LISTEN

TOP > ストーリーその他 > 「腸」から 心と身体を整え 人生を変える
ストーリーその他

「腸」から 心と身体を整え 人生を変える

「腸セラピー(チネイザン)」で
自然治癒力を高め、心身の不調をケア

12年間の騎手活動を経て
導かれたセラピストとしての道

腸セラピー・チネイザン Chaka
菊地 康朗 / Yasuaki Kikuchi

「腸」から心身の凝りをほぐし、自分らしさを取り戻す

疲れを感じたとき、リラクゼーションやボディケアサロンに駆け込む人も多いだろう。マッサージやアロマトリートメント、鍼灸など多様な種類がある中、近年、注目を集めているのが『腸セラピー(チネイザン)』だ。

チネイザンは漢字で「氣内臓」と書き、自然治癒力を高める根本療法として古代中国で発展、後に米国で現代医療と融合したホリスティック(包括的)療法として確立された。

「『腸セラピー』というと、お通じやお腹周りの不調を改善するイメージがありますが、実は、肩こりや腰痛、不眠やむくみ、肌荒れ、冷え症の緩和などをケアする効果も期待できます。心に作用し、ストレスから解放されたという方もいらっしゃいます。腸は、美容と健康維持において、とても大切な臓器なのです」

こう語るのは、『腸セラピーサロンChaka』のオーナー兼腸セラピストの菊地康朗。菊地が開いている新橋と横浜のサロンには、30~40代の女性客が多く訪れる。

利用者からは、便秘改善の他、「ウエストが5cm引き締まった」「肩こりや腰痛がやわらいだ」「姿勢がよくなり、目線が高くなった」「ぐっすり眠れた」などの声が寄せられる。電話オペレーター職の女性からは「施術後に耳の聞こえがよくなった」とよろこばれた。

腸は全身のあらゆる臓器とつながっているため、ほぐすことで血行が促進され、その人が不調を抱えている部位に穏やかに作用していく。その効果はまだまだ未知数で、菊地自身もお客様の声から新しい発見をすることがあり、その奥深さを感じているという。

菊地の腸セラピーは、丁寧なカウンセリングから始まる。まず、不調を感じている部分や抱えているストレスについてじっくり話を聞く。その後、ベッドに横たわり、お腹だけを出した状態で施術。マッサージや“腸もみ”とは異なり、母親が赤ちゃんを撫でるようなソフトタッチでやさしくほぐしていく。徐々に血流が良くなり、全身にふわっとした温かさを感じるため、施術中にぐっすり眠ってしまう人も多い。

腸は心身のバランスを整える「自律神経」とも密接な関係にある。自律神経は、活動や運動時に活発になる交感神経と、休息を司る副交感神経から成り立ち、互いに均衡を取ることで心身を健康に保つ。しかし、人間関係などのストレスに晒され、仕事や家事・育児に追われる現代人は、交感神経優位の状態が続き、自律神経のバランスが乱れやすい。すると、慢性的な疲労や不眠、肌荒れやイライラなどの不調が引き起こされる。そんな自律神経の乱れを整え、感情を落ち着かせるのにも、腸セラピーは効果が期待できる。

また、腸は、“幸せホルモン”と呼ばれ、精神を安定させる「セロトニン」を分泌する器官。腸を整えることで、セロトニンの生成が促される。施術を受けたあと、「心も身体も浄化された」「自分の身体を再認識できた」「自分を見つめ直せた」「やる気が出た」といった心の変化を実感する人も多い。

「腸セラピーは、身体の不調のケアに加え、本当の“自分らしさ”を取り戻すお手伝いができると思います。『心が軽くなり、人生が変わった』という方も。お客様の中には、話をするためだけに来店し、施術代を支払っていく方もいらっしゃいます。『菊地さんだから悩みを話せる』と言っていただけるとうれしいですね。施術だけではなく、どんなことでも話してもらえるセラピストでありたいし、少しでもお客様のお役に立ちたいですから」



 

騎手としてレースに挑み、葛藤と戦い続けた12年間

秋田県に生まれた菊地は、豊かな自然に囲まれて育った。夏は目の前に広がる田んぼ畑に糸を垂らして、アメンボやザリガニ釣りを楽しみ、冬はかまくらをつくるなど雪遊びをして過ごした。外で元気に駆け回る一方、2歳上の姉と一緒におままごとをして遊ぶことも多く、同級生の女子とも仲が良かった。幼少期から男女分け隔てなく過ごしてきたことで、誰にでも思いやりを持って接する姿勢が身に付いたようだ。

