常に前進、魅力的な企業になるために
株式会社ジオコード 代表取締役 原口 大輔

株式会社ジオコード

原口 大輔Daisuke Haraguchi

代表取締役

2015.10.06

強みは全ての事業を一社完結と、継続収入

現在、当社の主力事業はウェブマーケティング事業と業務支援ツール事業の二つです。まずウェブマーケティング事業ですが、この事業は、読んで字のごとく、インターネットからの集客事業です。SEO、リスティング広告と言うものが中心で、検索エンジン(ヤフー、グーグル)からの集客を得意としています。それに付け加えた、ウェブ制作の三つが中心になっています。

もうひとつが、業務支援ツール事業です。こちらはクラウド型(ネット上でサービスを利用する技術)で、勤怠管理、交通費精算、営業支援、顧客管理などのツールを提供しています。こちらは一年半ほど前に開始した事業ですが、これまでのサービスの中で最も収益性、成長性が見込めるうえ、損益分岐を越えれば会社の屋台骨になり得るので、今後特に力を入れていきたい事業です。

当社と同じような事業を行う会社はたくさんあるように思われるかもしれませんが、いくつか大きな強みがあります。

まず一つ目が、全ての事業を自社でやっています。ウェブマーケティング事業においては、SEO、リスティング広告、ウェブ制作を全て自社だけで提供しています。同業他社はたくさんあるのですが、リスティング広告中心のネット広告代理店や、SEOのみのSEO会社、ウェブ制作中心の制作会社が多く、意外でしょうが、全て手がけている会社は、ほぼありません。業務支援ツール事業についてももちろん自社開発で、自社運用です。そして全てのサービスの、販売、営業においても自社で全て行っています。

これは、お客様にとって、一社で完結できるので、大きなメリットだと思います。また社員にとっても、大きなメリットがあります。極端な話、営業から、次は、ウェブデザイナーになろうと思うと、普通、転職をしなければいけないのですが、営業から、運用、制作、システム開発まで行っている当社では、三年ぐらいで、様々な業務につく事が出来るので、非常に市場価値の高い人間になる事ができます。事実、当社に未経験で入社して、その後に某大手広告代理店や、◯ーグルに転職した人間もいますしね(笑)

二つめの強みが、各サービスも高いレベルで提供しています。SEOにおいては創業時の十年前からサービスを提供しております。最盛期は、百社以上、SEOの会社もあったのですが、度重なる、グーグルのアルゴリズム変更(品質基準の変更)で今は、十社程度しか残っていません。その中でも、一番、二番ぐらいの古くからやっている会社ですので、継続してサービスを提供できる事が、大きな実績だと思います。

リスティング広告の運用においては、もっと分かりやすい評価を頂いておりまして、「グーグル・エクセレント・パフォーマー・アワード」という、コンテストにおいて、最優秀賞(六〇〇〇社のうち、三社)を四回、優秀賞(同様に、一〇社)を二回の、計六期連続受賞したのは当社が日本で唯一です。

業務支援ツールについては、特に交通費精算ツールですが、このサービスは、スイカやパスモを、グーグルのタブレットにかざすと、経路や、金額を自動で読み取り、手動での、経路検索や、入力の手間がなくなるという内容なのですが、読み取る時に、カードの中の数字の羅列を、駅データや、経路に変換すると言うところに、独自のノウハウがあります。交通費精算業務においては、中小企業はもちろんの事、大企業でも、手動で処理している会社がほとんどでしたので、発売から一年半ですが、なんと、二五〇社もの申し込みを頂いております。そして一社の解約もなく。

三つ目の強みですが、これは、お客様にとっては、あまり関係ないかも知れませんが、ほぼ全てのサービスが、継続的なサービスであり、一度納品したら終わりではなく、解約がない限り、基本的には収益が積み上がっていくモデルです。実は、全てのサービスを自社で提供する事と、継続的なサービスは、創業当時から一貫した経営方針でありました。その時なぜそう思ったのかは忘れましたが、結果的には、その選択は正しかったといえます。この経営方針があったから、一一期連続増収、リーマン・ショックの時も、特に苦労することはなかったのです。売り切りのサービスを提供している企業と比べると、当社は、数年先までの収益を確保しているのです。

「結局、最初も最後も、ヤル気と行動」

実は私は、高卒で、二六歳までは、あまりまじめに仕事をしていませんでした。転職回数もすでに、◯◯回です。ご想像にお任せしますが(笑)仕事も、してはいても、週末を目指して働き、月曜日の朝には、金縛りにかかるというスタイルでした(笑)もちろんそれなりにしか仕事はしません。出世欲も、キャリアパスも何も考えてもいませんでした。ただ遊ぶ事だけ。

