やるべきことをやれば結果は必ずついてくる
株式会社エイ・エヌ・エス 代表取締役 赤澤 博史

株式会社エイ・エヌ・エス

赤澤 博史Hirofumi Akazawa

代表取締役

2015.10.06

 目次

周囲を納得させるため死に物狂いで働いた3年間

当社は私の父親が設立した企業で、今年で26年目となります。当初はコンピュータの共同利用サービス事業を中心に行っていました。設立当時はハイスペックのコンピュータがかなり高額でしたので、当社が1台導入し、それを回線経由で5社程度に共同利用してもらうサービスです。今で言うクラウドのような感じでしょうか。

私は父の会社を継ぐ気持ちはまったくなかったですし、高校時代には母から「お前は何もできない」などと言われ、ふてくされていた時期もあります。その言葉を覆したくて、高校3年生の冬からスキー場での住みこみアルバイトを始め、大学時代もシーズンごとにその仕事を続けました。かなり力を入れたこともあって、一番責任のある立場も任され、一つの仕事を極めた達成感を初めて味わいました。

もっとも、アルバイトばかりしていたこともあって、大卒時の就職活動はあまり芳しくありませんでした。結局、内定がもらえたのは1社だけ。ただその会社で働く自分が想像できなかったため辞退し、父の会社で働くことに決めました。父からは「才能がないと判断したら、すぐにでも辞めさせる」と言われていました。

そのため、最初の3年間は死に物狂いで働きました。もともと私は文系なので、コンピュータに関連する知識を一から学ばなければなりません。その上、先輩方からは「社長の息子」という色眼鏡で見られます。父や先輩方を納得させるには、いろいろな意味で彼らを追い抜かなければなりませんでした。

ですから、土日出勤は当たり前、正月休みもとらずに働きました。考え方がまだ子どもだったこともあり、気持ちは完全に戦闘モード。ジャックナイフのようなピリピリ感を漂わせ、仕事に臨んでいました。結果的に、3年で周囲を納得させることができました。

その後、28歳で結婚し、新婚旅行から帰った時のことです。父からいきなり「鍼灸学校に入学するので、来年4月から会社に来られない。俺は引退する」と言われました。おそらく、私が結婚の準備で忙しいのを見計らって、引き際を整えていたのでしょう。私はまんまと父の策略にはまり、突然社長になりました。8年前のことです。


Profile

1978年、東京都生まれ。大学卒業後、株式会社エイ・エヌ・エスに入社。エンジニアとして、多数の新規プロジェクトに参画。
その後、プロジェクトマネージャーを経て、2007年に代表取締役に就任する。2010年、システムアウトソーシング事業を新たにサービス化した「IT-Trust」を開発し、業界の注目を集める。2011年、企業の利益アップをサポートする「IT-Trustセミオーダー版」を新たにリリース。2012年8月にはベトナムに進出し、オフショア開発事業に取り組んでいる。趣味は、ゴルフ、食べ歩き、旅行(石垣島など)。ブログ更新中→http://ameblo.jp/ans-net/

Contact

株式会社エイ・エヌ・エス

東京都中央区新川2-1-5 THE WALLビル6F(2015年10月より)
http://www.ans-net.co.jp/(IT-Trustサービスサイト)
http://www.ans-corp.jp/(基幹システム・オーダーメイド開発の専門会社ANS)

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング