歯科医療を中心に
生活を豊かにする
プラットフォームとして
生活者・医院・企業を結ぶ

株式会社メディカルネット

平川 大Dai Hirakawa

代表取締役会長CEO

歯科医院情報サイトの運営から
歯科医院経営のトータル支援まで

海外での歯科医院展開、
美容、子育てなど幅広い領域へ展開

「医療」×「IT・インターネット」を軸に、多くの人を笑顔にしたい

“インターネットを活用し、健康と生活の質を向上させることにより、笑顔を増やす”

このミッションを掲げて成長を続けている株式会社メディカルネット。代表取締役会長 CEOを務めるのが平川大だ。

平川は2005年にメディカルネットに入社して以降、新規事業や支社の立ち上げを手がけ、2010年に東証マザーズに上場するまでの成長を牽引した。2012年には代表取締役社長に就任し、2016年より会長職を務めている。

現在の幅広い事業展開は、まさしく平川自身が挑戦・成長してきた証。「医療」×「IT・インターネット」を主軸に、さまざまな領域へ広がっている。

例えば、「メディアプラットフォーム事業」。国内初のインプラント治療に特化したポータルサイト『インプラントネット』は、治療を必要とする個人に適切な情報を提供し、一人ひとりのニーズにあった歯科医師(医院)が探せるサイトとして成長を続けている。このような領域特化型のプラットフォームによって、個人と専門技術者の橋渡しをするビジネスモデルは、歯科医療対象だけにとどまらない。美容や育児、ライフスタイルといった分野でも、生活者の細かなニーズに沿ってサービスを立ち上げており、最近では子育て支援サイトやアプリをリリースして順調な伸びを見せている。

また、IT・インターネット以外の手法も駆使して顧客を支援する「医療機関経営支援事業」もメディカルネットの広がりのひとつ。歯科医院のお客様に向き合い続けてきた実績があるからこそ、経営課題にまで入り込めるような立ち位置にもなれるのだという。

「私たちは、もともとはポータルサイトや医院のホームページ制作などを通して集患(≒集客)のお手伝いをしてきました。ただ、何のために集患が必要かといえば、医院の経営を向上させ、ひいてはより多くの患者さんを幸せにすることに他なりません。その意味で言えば、ITはあくまでも手段のひとつ。経営課題を解決するための戦略を広い視野で検討し、人材・キャリアサポートや医療機器・機材の導入、開業・事業譲渡サポートなど、経営に関連したあらゆるテーマを支援しています」

今もっとも伸ばしていきたいのは、歯科治療に関連する企業を支援するサービス。メディカルネット自身が歯科にまつわるさまざまな企業をつなぐプラットフォームになることで、歯科治療のバリューチェーンを新たに創造していくことを目指している。

力強い既存サービスを持ちつつも、それだけに留まることなく新たな挑戦を続けているのが同社らしさ。挑戦する社員が称賛される風土は、代表の平川自身が変化とチャレンジを繰り返す人生を歩んできていることも影響しているそうだ。

株式会社メディカルネット 代表取締役会長CEO 平川大 Dai Hirakawa