夢に近づくための目標を一つずつ達成していく
株式会社ダイヤコーポレーション 代表取締役 太田 大哉

株式会社ダイヤコーポレーション

太田 大哉Daiya Ota

代表取締役

2015.10.06

 目次

ブランド品のリサイクル事業との出会い

私の名前は父が宝石を扱う仕事をしていたためか、「ダイヤモンドのように」という意味で名づけたと聞いています。物心つく中学生の時にはすでに、「いずれは宝石を扱うような仕事に就きたい」と考えていたので、就活の時は迷わず百貨店を受けました。百貨店の外商部に配属になれば、富裕層を相手に宝石も扱える、そのうえ自分自身も成長できると考えたからです。

しかし、内定後も続けていた就活で考えが一変。というのもリサイクル品販売チェーン大手、株式会社大黒屋の説明会で、「これからの時代はリサイクルだ」という話を聞いたからです。リサイクルというと、私は家電や古着などのイメージでした。しかし、「日本人は宝石やブランド品などをたくさんタンスに眠らせている︒それをリサイクルして転売するニーズは今後どんどん高まる」という話は、私の考え方を180度変えたのです。

百貨店の商品はだいたい価格が決まっていますが、リサイクル品は状態やその価値によってゼロ円にもなれば何万円にもなる。私はこのようなビジネスの方が絶対に面白いと思い、株式会社大黒屋への入社を選びました。

そこで2年半リサイクル品の売買などを学び、25歳で最初の独立を果たしました。2009年に当社を設立し、ブランド品の買い取り・販売と、ブランドオークションの運
営を手がけています。一般的にリサイクル業界は買い取った商品を店舗で販売して利益を得ますが、当社はオークションという販路をもっていることが他社と大きく異なります。世界的に見ても日本はリサイクル先進国であり、ブランド品などをリサイクルして販売する文化は日本にしかありません。自動車や不動産などは中古品が売買されますが、ブランド品などの小物をきれいに使用してリユースするという発想がないからです。

それが近年、アジアを中心とした海外のお客様がリサイクル品に注目するようになり、需要がどんどん伸びています。そこで、当社でオークションを運営し、海外のバイヤーも巻きこんで中古ブランド品の売買をしているのです。

いま、渋谷に2店舗、「TIMELESS TOKYO by Paulaʼs」というショップ名で展開していますが、ここはヴィンテージ(年代物)商品を扱っています。当社の言うヴィンテージというのは、その商品が生まれた時から現在までの歴史を指しています。たとえば、銀座の一等地に店舗を構えるような有名ブランドには、歴史のある商品もたくさんありますよね。ただ、店舗に行ってしまったら最新作しか手に入りません。しかし、そのブランドの古い歴史を知れば、新しい発見があり良いものに出会える、だから「TIMELESS」なんです。こういうコンセプトをしっかりと持っているところが、当社の強みだと思っています。


Profile

1981年、東京都生まれ。
2009年4月、ヒュペリオン株式会社(現 株式会社ダイヤコーポレーション)を設立、代表取締役に就任。これまでの常識を打ち破る業者向けブランドオークション「レストランオークション横浜ベイサイド」の運営開始。2012年9月、リユース業界最大手の株式会社コメ兵と「レストランオークション名古屋」の共同運営開始。2013年3月、ヴィンテージセレクトショップ「TIMELESS TOKYO byPaula’s」を運営する、ジェイアンドディーインベストメント株式会社を設立、代表取締役に就任(兼任)。2015年にはゼロ円引越を武器に賃貸不動産店「らくベヤ渋谷本店」を展開。弟はサッカー日本代表太田宏介。

Contact

株式会社ダイヤコーポレーション

東京都渋谷区南平台町16-29 グリーン南平台ビル6F
http://www.dai-ya.co.jp/

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング