オーナー経営者を
応援する
「伝説の営業マン」

ファーストヴィレッジ株式会社

市村 洋文Hirofumi Ichimura

代表取締役社長

20代にして4年間で
2千億円の預かり資産

営業を極めた男が伝える
「事実」と「数字」に
裏付けられた実践ノウハウ

圧倒的な営業実績を叩き出したノウハウを伝授

市村洋文は、野村證券において「伝説の営業マン」と呼ばれる人物だ。

20代にして、4年間で2000億円の預かり資産を集めた記録はいまだ破られていない。37歳のとき、最年少で支店長に抜擢。全国でビリから2番目だった支店を1年で全国トップに押し上げた。

39歳、ヘッドハンティングを受け、KOBE証券(現インヴァスト証券)に専務取締役として入社。ほどなく社長に就任すると、社員1人あたりの預かり資産を証券業界トップにまで成長させ、7年間で株式上場に導いた。

48歳でKOBE証券を離れ、自ら立ち上げたのがファーストヴィレッジだ。

これまで、自身が圧倒的な営業実績を挙げるだけでなく、マネジャー、経営者として組織の成長をけん引してきた。その過程で得たノウハウをベースに、オーナー経営者に特化した経営コンサルティング、研修を手がける。経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」
のそれぞれについて、今その企業が持っている資源をいかに有効活用し収益を最大化するか、個別にアドバイスを行う。

「証券営業時代に私を育ててくれ、助けてくれたのはオーナー経営者の皆さんでした。だから今度は私が彼らに恩返しをしたい。そんな想いで起業に踏み切ったのです」

市村が伝授するのは、ターゲット戦略、決定権者へのアプローチ法、ニーズの引き出し方、プレゼンのタイミングの見極め方といった営業戦術、そして組織を育てるマネジメント術など。証券業界で培ったノウハウではあるが、それらはあらゆる業種に通じるものであり、指導を請う企業はメーカーからサービス業まで多岐にわたる。机上の理論ではなく、「事実」と「数字」に裏付けられた実践ノウハウが学べるとあって、研修の依頼が後を絶たない。

市村は、自身が経験した事例、作成した計画書など膨大な資料を惜しみなく提供する。「こんな大切な情報を切り売りしてしまっていいのですか!?」と驚かれることもあるが、それで後進が育ち、社会のためになればいいと考えている。

収入は前職で十分なほど得ることができた。今後は社会に還元すると決め、顧客企業、そして自社社員たちに自身のノウハウの移植を進めている。

Profile

1959年、北海道生まれ。

立教大学社会学部在学中に年間1000台のバススキーツアーを企画。4年間で60億円を売り上げ、学生起業家の走りとなる。大学卒業後、野村證券入社。新宿野村ビル支店時代に引き継いだ預かり資産を20億から2000億に増やすなど、手腕を発揮。個人で月間投信販売額500億円、月間手数料収入6億円の記録を樹立。その後、最年少で大森支店長に抜擢され、以後、本社営業企画部等を歴任。KOBE証券の専務取締役にスカウトされ、その後社長として、預かり資産1兆4400億円を集め、KOBE証券を一人当たりの預かり資産で野村證券を抜くまでに成長させた。また、独立証券でありながら、証券会社リーグテーブルで第12位(2003年度)につけ、2006年3月に株式公開を果たす。時価総額400億円を達成。公開時のKOBE証券グループ総勢2500名。

2007年4月よりファーストヴィレッジにて代表取締役社長として、日本最大のビジネスマッチング及び顧客紹介企業の実現を目指した経営コンサルティングを行い、再度株式公開を目指す。

Contact

ファーストヴィレッジ株式会社

本社/東京都中央区銀座 8-5-25 第2三有ビル 4F/5F/6F

http://firstvillage.co.jp/