リスン通信

採用コンサルティングとは|採用コンサルに強い会社リスト

更新日:2019年06月28日

 
人材の募集をかけて面接をしても、なかなかいい人が集まらない。
 
採用の費用対効果を上げてコストを削減したい――そんな悩みを抱えて、このままではまずい!と考えている採用担当の方もいるのではないでしょうか?
 
そもそも、採用を始めたいけれども何から進めたらいいのかわからない、という方もいるかもしれません。
 
社内のスタッフやこれまでのノウハウの範囲では採用活動が好転しないとき、これまでとは違う層の人材を採用したいときなど、選択肢のひとつに入れたいサービスが、採用コンサルティングです。
 
でも、採用コンサルってどんなことをしてくれるの?費用は高いの?など、疑問や不安があると、なかなか検討に踏み切れませんよね。
 
また、採用コンサルは、高額なものから低額なスポットのものまで幅広くありますが、選び方を間違えると会社に大損害を与えかねません。
 
コンサル報酬も失い、望ましい成果も得られなければ、決裁者はその責任を負わなければなりません。
 
そこで今回は、そんな方に役立つ採用コンサルティングの基本情報と正しい選び方をお伝えします。
 
ぜひご参考ください。

採用コンサルティングとは?

 

 
採用コンサルティングとは、採用に関するノウハウやトレンド情報を活かして、企業の採用活動を支援するサービスです。
 
インターネットやSNSの普及が進み、学生の就職活動の方法も年々多様化。
 
経団連の「採用選考に関する指針」によって、学生に対する広報や選考期間が繰り下げられるなど、社会環境も変化しています。
 
そんな中、採用活動を成功させるには、トレンドを熟知した専門家のアドバイスがより必要とされています。
 
採用コンサルティング会社は、それぞれの企業の業務内容や経営方針などをふまえた最適な採用戦略を提案し、企業で活躍できる人材の採用・入社までをサポートします。
 
採用に関する情報提供や、戦略・施策の提案だけでなく、募集や選考、採用、入社、内定者研修など、採用に関わる具体的な業務の代行を行うこともあります。
 

採用コンサルティングのサービス内容とは

 
では、採用コンサルティング会社は、具体的にどんなことができるのでしょうか?
 
主なサービス内容をお伝えします。
 

1.採用の戦略立案

 
採用活動全体の戦略立案をサポートします。
 
経営方針における採用活動の目的を明確にし、どんな人材を採用したいのかというターゲット像を設定。
 
過去の実績から、企業の採用の課題を抽出するほか、学生の志向や採用トレンド情報を提供することで、戦略を提案します。
 
戦略立案においては、主に以下の要素を検討します。
 
・社会環境や学生の動向
・競合他社の採用状況
・過去の自社採用実績と成果
・採用コストのシミュレーション
・採用体制の整備
 

2.採用計画の策定

 
採用戦略をベースに、採用計画を策定します。
 
具体的にどのように、どんなツールを使って採用を進めていくべきか、提案します。
 
・採用する職種や人数の決定
・選考基準の設定
・採用メディア、採用ツールの選定
・採用プロセス
 
同時に、ターゲットとなる学生の就職活動の時期や行動スケジュールをふまえながら、採用の年間スケジュールを決定します。
 

3.採用施策を計画、実施

 
採用活動の具体的な施策を決定して実施します。
 
主な施策は以下のとおりです。
 
・会社説明会の実施
・採用イベントへの参加
・リクルーターの選定
・インターン制度の導入

各採用プロセスにおける実務を、採用コンサルタントが代行するケースもあります。

4.採用プロジェクトの推進

 
採用プロジェクトの推進も、採用コンサルティングによるサポートのひとつ。
 
経営層や人事部の採用担当、また他の社員からチームメンバーを集めてプロジェクトの体制を構築して、運営を支援します。
 

5.採用担当者の研修・教育

 
面接官やリクルーターなど、応募者と接する担当者のスキルも採用活動成功のポイント。
 
採用コンサルタントが、採用に関わるスタッフの研修やトレーニングを実施します。
 

6.内定者フォロー

 
採用した人材が会社で活躍できるようにサポートするのも、採用コンサルティングのサービスのひとつ。
 
面談や研修、保護者説明会などにより内定者をフォローすることで内定辞退を防ぐほか、スムーズな入社と入社後の定着を目指します。
 

採用コンサルティング会社の選び方

 
採用コンサルティング会社の選び方は、「価格」だけでなく、次の3つのポイントを押さえておくことをオススメします。
 
1.改善が得意な領域はどこか?
2.事例が豊富にあるか?
3.事例に再現性はあるか?
 
それぞれ詳しく解説します。
 

1.改善が得意な領域はどこか?

 
どんな採用コンサルティング会社にも、採用における各プロセスにおいて、得意な領域や不得意な領域は存在します。
 
たとえば、応募数を集めるのは得意なのですが、内定社フォローの改善は不得意なケースなどです。
 
よって、自社が課題にしている領域を、相談する採用コンサルティング会社が得意としているかは、事前に確認しておくことが必要です。
 

2.事例が豊富にあるか?

 
事例の少ない採用コンサルティング会社に発注するのは、ある種の『バクチ』と言っても、過言ではありません。
 
また、改善した数字だけしか公表せず、具体的な制作事例やコンテンツ事例など、目に見える成果物を公表しない会社には気をつけておくことが賢明です(数字なら何とでも書けるので…)。
 

3.事例に再現性はあるか?

 
これが最も大事なポイントです。
 
「自社でも再現できそうか?」は入念にシミュレーションしておきましょう。
 
たとえば、成功事例として挙げた会社が、人気企業や有名企業など、あまり採用に苦戦していないようなケースの場合だったら要注意。他社で成功した事例とまったく同じことをやっても、通用しないこともしばしばあるからです。
 
また、採用が簡単な『買い手市場』と呼ばれる時期の事例と、採用が難しい『売り手市場』の時期の事例では、まったく別の評価をした方がよいです。
 
よって、最低限、
 
・自社に似た企業の成功事例はあるか?そして、自社でも再現できそうか?
・その成功事例の時期の採用市場はどうだったか?
 
の2つは確認しておくべきでしょう。
 

採用コンサルティング会社リスト

 

リスナーズ株式会社

 

 
■得意分野
・採用広報BPO
・学生モニターによる現状調査/分析
・会社説明会コンサルティング
・採用イベント企画
・採用ツール企画・制作
 

■会社概要
リスナーズ株式会社
代表取締役CEO 垣畑 光哉
 
東京都新宿区新宿1-2-5 第2飯塚ビル3F
https://listeners.co.jp/

 

株式会社ネオキャリア

 

  
■得意分野
・新卒採用コンサルティング
・中途採用コンサルティング
・インターンシップ支援
・合同説明会・イベント
・新卒紹介・送客サービス
・ターゲティング広告
・採用ツール制作
・採用管理システム
・適性テスト
・フォロー/育成/研修
 

■会社概要
株式会社ネオキャリア
代表取締役 西澤 亮一
 
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
https://www.neo-career.co.jp/

 

アチーブメントHRソリューションズ株式会社

 

 
■得意分野
・人材教育研修事業
・採用担当者向けの研修
・採用イベント企画
・採用ツール企画・制作
・人材紹介
 

■会社概要
アチーブメントHRソリューションズ株式会社
代表取締役社長 青木仁志
 
東京都港区三田2-10-6 三田レオマビル3F
https://achievement-hrs.co.jp/

 

株式会社トライアンフ

 

 
■得意分野
・採用戦略/全体企画
・ハイパフォーマー/活躍タイプ分析
・採用基準設計
・インターンシップ設計
・母集団形成戦略設計
・採用ツール制作
・選考/評価プロセス設計
・内定者フォロー
 

■会社概要
株式会社トライアンフ
代表取締役 樋口 弘和
 
東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル 1F
https://www.triumph98.com/

 

まとめ

 
採用活動をしたい企業の業務内容や方針をふまえた上で、それぞれに適した採用プランを提案、実施する採用コンサルティング。
 
応募者が集まらない、求める人材が採用できないなどの課題を抱える企業だけでなく、チャレンジングに採用活動を行って次のステップへ進みたいというケースも、一度、採用コンサルティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
 
<文:フリーランス/川辺 編集:リスナーズ/吉田