障害者の仕事・教育に
おける課題を解決し、
「誰もが挑戦できる」
社会を創造する

株式会社D&I

杉本 大祐Daisuke Sugimoto

代表取締役社長

就職・転職総合サイト
『BABナビ』を軸に
年間5000人をサポート

企業が戦略的に雇用できる障害者人材の育成を図る。
将来的な自立を支援するシェアハウス事業も展開へ

 目次

「義務」ではなく「戦力」としての障害者雇用を支援

障害者雇用促進法により、従業員数45.5名以上の企業には2.2%に当たる障害者雇用が義務付けられている。しかし、企業側には「どんな仕事を任せればよいのか」「きちんと仕事をこなせるのか」「定着するのか」といった不安がつきまとう。

そんな課題を解決するサービスを提供しているのが株式会社D&I。企業と障害者の雇用マッチングを行う公的機関や企業は多いが、あっせんだけで終わるケースも多い。D&Iの特徴は「長期視点から見た活躍」にこだわっているところにある。

「障害のある方々が10年後、20年後の未来を見すえて、ワクワクしながら働き続けてもらうことが私たちの一番の願い。障害者のポテンシャルを引き出す環境、仕組みづくりを通じて、彼らが『どうすれば一番活躍できるのか』を考え、追求しています」

こう語るのは、株式会社D&I、代表取締役の杉本大祐。2009年の創業以来、一貫して障害者雇用促進事業に取り組んでいる。人材コンサルティングサービスの他、障害者向けの就職・転職総合サイト『BABナビ』、ビジネススクール『BABスクール』、就労移行支援事業所『ワークイズ』を運営。そのサポート実績は年間約5000人に上る。

主力サービス『BABナビ』の掲載求人数は2000件以上と業界No.1を誇り、求人への自由応募に加え、専任スタッフによる就職・転職サポートが好評。通院の都合や勤務時間、障害の特性が考慮された仕事を相談しながら選ぶことができる。在宅雇用も推進し、今後は「100万人の雇用を生み出すシステム」を目標に、さらに発展させていく。

2017年には、定期面談などを通じて就業の定着をサポートする『ワクサポ』事業をスタート。障害者と企業の間に立ち、双方にとってより良い環境づくりを目指す。

D&Iでは、障害者がその企業で「どんな戦力になれるか」を考えて提案する。

ある大手流通企業では、9名の採用からスタートした。当初はバックヤード業務がメインだったが、「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「少々お待ちくださいませ」の3つを言うことができれば、接客業務などの店舗採用が可能ではないかと杉本は提案。特に「少々お待ちください」が言えれば、他のスタッフにつなぐことができる。この提案は見事に成功し、彼らの働きぶりに感嘆した店側からほどなくして増員の依頼があり、今では500名が就業している。レジ打ちや商品の受発注など仕事の幅を広げたスタッフも多い。

大手飲食チェーンでは、開店前の準備スタッフとして250名を採用。都心部などパートが集まりにくい地域のため、企業からは「助かっている」とよろこびの声が届いた。

また、オフィスサポートとして5名を採用した金融系企業は、当初「できる仕事がないのではないか」と懸念していた。しかし、仕事ぶりを見ているうちに、「あれもこれも任せたい」と次々に仕事が増え、現在は20名体制を敷いている。

「これまで、障害者の仕事は限定されていました。しかし、産業構造も変化している中、あらゆる仕事の選択肢があっていい。彼らができることは、もっとたくさんある。私はそれを実感してきました。労働人口の減少が問題となっている今、障害者の雇用を『義務の遂行』にとどめず、いかに『戦略』として活かすか。それを考えながら『一戦力として障害者を積極的に雇いたい』と企業側から言われる社会を創りたいと思います」

Profile

1974年生まれ。福井県出身。大学卒業後、人材サービス会社で人材派遣、人材紹介、他アウトソーシング事業を経験。2005年より株式会社ジェイブレインで障害者雇用支援事業を立ち上げ、2009年に株式会社D&Iを創業。障害者が「当たり前に挑戦できる社会」を創出するため、障害者の雇用支援、教育事業を展開中。

Contact

株式会社D&I

東京都港区芝5-14-13 アセンド三田3F

http://d-and-i.jp