お客様の人生に寄り添い、
夢や人生を応援する
ライフプランナーで
あり続けたい

プルデンシャル生命保険株式会社

金岡 英雄 (写真左)Hideo Kaneoka

首都圏第四支社 第二営業所 ライフプランナー 主任

「感動を与えられる仕事」と確信し
大手IT企業を辞めて生命保険業界へ

お客様の一番近くで
人生に役立てるチャンス
を増やしたい

生命保険を通じて、お客様によろこびと感動を提供したい

「お客様の人生を傍で見守り続けることが私の使命」。

そう語るのは、プルデンシャル生命保険株式会社でライフプランナーを務める金岡英雄だ。大手外資系IT企業で3年間、営業として勤務したのち、保険業界に転身。現在は、個人のお客様を中心に、単身者からファミリー層まで、多くの信頼を集めている。

金岡がライフプランナーに転身し、初めての顧客となったのは、同じ年で旧友の金谷智さん。2人は大学3年生のとき、就職活動のセミナーで出会った。大学や志望業界は別々だったが、互いに「話しやすい」と好印象を抱き、意気投合。お互いに「ヒデちゃん」「谷君」と呼び合う仲に発展した。卒業後、大手IT企業に入社した金岡は、宮崎の支社へ赴任。金谷さんは教師として、それぞれの道を歩み始めた。

それからも、たまにメールで連絡を取り合う関係を続けていたが、再会したのは5年後。このとき、金谷さんは金岡の「顧客」になった。それから2年、出会いから7年が経った今、ビジネスパーソンとして互いの成長を実感した金谷さんが、金岡さんのライフプランナーの仕事について、改めてその想いを聴いた。

金谷 そもそも大学を卒業して、IT企業に就職したのはなぜだったんですか?

金岡 学生時代からIT企業に行きたいと考えていました。両親がIT関連の仕事をしていたので、自然に興味を持つようになったんです。「ITは新しいものを生み出す」というイメージがあって、新しい常識が生まれる世界で、それを発信する側に立ちたいと思ったんですね。私は、ずっとパソコンに向かっていられるタイプではないのですが、新しいものを人に楽しく伝えていくことは得意。そう考えて、営業職を志望しました。そこで、一番新しいものを創っている会社、一番特許が多いIT企業を探し、入社しました。

金谷 ブランド力のある大手IT企業から突然保険業界へ…なんてびっくりした。ずいぶん思い切った決断をしましたね。生命保険に興味があったんですか?

金岡 いえ、全然(笑)。でも、生命保険に加入はしていましたよ。社会人2年目、23歳のときに初めて。大学の先輩からプルデンシャル生命のライフプランナー、現在の所長を紹介されたことがきっかけで。

それから2年後くらいに、その方から「一緒に働こう」と誘われました。でも、転職する気はなかったので、最初は断りました。すると、彼が私の赴任先の宮崎まで来たんです。有名なチキン南蛮のお店に案内して、食べ終わったとき「今、仕事は楽しい?」と聞かれて、「楽しいですよ!」と即答しました。でも、その次に話すことがなかったんです。当時、私は営業として地方銀行を担当し、仕事は充実していたのですが、時間を持て余していることもありました。それを見抜かれ、「お前、全然キラキラしていない。頑張っていないな」と。そのときは、「えっ?」と反発する気持ちも湧きました。でも、実はとても悔しかった。図星だったんです。志を持って入社して、地方のクライアントを任されていたのに、私は環境に甘えて、流されるままになっていました。そして、話を聞いているうちに、「この人の元で働いたら自分は変われるかも」「生命保険業界でも自分が本当にやりたいことができるのではないか」、そう感じました。そして、転職を決意して電話をかけたら、「俺のシナリオ通りだ」と言われましたけど(笑)。

金谷 新卒のときにIT企業を目指したのは「新しい常識が生まれる世界」に惹かれたからですよね。でも生命保険って成熟した業界でしょ。商品ラインナップに多少の変化はあっても、ITのように新しい時代をつくる商品とは言えないのでは。「新しいものを発信したい」という目標とは違いませんか?

金岡 ですよね。ところが自分にとっては同じだったんです。私の根底にあるのは「目の前の人をよろこばせたい」ということ。子どもの頃から、友達を笑わせたり、よろこばせたり、驚かせたりすることが好きでした。学生時代は旅行の幹事を率先して引き受け、「このプランならみんな驚くだろう」「こんな部屋なら、入った瞬間よろこぶだろうな」と考えて企画をすることが楽しかった。私をスカウトしてくれた今の所長と話をしているとき、そんな自分の本当の想いに気付いたんです。同時に、2年前、彼を通じて生命保険に入ったときのことを思い出しました。あのときの自分は「生命保険ってこんなことができるんだ、すごいな」って驚き、感動したんです。生命保険は必要だとは思っていたけど、それを学ぶ機会も正しく教えてくれる人もいない。だからこそ、ITのように新しい世界を創造するものでなくても、生命保険は、「目の前の人を驚かせる」「人をよろこばせることができる」と確信したんです。

プルデンシャル生命保険株式会社 首都圏第四支社 第二営業所 ライフプランナー 主任 金岡英雄

Profile

金岡 英雄(写真左)
1990年、中国瀋陽にて生まれる。2012年、早稲田大学国際教養学部卒業後、日本IBM株式会社入社。2015年退職し、同年9月、プルデンシャル生命保険株式会社入社。

特技は、語学(英語、中国語)。趣味はマラソン、スノーボード、ゴルフ、映画、舞台、広告鑑賞など。雑貨や文房具、インテリアを見て歩くウインドウショッピングも好き。旅行の企画や動画編集も得意。

クライアント
金谷 智(写真右)
株式会社 LX Design 代表

Contact

プルデンシャル生命保険株式会社

東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング15F

TEL:03-6858-9270