ファンと一緒にブランドを育てるSNSマーケティング実践法

SNSが一般化した昨今、すべての個人が「主人公」である時代。 同時に、企業と個人の距離も大きく変化。しかし、企業側は、意外とそのことに気付いていない。 「WebやSNSに広告を出したり、ツイッターに投稿したりして拡散を期待しているが、いっこうに効果が出ない」 ――私たちのもとには、マーケティングや広報担当の皆さんから、そんなお悩みの声が。 成果が挙がらないことには、大きな理由がある。 例えば、アパレルショップに入ったとき、ゆっくり服を見たいのに、店員さんに 「試着をしてみますか」 「こちらも人気ですよ」 「こちらは入荷したばかりですよ」 などと執拗に声をかけられたら、不快に感じる方も多いはず。 同じように、SNSにおいても、まだそれほど興味を持っていない状態で、企業やブランドから広告がどんどん流れてきても、人はスルーしてしまうものです。 なぜならそれは、自分が望んでいない情報だからです。情報提供も行き過ぎると、うっとうしがられて、逆効果になってしまうこともあります。 そこでBOKURAでは、すでにどこかに存在しているはずの「ファン」を探し出し、その人たちに「ありがとう」「大好き」を伝えることでさらに強力な「コアファン」になってもらい、その人たちから商品やブランドの魅力を発信・拡散してもらう……という提案をしています。 そうしたスタイルで、企業と二人三脚でSNSを運用し、ブランドや商品の認知度の向上、実店舗への集客、そして売上増につなげることを目指しています。 そのためのノウハウをきちんとお伝えしていきますので、多くの方に学んでいただきたいと思っています。

SNSを活用して
「ファン」を育てる。
ファンと一緒に
ブランドを育てる

株式会社BOKURA  代表取締役社長  宍戸 崇裕

宍戸 崇裕 Takahiro Shishido

株式会社BOKURA
代表取締役社長

関連書籍

書籍
「ファンと一緒にブランドを育てるSNSマーケティング実践法」

ご購入はこちら