不動産ビジネスの
プラットフォームとして
社会に影響力を持つ
大企業になる

リビン・テクノロジーズ株式会社

川合 大無Daimu Kawai

代表取締役社長

不動産比較サイトとして日本最大級
『リビンマッチ』を運営

2019年6月、東証マザーズ上場。
これまでに枠にとどまらず、
さらに幅広いサービスを拡大へ

不動産・住宅の取引を支援するプラットフォームを提供

年間2200万PV、ユーザー数440万人、10万件のマッチング――「不動産会社の比較」というカテゴリーにおいて日本最大級を誇るサイトが『リビンマッチ』だ。

不動産を売りたい人は、『リビンマッチ』を使って複数の不動産会社に一括で問い合わせし、一番高く売ってくれそうな会社を早く見つけられる。一方、『リビンマッチ』のシステムを導入している不動産会社にとっては「初期費用ゼロ・成功報酬型」方式によってコストを抑えつつ集客できるメリットがあり、利用事業所は2400以上に達する。

不動産売却のほかにも、賃貸管理、土地活用、リノベーション、注文住宅など、さまざまな目的に応じ「最適な会社」に出会えるサービスが充実。さらには、不動産・住宅業界と築いたパイプを活かし、不動産・建設関連業界の転職情報サイトも手がけている。

これらのサービスを開発・運営しているのがリビン・テクノロジーズ株式会社だ。代表取締役社長の川合大無は、今後もWebテクノロジーと不動産を融合したプロダクトの開発を進め、自社を「メガベンチャー企業へ育て上げる」と決意を語る。

「日本中の不動産会社にとって、『リビン・テクノロジーズの仕組みを活用しなければビジネスが成り立たない』という存在になる。不動産テックの分野で圧倒的な存在感を示すポジションを目指しています」

川合は不動産業界出身ではない。ネット業界を経て起業し、ネット広告代理店事業からスタートして自社プロダクトの開発へ乗り出した。過去には、HP更新サービス、アパレルのオンラインショップ、霊園の比較サイトなど、さまざまなジャンルのサービス開発でトライ&エラーを繰り返し、『リビンマッチ』のヒットにたどり着いたのだ。

中古住宅市場はまだまだ成長が見込まれるため、「不動産売買」の分野に強みを持つ同社にはさまざまな可能性が広がっている。国土交通省は2013年に4兆円だった中古住宅市場を2025年までに8兆円に倍増させる目標を掲げるなど、中古住宅流通の活性化を後押ししている。ビジネスチャンスが豊富で、挑戦しがいのある市場といえそうだ。

起業前の川合は、ネット広告会社のトップセールス。そこで培ったWebビジネスのノウハウを活かし、不動産メディアを立ち上げた。「売れ続ける仕組み」の確立によって収益基盤を固めた現在、さらなる新機能、新サービスの開発に力を入れている。

川合は自社の特性をこう語る。

「常に新しいことをやり続けたい、社会にインパクトを与える仕事がしたいという人にとっては面白い環境だと思います。自社で一からアイデアを出して、新たな機能やサービスの開発に取り組める。ユーザーの反応をダイレクトに見られ、フィードバックを受けて、よりよいものにブラッシュアップしていける。会社と社員が事業を通じてどこまで成長できるか、チャレンジし続けることが最高、というのが当社の基本精神です」

Profile

東京農業大学卒業。ニチモウ株式会社、バリューコマース株式会社、株式会社サイバーエージェントを経て、2004年1月、株式会社シースタイルを設立し、代表取締役に就任。2006年よりバーティカルメディア事業をスタートし、大阪・福岡へも拠点を拡大。2018年6月、リビン・テクノロジーズに社名変更。

Contact

リビン・テクノロジーズ株式会社

東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル8F

https://www.lvn.co.jp/