ブランドリユース品の流通を通じ、人と人、モノとモノとをつなぐ懸け橋になりたい

株式会社ダイヤコーポレーション

太田 大哉Daiya Ota

代表取締役

店舗買取・販売に加え
日本最大級のオークション事業が好調

経営の失敗経験から学び
社員と向き合い、支え合う組織へ

ブランドリユースを通じて「時代を超越した商品」を提供

近年、多方面から注目を集めているリユース事業。中でもブランドリサイクル事業は飛躍的な成長を遂げており、海外からの利用客も増加している。
株式会社ダイヤコーポレーションは、2009年の創業以来、ブランド品の店舗買取・販売、オークション事業を中心に発展を遂げてきた。世界各国に買取販売業者のネットワークを築き、年間約11ヵ国、これまでに28万点以上の取引実績がある。
「時がたっても色褪せないクローゼット。時代を超越した商品の提案」をコンセプトにした自社ECショップ『TIMELESS TOKYO』では、ヴィンテージ(年代物)商品を中心に、国内外から厳選したラグジュアリーブランドのバッグや小物、雑貨をはじめ、なかなか手に入りにくいレアアイテムまで幅広いラインナップを揃えている。
また、総合買取サロン『TIMELESS』は、都内の百貨店内に2店舗を構え、買取専門店として展開。落ち着いたサロンと接客サービスで、「安心して買取や自宅整理の相談ができる」と好評を博している。
代表取締役の太田大哉は、TIMELESSに込めた想いをこう語る。

「当社で言う“ヴィンテージ”とは、その商品が誕生したときから現在までの“歴史”を指しています。銀座の一等地に店舗を構えている有名ブランドには、歴史ある商品がたくさんあります。ただ、店舗では最新作しか手に入れることができない。でも、商品を通じて、そのブランドが築いてきた歴史を知れば、新しい発見があり良い物に出会える。だから『TIMELESS』なんです。数あるブランドリサイクル企業の中でも、こうしたコンセプトをしっかり掲げ、付加価値をつけて再流通させていることが私たちの強みです」

もう一つの主力事業は、日本最大級のブランドオークション『TIMELESS オークション』の運営だ。一般的なリサイクル事業は、お客様から買い取った商品を店舗で販売して利益を得るシステムだが、同社ではさらにBtoB向けの「業者専門オークション」を運営。他社と異なり、リアルな販路を築いていることが最大の特徴だ。
世界の中でも日本はリサイクル先進国と言われている。海外では、自動車や不動産の中古販売は行われているが、ブランド品の小物や雑貨をきれいに使用して、リユースする発想はない。ブランド品などをリサイクルして販売する文化は日本だけだという。
こうした日本のリユースの概念は、海外から注目を浴び、アジア圏のお客様を中心に需要が高まってきた。そこで、太田は海外のバイヤーと信頼関係を築き、中古ブランド品の販路拡大に成功した。

「当社が大切にしている『REBORN』『NEW BASIC』『SELF REVOLUTION』という3つの言葉がありますが、『TIMELESS』は、まさにこれらを体現したものだと言えるでしょう。これからも既存の常識にとらわれることなく、世の中に新しいスタンダードを提供していきたいですね」

株式会社ダイヤコーポレーション 代表取締役 太田 大哉

Profile

1981年、東京都生まれ。2009年4月、ヒュペリオン株式会社(現 株式会社ダイヤコーポレーション)を設立、代表取締役に就任。これまでの常識を打ち破る業者向けブランドオークション「レストランオークション横浜ベイサイド」の運営開始。2012年9月、リユース業界最大手の株式会社コメ兵と「レストランオークション名古屋」の共同運営開始。2013年3月、ヴィンテージセレクトショップ「TIMELESS TOKYO」を運営する、ジェイアンドディーインベストメント株式会社(現・株式会社ディアクロス)を設立、代表取締役に就任(兼任)。2015年にはゼロ円引っ越しを武器に賃貸不動産店「らくベヤ」を展開。弟はサッカー日本代表太田宏介選手。

Contact

株式会社ダイヤコーポレーション

東京都渋谷区南平台町16-29 グリーン南平台ビル6F
http://www.dai-ya.co.jp /