声で世界を変える。
電話だけにとらわれず
多岐に渡り顧客を支援する
「言葉」の力の可能性

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング

植原 大祐Daisuke Uehara

代表取締役社長

他を寄せつけないアウトバウンドのノウハウで
売上向上、営業改革の戦略を提案

声と言葉、
コミュニケーションスキルを活かし
購入の決め手となる

独自のノウハウで成長するコールセンター

誰しもコールセンターに電話をかけて質問をしたことや、逆に電話がかかってきて商品やサービスの紹介をされた経験があるだろう。こうした電話を使ったテレマーケティングには2種類ある。顧客からの電話を待って注文受付やユーザーサポートを行う「インバウンド」と、電話をかけて顧客にダイレクトに商品を販売する「アウトバウンド」だ。いずれもコールセンターを拠点に、声や言葉のプロであるオペレーターが顧客データとスクリプト(台本)をもとに販売促進活動を行う。

このテレマーケティングを代行し、クライアント企業の営業活動を支援するのが、大阪市に本社を置く株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング(CRTM)だ。顧客からの電話を待つインバウンドのカスタマーサポート業務も行うが、CRTMの強みは顧客に直接電話してアポイントメントを取得したり、積極的に商品を販売したりするアウトバウンドサービス。能動的に顧客と接触することでデータを引き出し、それを基に戦略を練る。そんな攻めの営業活動を担うアウトソーシング(外部委託)先として、クライアントの売上向上を支援する。CRTMが2019年のテーマに掲げたのが「声で世界を変える!」だ。アウトバウンドで培ったノウハウを活かし、電話にこだわらないフィールドセールス(訪問販売)、CRTMで養成した営業スタッフを派遣する人材派遣のサービスも手がけている。クライアントは約200社。業種は通信、エネルギー、金融、通販など多岐に渡り、大半を大手・有名企業が占める。しかし、CRTMには自社のサービスを売り込む営業担当者がいない。その理由を代表取締役の植原大祐は、こう説明する。

「大手の同業他社はインバウンドに注力していますが、CRTMはアウトバウンドが8割。コールセンター業界では後発ではありますが、アウトバウンドにかけては売上や費用対効果の向上において、圧倒的な成果を挙げている実績も自負もある。その評価が口コミでどんどん広がり、自然とご相談をいただける好循環が出来上がっているのです」

Profile

1981年静岡県浜松市生まれ。2004年関東学院大学卒業後、情報通信企業入社。2007年株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング入社。取締役副社長を経て、2019年1月同社代表取締役社長就任。

Contact

株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング

大阪府大阪市北区曾根崎1-2-9梅新ファーストビル9F
https://www.crtm.co.jp/