「正しいことを貫く」
社員も企業も成長し
時代に挑戦し続ける

スターティアグループ

本郷 秀之スターティアホールディングス株式会社

代表取締役社長 兼 最高経営責任者

アジアNo.1のシェアを持った
ITサービスを創造する

次のミッションは
「次世代の経営陣を育てる」こと

常に変化し続ける、それが生き抜いていく鍵

「スターティアには、新しいことにチャレンジする企業文化がある」

創業24期目に入るスターティアグループの風土を、社長の本郷秀之はこう語る。

電話回線の営業代理というアナログ的な業務からスタートした事業は、今やITネットワーク環境の整備、Web製作、電子ブック作成ソフトなどオフィスのトータルコンサルティングを手がけるまでに拡大。電子ブック作成ソフトは、業界シェアナンバーワンを誇る。

そして現在特に力を入れている分野の一つが、AR(Augmented Reality)だ。「ポケモンGO」でも注目された拡張現実ソフトは、企業の売上アップをサポートする新しいツールとして各業界から注目を集めている。

創業当初のOA機器事業を継続しながらも、時代の変化をとらえ、電子ブックやARといった新しい波に乗っていくことでスターティアは成長を続けているのだ。

「ダーウィンの名言にもあるように、“強い者”ではなく“変化できる者”が生き残る。スターティアは創業以来、ずっとそれを貫いてきました」

2005年12月に東証マザーズに上場。グループ会社全体で社員数は600名を超える。しかしながら、本郷は「スターティアはベンチャー企業だ」と断言する。規模的には、一般的なベンチャー企業の概念を外れているかもしれない。しかし、ベンチャースピリットが残っている会社であれば、従業員が1000人、5000人でも「ベンチャー企業」であるというのが、本郷の持論だ。

さらに近年力を入れているのが、コーポレートベンチャーキャピタルだ。事業会社である強みを活かし、単なる投資のみならず営業や顧客リストの共有といった支援も行うことができる。

投資先のベンチャー企業は、国内にとどまらない。中国の上海と台湾に100%出資の子会社、また西安にアプリケーションの開発拠点となるグループ会社があり、シンガポールのオフィスを拠点にさらなるアジアでの展開を狙っている。「アジアNo.1のシェアを持ったITサービスを創造する」ことが目標だ。

およそ2050年頃までに、世界のGDPの50%はアジアが占めると予測されている。5年後、10年後には、アジア初のグローバルスタンダードなITサービスが生まれてもおかしくない。そして、「スターティアがその一翼を担っていきたい」と本郷は考えている。アジアのベンチャー企業への投資もその一環なのだ。

スターティア株式会社 代表取締役社長 本郷 秀之

Profile

1966年熊本県生まれ。情報機器販売会社などを経て、1996年2月に独立。2004年、商号をスターティア株式会社に変更。2005年12月、東証マザーズ上場。企業が保有する情報の集約と利益化をサポートするITソリューションベンダーとして、電子ブック作成ソフトを中心としたWebアプリケーションと、クラウドソリューションを始めとしたITインフラを提供。現在はアジアNo.1のサービス展開を目指し、その足がかりとして、上海および西安、台湾においてもサービスの開発・展開を進めている。2018年スターティアホールディングス株式会社に変更

Contact

スターティアグループ

東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階

http://www.startia.co.jp/