コンサルティング業界で培った知見を活かし、「つなぐ」立場として新しい時代の変革を支援

アクセンチュア株式会社

程 近智Chikatomo Hodo

相談役

アクセンチュアのDNAを日本中に広め、
新たなイノベーションの創出に貢献

チャレンジに手加減しない。
「自己実現のプラットフォーム」で
モチベーション向上へ

異分野とのつながりが重要な時代に、イノベーションを生み出す

世界最大規模の総合コンサルティングファームとして知られるアクセンチュア株式会社。同社では、「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の領域で幅広いサービスを提供している。その事業の根幹は、問題を的確に識別し、その問題に対して最適なソリューションを考えた上で、クライアントとともにアクションに移して成果を出していくという一連のプロセスだ。

同社の日本法人代表取締役社長を約10年間務め、現在は相談役に就いている程 近智は、「経済界はもちろん、公共団体や教育の世界をはじめさまざまなコミュニティなどにアクセンチュアのプレゼンスを広めていくことが今のやりがい」と語る。
現在のアクセンチュアは、1982年に程が入社したときよりも、クライアントにとってミッションクリティカルな領域での仕事が増えた。そこで付加価値を出すためには従来のコンサルティングやソリューション作り以外にもいろいろな工夫が必要となった。例えば、業界横断的にチームを形成したり、大学と提携したりするなどして、エコシステム(業界や製品が連携して大きな収益構造や社会課題解決に向けたネットワークを構成すること)の形成に取り組むことも多い。

「その背景としては、自動車業界や金融業界などをはじめ、ほかの業界や業種とつながることで企業価値や商品価値が高まるケースがたくさんあることが挙げられます。コンサルタントとしての専門性以外にビジネスセンスやネットワーク力などを求められます。その期待にこたえられる人材をしっかりと供給できているかどうかは、常に考えていますね」

程は相談役のほかにも、財界活動をメインとしながら、アカデミア(学術的分野)での人材育成、企業の内部に深く入り込んだコンサルティング、社会貢献活動の支援など、「社外業務」にも積極的に取り組んでいる。また、社会貢献活動の一環として「エンジェル投資家」として活動する側面も持つ。

「メインの財界活動では、アクセンチュアでの知見・経験が存分に活かされています。今や一企業の力だけでは、新しいイノベーションを起こすことができません。企業は、業界内外の他企業やスタートアップ、行政機関など、さまざまな組織と連携する必要があるでしょう。また、社内にコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)をつくる動きも活発になってきています。そのような活動をコンサルティングするだけでなく、最適な人脈をマッチングさせることも、私の仕事のひとつです」

エコシステムがますます必要とされる時代の中で、程は新しいイノベーションを起こすための「潤滑油」としての役割を担う。そのような役割を任されているのも、アクセンチュアでコンサルタントとして挑戦し続けた、豊富なケースの蓄積の結果だ。

Profile

1960年生まれ、神奈川県出身。スタンフォード大学工学部卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。91年、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。復職後は戦略グループ統括パートナー、通信・ハイテク本部統括本部長などを経て、2006年に代表取締役社長に就任。2015年に取締役会長を経験したのち、2017年に取締役 相談役に就任した。早稲田大学客員教授、東京大学経営協議会委員、経済同友会副代表幹事、複数社の社外取締役なども務める。

Contact

アクセンチュア株式会社

東京都港区赤坂1-8-1赤坂インターシティAIR
https://www.accenture.com/jp-ja/