プランニングの目的は「幸せな時間が長い」人生の実現
株式会社オンワード・マエノ 代表取締役 内田 大介

株式会社オンワード・マエノ

内田 大介Daisuke Uchida

代表取締役

2015.04.09

保険業界の常識に数々の疑問を感じた研修生時代

服や靴が大好きで、大学卒業後は衣類や小物を扱うセレクトショップに就職。仕事は楽しく充実していましたが、転勤の可能性がありました。家族がバラバラになる単身赴任は嫌だなと思うようになり、興味を持ち始めていた保険業界への転身を考えました。

そこで保険代理店を営む妻の両親に相談したところ、「うちは小さな会社だから、きみに払う給料はないよ」との言葉。本当にやる気があるなら、大手保険会社の研修制度で頑張ってみたらどうかとアドバイスも頂きました。そこで25歳のときに何もわからないままこの世界に飛び込みましたが、それまでいたアパレル業界との違いに大きな衝撃を受けます。

数種類の商品について教えられ、「この保険を売ってきてください。1日100件飛び込みすれば売れるから。」と言われました。お客様を探すためだけに時間を費やす毎日で、実際に保険の話をしている時間はほんのわずかしかない。前職では「こんな服が欲しい」とお客様がいらして、その方のサイズを見極め似合うものを探して差し上げるのが仕事だったので、お客様が欲しいものよりも売りたい商品ありきという体質にも納得がいきませんでした。1年半ほど続けましたが、その後現在のオンワード・マエノに移りました。現在では20社以上の保険会社を取り扱い、お客様のニーズに沿ったものをご案内できるようになりまし
た。

お客様を組織で守るためにチームワークを大切にしています

この業界は、多く販売した人が表彰され尊敬されるという風潮があります。でも私のように他業界から来た者からすると、お客様の満足は置き去りにされていないだろうか?と心配になります。弊社は一切歩合のない完全固定給制。どれだけ販売したかよりも、どれだけお客様に喜んでいただけたかが大切です。どれだけ部下の面倒を見たか等の社内での活躍も重要視しています。

「一生寄り添います」という謳い文句に対しても懐疑的です。弊社は1人のお客様に対して1人の担当者がつくのではなく、全社員が担当という発想。万が一担当者に何かあったとしてもお客様が困らないよう、組織としてお守りする体制を構築中です。つねにチームで仕事をしているという気持ちが社員のモチベーションUPとなり、競い合うのではなく支え合う雰囲気に繋がっています。「頑張っているあの人を、フォローしてあげよう」という気持ちがあるから、社内のムードは和やかですよ。

また、保険には数えきれないほどの種類と商品がありますから、全員がすべてを完璧に知らなくても良いと思っています。弁護士も医者も専門がありますよね。弊社も分野ごとに担当を分けているので、それぞれが深い知識を持っています。

私を含め異業種から転職してきた社員がほとんどなので、保険業界の常識に対して常に疑問を感じられることも強みのひとつです。

内田 大介

インタビュアーの目線

「普通の人」とご自身を評していらっしゃいましたが、内田さんのような感覚を持つ方が保険業界の新しい時代を創っていくのだと思います。「たくさんの影響を受けてきました」「1人で経営している気がせず、心強いです」と奥様についてお話する姿が印象的でした。外見と同じく発想もスタイリッシュな内田さん。お話しているうちに、フワッとこちらの気持ちをラクにしてくれる方です。

書籍「日本のグッドプランナー20人が教える 10年後に後悔しないライフプラン 」から掲載】


Profile

1976年6月17日、宮城県仙台市の生まれ。
大学卒業後、アパレルへ就職。海外インポートの洋服やスーツ、オーダーメイド等のドレス部門を担当。退職後、外資系損保会社へ研修生として入社。妻の実家が経営する総合保険代理店 株式会社 オンワード・マエノへ入社。AFP。

「保険業界の常識を変えていくこと」「お客様と社員を幸せにすること、それを継続すること」を最大の目的に、お客様の不安の解消や問題を解決することをミッションとし、保険のみにとらわれない方法で『安心、それ以上の満足を。』提供していくコンサルティングを実践している。

Contact

株式会社オンワード・マエノ

〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡5-1-35 ロイメント仙台203
TEL:022-762-9915
URL:http://www.onwardmaeno.com/

関連書籍

書籍
「日本のグッドプランナー20人が教える 10年後に後悔しないライフプラン」

ライフプランは人生の設計図。子どもが3人ほしい、マイホームは庭付きで・・・。そんなあなたの夢を陰で支えるのが「保険」の役割です。
「年代」や「家族構成」、「職業」によって、必要な保険や保証額が変わるのは当たり前。そもそも保険は万が一に備えるもの。あなたや家族にとっての「リスク」は何なのか。それに備えるには「どのくらいの保障」が必要なのか。そのリスクを把握するためには、「人生の設計図=ライフプラン」が必要なのです。日本のベストプランナー20人が伝授する、ライフプランをベースにした「保険の入り方」とは?

ご購入はこちら

週間アクセスランキング