通訳・翻訳を通じて 国と国、人と人との 懸け橋になる

株式会社インジェスター

呉 希昌Hichang Oh

代表取締役社長

2021年度までに中期ビジョン「VISION555」を実現

コンテンツの海外輸出、販売支援など
日本のいいものを世界に送り出す

多言語サービスを通じて、世界の多文化交流・相互理解に貢献を

ビジネスのグローバル化に訪日外国人客の急増――こうした社会の変化に伴い、ニーズが高まっているのが通訳・翻訳サービスだ。

通訳・翻訳事業を手がける株式会社インジェスターは、代表取締役社長・呉希昌(オ・ヒチャン)が「国と国、人と人との懸け橋になる」という想いで立ち上げた会社だ。

同社の通訳・翻訳サービスは、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語など約10言語に対応。現在は「VISION555」と呼ぶ、 500社以上のお客様へのサービス提供や5000人のパートナー・スタッフと共に働く環境を構築すること、さらに柱となる商品サービスを新たに提供することなど、2021年度までの中期ビジョン実現に向けて邁進している。

インジェスターがカバーする領域は幅広い。翻訳部門では、映画・ドキュメンタリー・ドラマなどの映像作品から、企業のPR・IR、教育ビデオといったツールまで、字幕翻訳・吹き替え(音声)制作・映像編集などを行っている。このノウハウを活かし、聴覚障害者や高齢者向けのクローズドキャプションも手がける。会社案内、マニュアル、契約書、企画書、Webサイトなどのテキスト翻訳にも長けている。

通訳部門においては、スポーツイベント、国際会議・展示会、商談などでの一般通訳のほか、化粧品やジュエリーなど、ブランド商品を扱う販売現場で外国語を用いて売上アップを促進する「通訳プロモーション」のサービスも提供している。

外国語を日本語にすることと、日本語を外国語にすることは、似て非なるものがあると、呉は言う。日本語を、細かいニュアンスまで正確に表現するには、やはりネイティブの人でないと難しい。インジェスターは、ネイティブの外国人を採用して、自社でオペレーション、品質管理を行っている。受注したら海外の提携先に任せきり、という企業も多い中、ワンストップで高い品質を実現できるという意味で、国内に競合らしい競合は見当たらない。インドネシアのジャカルタと中国の大連に拠点を置き、日本の事業をサポートする体制も整えている。

株式会社インジェスター 代表取締役社長 呉 希昌

Profile

1965年1月東京生まれ。1987年大学卒業後、貿易商社、語学教育関連会社勤務を経て、Jリーグ・横浜Fマリノスにてプロの通訳として活躍。2002年2月、株式会社インジェスター設立。現在に至る。

趣味は、ランニング、登山など。

Contact

株式会社インジェスター

東京都千代田区五番町5-5 KDX五番町ビル4F

http://www.injestar.co.jp/