトとして紹介されている。

Profile

慶應義塾大学法学部卒業後、ソフトバンクに入社。幅広いクライアントの広告営業に従事。また新規事業立ち上げのマーケティング全般を担当し、新たなビジネスモデルによる収益を追求した。2002年、トライベック・ストラテジーに参画。同社のデジタルマーケティングコンサルティング事業を一手に担い、幅広い業界のデジタルマーケティング戦略、ブランド戦略、ロイヤリティ戦略プロジェクトなどに多数従事。2014年、同社代表取締役社長に就任。現在、子会社のブランドコンサルティング会社、Web制作会社の2社の社長も務め、トライベックグループのCEOでもある。マーケティング関連の執筆活動から、教育講座講師、大学での特別講演など、幅広く活動している。

Contact

トライベック・ストラテジー株式会社

東京都港区赤坂7丁目1番1号 青山安田ビル3階

https://www.tribeck.jp/