小学校5年生のとき、菊地は競走馬好きの同級生と出会った。TVや雑誌で、颯爽と駆け抜けるサラブレッドの姿を一緒に眺めては「かっこいいなぁ」と胸を弾ませていた。ダービーゲームの流行もあり、どんどん競走馬の魅力に惹き込まれ、憧れを抱いた。

友人は騎手を目指していたが、中学生になると体格が大きくなり過ぎて、あきらめざるをえなくなった。肩を落とす友人を前に、菊地は「お前が無理なら、僕が騎手になる!」と宣言。中学卒業後は競馬学校に進むと決意した。両親は猛反対したが、自分で騎手学校を調べて願書を取り寄せ、説得。日本中央競馬会(JRA)競馬学校の受験にこぎ着けた。

結果は不合格。しかし、仕方なく進学した高校でも、頭の中は「騎手になる」ことでいっぱいだった。将来、騎手として活動するために、減量法を身に付けながら身体を鍛えようとボクシングも始めた。

高1の秋、再受験するも不合格。それでもあきらめられず、高2の秋、狭き門であるJRAではなく、地方競馬全国協会の競馬学校を受験。ついに合格をつかむ。当初は消極的だった両親も騎手になる夢を後押ししてくれた。

2年の訓練を経て、2003年、菊地は岩手・盛岡競馬場で騎手デビュー。2008年には地方競馬通算100勝を達成し、好不調の波に揉まれながらも活躍を続けた。

競走馬1頭には何百という人が関わっており、皆の想いを背負って走ることを誇りに思っていた。しかし、騎手である自分の判断や行動で、馬の一生が決まってしまう。それが何よりも辛かった。骨折や怪我などでレースに出られなくなったり、レース中の事故などで安楽死したりしていく馬を見送るたびに胸が痛み、自分を追い詰めた。

そして「勝負」の世界にもまた、息苦しさを覚えていた。レースにはいつも真っ向勝負で挑んでいた菊地は、対戦相手を出し抜くことはせず、危険が及ばないようにレース運びをしていた。周囲からは「ずる賢さがない」「勝負師の顔をしていない」と指摘される。次第に葛藤を抱え、苦しむようになった。

「勝つのはうれしいけれど、負けた相手の悔しがる顔を見ると、素直によろこべない。勝てば勝つほどプレッシャーもかかりますし、妬みを受けることもある。僕が勝つことで他の人が悲しむこともある。『戦わない方が楽なんじゃないか』。そんな気持ちが湧いてきました。でも、辞めたらいつも応援してくれている家族やファンの方を裏切ることになると思い込んでいたんです。辞めたいけど辞められない。その狭間で揺れ動き、答えが出せず、もがいていました」




 

人を「打ち負かす」より「癒す」ことこそが自分の道

悶々と過ごしていたある日、菊地は妻からの勧めで「チネイザン」と出会った。当初は懐疑的だったが、リラクゼーションのつもりでサロンに足を運んだ。お腹の中心から身体全体がほぐされていく感覚が気持ちよく、施術後はレース前の減量がスムーズに進み、体重が安定した。「チネイザンの効果かもしれない」。そう感じ、半年後に2回目の施術を受けると、今度は心に大きな変化があった。

「心がスーッと軽くなって、自分を否定するのを止め、許せるようになった。『自分に正直でいい』と思えたんです。辞めたければ辞めてもいい。それまでは誰かのため、と他人の気持ちを優先してきましたが『これからは自分のために生きよう』、そう思ったのです」

2015年6月、菊地は12年半の騎手生活に幕を下ろした。そして、引退と同時に、今後はチネイザンのセラピストとして生きていくと決めた。

引退を決断する少し前、菊地は不思議な体験をした。2回目のチネイザンを受けたあと、いつも通り調教で騎乗していると、突然「タオ」という言葉が頭に浮かんだという。それはまるで天から降ってきたかのような感覚で、その言葉が頭から離れなくなった。