ある事がきっかけで突然変わったのです。それは、結婚して、子供が出来たからです。その前も、このままではいけない事は気づいていましたが、何をしたらいいのか、そもそもそこまでの気持も湧いてこなかったので。でも何かキッカケを求めていたのでしょう。この子と一緒に自分も生まれ変わろうと思いました。

ところが、高卒で、未経験の私には、ツテも、何もありません。唯一、都内で、ゴリゴリの営業会社で働く友人を頼って、始めて実家をでました。この仕事は、月に2日ぐらいしか休みがなく、1日に十時間テレアポと言う、気の遠くなるような毎日でした。結局この仕事ではたいした結果を出せず終わりました。余談ですが、よく、経営されていて、一番辛かったことは、どんな事ですか?と聞かれますが、辛いことなんてほとんどありません。この時の方がよほど、キツかったですから(笑)だって、先が見えない、やり方が分からない状態で、頑張るのは本当キツイですよ。子供も生まれたばっかりで。

この時は、完全に自信を失っていました。一瞬、実家に戻って、地元で働く事も考えましたが、もう一度だけ、頑張ってみようと思い、就職活動をはじめました。ところが、高卒、未経験、二七歳は想像以上のハードルの高さでした。何十社応募しても、どこも雇って頂けません。新卒の就活のように、三〇~四〇社応募して、やっと一社だけ、「アルバイトなら」と、採用してもらいました。

この会社は、一応上場企業だったのですが、アメリカの大学のように、誰でも入社出来て、残る事が大変な企業でした。入社まもなく、東銀座の交差点で、1人で、ブロードバンドの勧誘をさせられた時は、「こんな学生のバイトみたいな仕事をしに、東京に来たわけじゃないのになあ」と、泣きそうになりました。ま、アルバイトだったからですね(笑)

この会社の本来の業務は、ブロードバンドの代理店を支援することでした。私は、与えられた業務で、すぐに結果をだして、すぐに社員にしてもらい、自分の担当代理店を持たせてもらいました。そんな代理店の窓口は、だいたい社長だったわけで、元々、起業など、目標にもしなければ、思いつきもしなかったのですが、この頃からだんだん意識し始めました。

「この人達みたいになりたい」ではなく、

「この人達で出来るなら、自分にも出来るんじゃないか」

まだ何も成し遂げてなかったのに、すいません。生意気で(笑)

それ以降は、まずこの会社で出世しないと、誰も相手にしてもらえないと考えて、一生懸命頑張っていました。そんな姿勢を見ていたのか、上司が独立することになり、その会社に一緒について行く事になりました。

それまで一応、上場企業にいたので様々な制約がありましたが、新しい会社では、いいも悪いも全て自分の力。まずは、EC(商品販売)サイトを手がけました。なんと、WEBサイトは私が作り、そのサイトの集客のために学んだのが、SEOや、リスティング広告でした。そうして、この事業は誰の力も借りず、0から立ちあげて、僅か半年程度で、かなりの利益を創りました。

そして、二九歳を目前にして立ち上げたのがジオコードです。二名で始めた会社も、十歳になり、今では八〇名になりました。売上高も、十六億強。直近の目標は、二〇一七年の東証マザーズ上場です。

変わると決めた、あの日以来、私は一度も後ろを振り返った事はありません。だから今後もきっと前進していくのでしょう。自分も、ジオコードも。

原口 大輔

インタビュアーの目線

「ニヒルな笑みをたたえたジェントルマン」という第一印象の原口さんですが、その実、思わず「ズルい!」と言いたくなってしまうほどの確信犯的なエンタテイナー。例えば、ブログにはいつも捻りの効いたジョークが散りばめられ、つい引き込まれてしまいます。この演出力が会社という舞台で若い社員の方々を引き立てているのでしょう。

書籍「これから働くならこの会社でしょ (2015年09月18日 第1刷発行)」から掲載】


Profile

1976年、千葉県出身。趣味はサーフィン、サッカー、食の追求、仕事。ブログ更新中「一番のずる賢さとは誠実に生きる事」http://ameblo.jp/geocode/

Contact

株式会社ジオコード

東京都港区北青山3-11-7 Ao 14F
03-5778-0395
http://www.geo-code.co.jp/

関連書籍

書籍
「これから働くならこの会社でしょ」

働くって、こんなにおもしろいことだったんだ。就活、転職、起業のヒントがきっと見つかる!
斬新な発想が光るベンチャー企業25社トップからの熱いメッセージ集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング