蓄電池を中心とするエネルギー事業を軸に、「社員の成長」につながる新規事業を拡大

ブルーコンシャス株式会社

髙松 豪Go Takamatsu

CEO 代表取締役

災害にも強いゼロエネルギー住宅、
「スマートグリッド」の普及を推進

仲間やチームの存在がエネルギーの源泉。
メンバーの強みを活かした
新規事業を生み出す

 目次

災害リスクを抱える日本で、安定した生活を支える商品を提供

「近隣の皆さんは避難所に行ったけれど、おかげさまでうちだけは自宅で普段通り生活できました。お風呂にも入れました」

ブルーコンシャス株式会社に、顧客からそんな感謝の声が寄せられた。

同社は太陽光発電、蓄電池、スマートハウスなどのシステムの販売・施工・メンテナンスを手がける総合エネルギー会社だ。

2018年9月、最大震度6強を記録した北海道胆振東部地震が発生。道内全域が停電する「ブラックアウト」が史上初めて起きた。人々の生活が大きな打撃を受けてパニックに陥る中、太陽光発電+蓄電池システムを持つ家庭では冷蔵庫内の食材を腐らせることもなく、調理も携帯電話の充電もでき、普段と変わらずに過ごせたという。

近年、「スマートハウス」の開発・普及が進んでいる。スマートハウスとはITにより家庭内のエネルギー消費が最適な状態となるよう制御された住宅。太陽光発電システムや蓄電池といったエネルギー機器、住宅設備、電化製品などを結び付けて管理・コントロールすることで、省エネを実現するものだ。ブルーコンシャスも、スマートハウスの提案・販売に力を入れている。

顧客が導入する目的は、主に「光熱費の節約」。プランによっては電気代が3分の1まで削減できる。一方、先の北海道の顧客の例でも証明されたとおり、非常事態に生活を維持する点でも意義は大きい。CEO代表取締役の髙松豪は、自社の使命をこう語る。

「近年、地震や大型台風、豪雨など、大規模な災害が日本中で頻発しています。予期せぬ事態でエネルギー会社からの電力供給が止まったとしても、自宅に発電・蓄電のシステムが備わっていれば、いつもどおりの生活を続けられる。今後も災害発生のリスクが不安視される中、多くの方々にこのシステムを知ってもらい、備えを普及させていくことが、僕たちの役割だととらえています」

福岡県で生まれ育った髙松は、小学校から中学校までは野球部で活動した。「チームの皆でワイワイと過ごすのが楽しかった」と振り返る。

しかし高校生になると野球をやめた。生徒数3000人以上のマンモス校で、野球部員数も約300人。レギュラーになるのは難しいと踏んで、興味を失ったのだ。

高校以降はよく旅行に出かけた。いろいろな場所で、いろいろな人と話し、いろいろなことを感じるのが面白かった。ホテル・観光の専門学校に進学後は、アミューズメントバーでアルバイトをした。「勝ち負けがはっきりする」ところに魅力を感じていたという。

そして海外旅行のとき、実際のアミューズメントバーでお金が動く場面を見るうちに、「稼ぎたい」という願望が強くなった。そこで歩合給制の営業職の仕事を探し、オール電化システムを販売する営業会社に入社した。

一般家庭を訪問し、オール電化への移行を提案。髙松はすぐに業績を挙げ、トップセールスに上り詰める。営業活動の場面では、アミューズメントバーで培った「人の表情を観察し、感情の動きを敏感に察知する」力が活かされたようだ。

「僕は自分からがんがん話すタイプではないんです。話す代わりに、相手の話をよく聴く。相手が安心して話せるような雰囲気づくりを心がける。相手が心を開いて話してくれれば、その感情の動きから、ニーズを正しくつかむことができます。あとは自分が相手の立場に立って考え、最適だと思う提案をすればいい。そんなスタンスで営業していました」

Profile

福岡県出身。オール電化システムを扱うエネルギー会社にて15年間、トップセールス、営業本部長として勤務した後、独立起業。2011年ブルーコンシャス株式会社を設立する。東日本大震災を機に、自然エネルギーの重要性に着目し、太陽光発電の事業を開始する。

現在は総合エネルギー会社として、太陽光発電システム(住宅用)、風力発電システム、住宅のスマートハウス・リフォーム、オール電化システム・蓄電システム、LED・省エネ商品など幅広く手がけ、全国に支店を展開。

Contact

ブルーコンシャス株式会社

大阪府大阪市北区中之島2丁目3番33号 大阪三井物産ビル13F

http://blue-c.jp/