調べてみると「タオ」とは「道教」、あるいは道教の根本概念である「道」を指す言葉だと知った。それは人や物が通るべきところ。宇宙や自然の普遍的な法則、真実の根元などを意味し、チネイザンとも深い関わりのある言葉だった。

運命を感じた菊地は、引退後すぐにチネイザンのスクールに通い、公認プラクティショナーの認定を取得。1回で受かる人は少ない中、ストレートで合格した。「やはり、これは天命だ」と強く感じた。

「自分のように自らを追い込んで、苦しみ、悩んでいる人を少しでも助けたい」――そんな使命感を抱き、『腸セラピーサロンChaka』をオープンした。

「これまで競馬界という狭い世界で活動していたので、今後はさまざまな人と会ってみたいですね。僕自身に興味を持っていただけるだけでもうれしい。腸は『第2の脳』と言われるほど、思ったことが正直に現れる臓器。頭は、考えたり計算したりするけど、お腹は嘘をつけないし、ごまかせない。腸セラピーを通じて僕の人生が変わったように、お客様にも自分の本当の気持ちに気付いて、軽やかに生きてほしい。そのお手伝いをするため、チネイザンの認知度を高めて、1人でも多くの人を笑顔にしていきたいですね」




 

リスナーの目線

まっすぐに相手の目を見ながら、語りかけるように話してくださった菊地さん。優しく微笑む姿を見ているだけでも、癒しのオーラに包まれたよう。「争い事には向いていない」と語る菊地さんが過酷な騎手生活を乗り越えられたのは、家族やファン、馬、競技を支えるスタッフなど、周りのすべてを思いやる心があったからこそ。優しさという強さを持つ菊地さんなら、悩める多くの人たちに、きっと新しい気付きをもたらしてくれるでしょう。

インタビュー・編集/青木典子、高橋奈巳
撮影/森モーリー鷹博(インタビューカット)、横川典視(競技写真)

Profile

1984年、秋田県生まれ。2003年9月29日付で地方競馬騎手免許を取得。地方競馬教養センター騎手課程第78期生。2008年地方通算100勝達成。2014年、2013岩手県調騎会表彰フェアプレー賞受賞、同年地方通算300勝を達成。2015年6月引退。2017年日本チネイザン協会公認プラクティショナーの認定を受け、腸セラピストとして活動を開始。現在は新橋と横浜で施術を行う。(完全予約制)

  • 働きたい応募
  • もっと会社を知る資料ダウンロード
  • その他
    お問い合わせ

関連キーワード

「いいね!」
最新情報をお届け

関連ストーリー

タグ

人 (407) 最新ストーリー (36) 社員_アセットガーディアン (20) 社員_ダーウィンホールディングス (7) 価値観1 (6) 社員_シーアールエス (6) 社員_ワークスイッチコンサルティング (6) 社員_メディカルネット (5) 社員_メディケアー (5) 社員_プリマベーラ (5) 社員_D&I (5) 社員_識学 (5) 社員_プルデンシャル生命保険 (5) 社員_ブルーコンシャス (5) 社員_ハコブホールディングス (5) 01 レビュー (4) 代表_ダーウィンホールディングス (4) 社員_スターティアグループ (4) 社員_ネットビジョンシステムズ (4) 社員_ジブラルタ生命保険 (4) 社員_SB C&S株式会社 (4) 01 社員ストーリー (3) 特集一覧 ピックアップ (3) 社員_フラー (3) 代表_メディカルネット (3) 代表_株式会社サーキュレーション (3) 代表_オフィスナビ (3) 代表_ブラス (3) 代表_インジェスター (3) 社員_Surpass (3) 代表_Surpass (3) 社員_ゆうしん (3) 代表_w2ソリューション (3) 社員_いろはにぽぺと (3) 社員_コールフォース (3) 社員_コムセンス (3) 社員_シーエスコミュニケーション (3) 社員_ココザス (3) 社員_マケレボ (3) 代表_スターティアグループ (2) 代表_INSIGHT LAB (2) 代表_フラー (2) 代表_SHGホールディングス (2) 社員_デパート (2) 代表_プリマベーラ (2) 代表_エボラブルアジア (2) 代表_メディケアー (2) 代表_フリープラス (2) 代表_Fusic (2) 代表_武蔵 (2)

カテゴリ

ピックアップストーリー