<EO Tokyo メンバーインタビュー>
心を許せる人たちとの繋がり

ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長兼CEO 石黒 不二代

ネットイヤーグループ株式会社

石黒 不二代Fujiyo Ishiguro

代表取締役社長兼CEO

2017.01.31

EO_Tokyo_CMYK_Horizontal

EO Tokyo コミュニケーション統括

創業:1999年
EO加入:2015年

─ 会社の強みを教えてください

UXデザインをベースに、企業のデジタルマーケティングを支援

「ビジネスの未来をデジタルで創る。ビジネスの未来をユーザーと創る」をミッションとしています。特に重視しているのが「ユーザーエクスペリエンス(UX=製品やサービスを利用・消費した時に得られる体験)」。現在、世の中は「モノ消費」から「コト消費」に変わりつつあります。モノが欲しいという欲求を満たすだけではなく、そのモノが手に入るまでの過程(コト)が重要になってきているのです。

当社では、エンドユーザーは何を必要とし、何を求めているかをつかみ、それを提供するためのシステムを手がけています。具体的には、法人を顧客として、アプリケーションやWebシステムの構築を行います。ユーザーにとって理想的な「購入体験」を設計し、他にはないサービスの提供を実現することにより、企業のブランド、成長戦略に貢献します。

また、今は多くの企業が自社サイトやオウンドメディアを所有しています。これらを活用して、オムニチャネルと呼ばれる複数の顧客接点を網羅する顧客行動に従い、ユーザーに自社商品/サービスを提供していくわけですが、プロジェクトの成功には社内の多くの部門が関わる必要があります。それが複雑化して、運営の難易度が高まっています。当社はこれまで難易度の高いプロジェクトに挑戦し、失敗も、大きな成功もしてきました。この多彩な経験を活かして、難しいデジタルマーケティングプロジェクトを成功へ導きます。

─ あなたにとって「EO」に参加する価値とは?

心を許せる人たちとの繋がり

私は人とつるむのが苦手です。組織に属するのも、ビジネス交流会に参加するのも面倒くさくてイヤ。さっさと家に帰って引きこもっているタイプです。

だけどEOの話を聞き、経営者たちが集まり、資本政策やIPO準備などの情報交換をしていることに興味を持ちました。そういうことは自ら考えればよしとしてきましたが、「もし私もその輪の中にいたなら、もっと違う施策を打っていたのかもしれない」といった思いも浮かんできて。

私は寂しがり屋ではないので、友達を増やすことは求めていませんでした。仲が良い友人や信頼する友人はいますが、普段連絡はとらないし、いつも一緒にいなくても構わない。よく「経営者は孤独だ」なんて言われますが「そんなの当たり前」という感覚でした。
でも、実際にEOに入って、皆さんと仲良くなったんです。それがすごく楽しい。

フォーラムで話すうちに、お互いのいいところも悪いところもわかって、情が生まれてきます。家族とも古い友人とも違う親しみが湧いてくる。それは人として良いことなんじゃないかと思うんです。

フォーラムに参加して、皆の横顔を見ながら「こんなことを考えているんだなぁ」と耳を傾けているのは幸せな時間ですね。心を許せる人たちとつながれて、素直にうれしく思っています。

Q. あなたが自慢できることは?

「法人向けのサービスを行っていますが、270社あるお客様の9割以上が東証一部上場企業や外資大手です。この実績を築けたのは、専門性の高さに加え、営業戦略が功を奏しました。最初は大手企業1社を獲得することに注力。プロジェクトを成功させ、業界で評判になるような事例をつくったことで、そこから幅広い業種の大手企業へ広げることができました。」

Q. これまでに挫折や失敗の経験は?

「社会に出たころは四大卒女性の就職がほぼ皆無の時代。スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得後も、「英語力」がハンディとなり、採用選考で落とされ続けました。でも、「自分自身の力が否定されているわけではない」と思いながらやってきました。」

Q. 大切にしている言葉は?

「よく聞かれるんですが、ないのです。何か一言に頼るって変だなと思ってしまうタイプ。
座右の銘は「ぶっつけ本番」って言ったら、広報に叱られました(笑)。大切な場面でも、アドリブ力で勝負してしまう。いや、それに頼らず、勉強しないといけませんね。」


インタビュー・編集/垣畑光哉青木典子


Contact

ネットイヤーグループ株式会社

東京都中央区銀座2-15-2東急銀座二丁目ビル

http://www.netyear.net/

「EO Tokyo メンバーインタビュー」

「刺激と学びを得て圧倒的に成長したい」
「海外とのホットラインが欲しい」
「経営者にしかわからない課題や悩みを共有したい」

―― そうお考えの経営者の方

そしてベンチャー企業に興味がある方、

または起業志向でメンターやロールモデルを探している方へ

EOという経営者の会をご存知でしょうか?

EO - Entrepreneurs’ Organization(起業家機構)とは、1987年に設立された年商$1MILLIONを越える企業を担う若手起業家の世界的ネットワーク。現在48カ国157チャプター、11,000名以上のメンバーによって構成されています。

1995年にグロービス堀社長(EO Japanファウンダー)を中心とする日本の起業家が集まり、アジアで初めて、日本支部となるEO Japanを設立。2010年のEO Osaka誕生以後はEO Tokyoと改め、第21期の現在では約230人が在籍しています。

EOの価値、そしてそれぞれの会社・起業家の強みや魅力を、現役EO Tokyoメンバーのインタビューから、ぜひ感じ取ってください。

週間アクセスランキング