必要性、保障額、保険商品を検討して最適な保険を作る
株式会社ほけんの110番 北海道支社 支社長 白井 博伸

株式会社ほけんの110番

白井 博伸Hironobu Shirai

北海道支社 支社長

2015.04.26

生命保険を見直しましょう

経営者の方々に「生命保険に加入されていますか?」と質問すると、大抵「もうたくさん入ってるよ」という回答が返ってきます。しかし「では、どんな保険に入っていますか」という質問には、曖昧な回答しか返ってこないことが多いものです。

実際に保険証券を見せていただくと、「経営課題を解決できる保険商品ではないもの」や「社長が希望している内容とは異なる保障内容」「支払保険料が財務に悪影響を与えている」というように、見直しの余地がある場合が、思った以上に多いのです。

とくに日々忙しい経営者の方は、年間保険料をいくら払っているのかは把握していても、どのような保障内容の保険に加入しているかまでは覚えていない、もしくは理解していない方が少なくないように感じます。

例を挙げると、次のようなものがありました。

「積立保険だと思っていたらほとんど掛け捨ての保険だった」

「入院した場合には給付金が出ると思っていたが、実際はケガの入院にしか対応しない保険だった」

「支払保険料が全て経費になると聞いていたが、半分しか経費にならなかった」

このように、加入している保険内容を理解していなかったり、勘違いをしている経営者の方は、思った以上に多いのかもしれません。

保険は、加入しただけで安心を得られるというものではありません。本当に保険が経営に役立つ為には、しっかりと保険の内容を吟味し、必要な保障やメリットを兼ね備えた、自社に必要な保険設計をしていくことが大切です。そのためにも、定期的な生命保険の見直しが重要です。

生命保険の見直し3ステップ

生命保険の見直しをする場合は次の3つのステップに沿って検討していきます。

1.必要な保障と特約内容を見極める

まず現在加入している生命保険やその特約が、そもそも必要なものなのか、という点をチェックしましょう。生命保険には、様々な種類の特約があり、これが多数付保されている場合があります。特約には便利で有効なものもありますが、際限なく付加しても保険料を押し上げるだけで無駄の原因となります。定期的にチェックすることで、現状必要のないものが付保されていないかを確認してください。

保険加入時には必要と考えていた保障や特約でも、時間の経過と共に必要性が低くなる場合もあります。逆に、新たな保障ニーズが発生している場合もあります。会社は、人間が子どもから大人へと成長していくように、会社の成長ステージによって必要保障目的が変わっていきます。会社の現状を分析して、保障の要・不要を検討することが大切です。

2.本当に必要な保障額で加入する

必要な保険が確定したら、次に検討するのは保障額です。例えば「自分は1億円の保険に入っているので保障は十分だ」と思っていても、その保険金額が、掛けすぎなのか足りないのかを今一度確認してください。現在の会社の規模や会社の情勢などを総合判断し、現状に合った保障額で加入する方が効率的だからです。

保険は、掛けすぎても保険料が無駄になりますし、逆に保障が足りなければ万一の時に役に立たないということにもなり兼ねません。保険を自動車に喩えてイメージしていただくとわかりやすいと思います。独身や夫婦だけの家庭の場合、乗る自動車はスポーツカーでもいいかもしれませんが、子どもが生まれれば家族の人数にマッチしたワンボックスカーの方が、実際の家庭のニーズを満たすことになります。保険も、必要なサイズで加入することが大切です。

3.最適な保険会社を選ぶ

必要な保障と保障額が確定したら、最後にその保険をどの保険会社で加入するかを検討します。生命保険会社は40社前後あり、各社の保険商品は同じように見えても、保障内容や保険料、解約した場合の返戻率など総合的に見比べると、大きな違いがあるのです。全ての保険会社の商品の中から、自社のニーズに最も合った商品を選択することで、最適な保障と効率的な保険料での設計が可能となります。

既に複数の保険会社から吟味して選択しているので大丈夫、と思われていても、保険商品は毎年のように改定や新商品開発が行われており、より安いものや時代のニーズに合ったものが次々に生み出されています。つまり、加入時よりも、もっと良い新商品があるという場合もあります。

インタビュアーの目線

来店型ショップの全国展開を進める保険代理店で要職にありながら、個性的でアバンギャルドなスタイルを貫く白井さんですが、見た目と仕事内容のギャップで相手に強烈なインパクトを与えるやり方は、実は人知れず、相当な努力があって成立するのだと思います。実際には話す相手を非常に気遣う、細やかなセンスの持ち主です。

書籍「小さな会社のための「お金の参考書」 」から掲載】


Profile

大学卒業後、大手電機メーカーにエンジニアとして入社。
2006年、生命保険会社に営業として転職。2010年に独立し、現在に至る。

理系の営業として、数量的・論理的にお客様への提案をしている。明るさと親しみのある人柄により、お客様からの信頼は厚い。大事にしている言葉として「人と同じことをよしとする社会で、自分自身であろうとすると、苦しい闘いを強いられることになる。それは、自らが選び取り、最後までやめることのできない闘いである」。

Contact

株式会社ほけんの110番

〒060-0908
北海道札幌市東区北8条東 3-1-1 宮村ビル8F
tel. 011-299-2525 fax. 011-299-2575
e-mail hironobu.shirai@e-hoken110.com
URL http://e-hoken110.com/

関連書籍

書籍
「小さな会社のための「お金の参考書」」

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント。専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング